沖縄の魚はまずい?美味しく食べるために知っておくべき事

沖縄グルメといえば、沖縄そば、ラフテー、島豆腐など、美味しいものがたくさんありますが、あなたは「沖縄の魚はまずい」なんて、聞いたことがありますか?

実は、沖縄は海に囲まれた島なのに、全国で一番魚を買わない県なんです。

「まずいからでしょ」と思うかもしれませんが、そうじゃないんですよ。

沖縄の魚だって美味しいのです。ただ、本土の魚と種類が違ったり、調理方法が違うんです。

今回は、沖縄の魚が美味しくないといわれる理由や、美味しい食べ方についてご紹介します。

見た目がカラフル

いらぶちゃー

あなたは魚というと、どんな種類をイメージしますか。マグロ、カツオ、サバ、いわしなどが多いかと思いますが、沖縄の魚は赤や黄色、青色など、カラフルな見た目をしています。

よく、見た目で判断してはいけないといいますけど、やっぱりカラフルな魚は、食欲そそられませんよね。

カラフルな青い魚はナンヨウブダイ、沖縄では「いらぶちゃー」といいますが、刺身や酢味噌あえにすると美味しい魚です。

この皮を剥いで、白身の状態で食べると、(見た目が)気持ち悪いと言っていた友人も、美味しいと食べてくれました。やっぱり見た目って重要ですね。

脂がのっていない

魚が美味しいといわれる地域は、北海道や北陸が有名ですが、それは海水の温度が低いため、体に脂肪を蓄えているからなんです。

沖縄付近の海は温暖なため、脂肪を蓄える必要がないから、脂がのっていないのです。さらに、温暖な海で育った魚には筋肉も少なく、身が締まっていません。

美味しく食べる方法

グルクン県魚

「やっぱり美味しくなさそう」と思うかもしれませんが、刺身しょう油に沖縄のシークワサーを絞って食べると、身が引き締まって美味しくなります。

他にも、泡盛に島唐辛子を漬け込んだ「コーレーグース」をしょう油に数滴入れたり、お酢を加えて食べたりもします。

また、淡泊な魚は、焼いてもあまり美味しくはありません。

沖縄でよく食べられるのが「マース煮」です。マースとは塩のことで、泡盛と塩で煮た、さっぱりとした煮魚で、いくらでも食べられます。

他にも、バターやニンニクで味付けした沖縄の魚は絶品です。

そして、沖縄の県魚「グルクン」は唐揚げにすると、骨まで丸ごと食べられます。

下あごにある2本のヒゲが特徴の「オジサン」も脂はのっていませんが、刺身で食べると美味しい高級魚です。

魚料理というと、焼き魚や、みそや醤油で甘辛く煮た煮魚を食べるかと思いますが、沖縄の魚は、沖縄の食材や調味料を使って、魚に合わせた調理方法で食べれば美味しいんです。

美味しい食べ物が集まるところ

これは、日本全国共通の話だと思いますが、いい魚はみんな東京へ行ってしまうのです。そのほうが高く売れるんです。高く売れるなら、私だって東京へ持っていきますよ。

以前、青森県の大間に行った時も、地元の人は、ほとんどマグロを食べないって言っていたのを思い出しました。

最近は、大間でも観光客向けに大間で取れたマグロが食べられるお店もありますが、昔はまったくありませんでした。

東京に行けば、全国各地の美味しい料理が食べられますが、その土地で取れた食材を現地の雰囲気と共に味わうと、より美味しく感じられるものです。

沖縄のマグロ

まぐろ刺身

沖縄県では、本マグロ・キハダマグロ・メバチマグロ・ビンチョウマグロの4種類のマグロすべてが、鮮度を保ったまま、生で水揚げされています。

ほとんどのマグロは冷凍して流通しますが、近場で水揚げされる沖縄のマグロは、生のまま流通するので、甘みがあって美味しいのです。

4種類のマグロがすべて生で流通しているのは、沖縄県だけです。

沖縄にはマグロ専門店もありますので、沖縄を訪れた際には、美味しい魚を「ウサガミソーレ(召し上がれ)」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました