ルートビアはA&Wの店内で飲むのが1番美味しい!

ルートビアは、アメリカで国民的な飲み物として親しまれています。
本土では見かけることは少ないですが、アメリカ文化の根強い沖縄では、飲食店やスーパー、自動販売機などでも購入することができます。

よく、ルートビアは湿布味のコーラと言われますが、なぜ湿布味のコーラが人気なんでしょうか。

今回は、ルートビアの歴史やクセの強い味の秘密、購入できる店などをご紹介します。

ルートビアとは

ルートビアの原料サルサパラリ

ルートビアは、アメリカ発祥の清涼飲料水です。Beerと言う名前がついていますが、アルコールは入っていません。ルートビアは、お子さまからお年寄りまで一緒に楽しめる飲み物です。

root(ルート)=根、beer(ビア)=ビールという意味で、熱帯に生育しているサルサパリラという、つる植物の根や根茎が主原料です。

その他、コリアンダーなどのスパイス類、ホップなどのハーブ類、シナモンやカバノキの樹皮、リコリスなどの木の根、ハチミツなども含まれています。

独特な味のルートビアですが、発祥の地アメリカでは、ルートビア味のお菓子も人気です。
ちなみに、スヌーピーの大好物はルートビアだそうです。

ルートビアは湿布味?

ルートビアは、コーラのような色合いをしていますが、味に特徴があり、湿布味のコーラと表現されることもあります。

まあ、湿布なんて誰も飲んだことないし、美味しそうと思う人はいないですよね。

でも、1口飲んでみると、湿布味と言われる理由がわかると思います。実は、湿布と同じ原料のトウリョクジュとカバノキ(サリチル酸メチル)が使われています。

良く言えば、爽快感があってスッキリした味わい。湿布味の後には、バニラの甘さが感じられます。

クセの強い飲み物なので、好みがはっきり分かれますが、飲んでいるうちに、やみつきなる人も多いんですよ。

薬草が入っているので、体に良さそうなイメージがあるかと思いますが、ルートビアは14種類以上の天然の薬草が含まれた、保存料無添加、カフェインレスの健康ドリンクです。

サルサパリラ:咳をしずめ、整腸や不眠解消に効果的
リコリス:薬草同志の調和に使われ、消化を助けたり、咳の緩和に効果的

ルートビアはノンアルコールビール

17世紀~18世紀に、北米大陸が植民地となり、イギリスから開拓団がやってきた頃に、ビールの代替飲料として、アメリカの薬草を原料にして、ルートビアの基礎を作っていったそうです。

その後ルートビアは、植民地時代のアメリカで、カバの木やサルサパリラ、ジンジャーなどを使ったビールとして製造されるようになりました。

しかし、1919年に禁酒法が交付され、アルコールを含まないビールとして「ルートビア」が売り出されました。世界で最初の、ノンアルコールビールかもしれませんね。

また、17世紀には、シェークスピアが、植民地時代のアメリカから送られたレシピに基づいて、ハーブやベリー、樹皮などで作られた、アルコールを含む「small beers」と言う名前の飲み物を作って飲んだという記録があるそうです。

Hires(ハイヤーズ)のルートビア

最初にルートビアが販売されたのは、1876年にフィラデルフィアで行われた博覧会で、薬剤師のハイヤーズです。ハイヤーズのルートビアは大人気となり、ルートビアと言えば「Hires」と評判になりました。

現在でも、Hiresブランドとしてルートビアは製造されていて、世界中の人々に愛されています。

A&W(エイアンドダブリュ)のルートビア

A&Wのルートビアは、A&Wの創立者アレン(ROY ALLEN)によって製造されました。
ある日、病気の友人のお見舞いに、気分がスッキリするようにと、何種類かの薬草、薬品の樹皮根などのエッセンスを調合した飲み物を作りました。

アレンの調合した飲み物は大変好評で、さらに甘くて飲みやすいものを作りました。

すると、薬品としてよりも、飲み物として街の評判になり、「ルートビア」という名前で、ジューススタンドで売られるようになりました。

A&W(エイアンドダブリュ)

A&W名護店

「A&W」(エイアンドダブリュ)はアメリカ発祥のファーストフード店で、現在、日本では沖縄のみで展開しています。 沖縄県民からは「エンダー」と呼ばれて親しまれています。

空港や国際通り、宮古島、石垣島など沖縄県内に27店舗あります。

一般的なドライブスルーとは違い、A&Wの敷地内に車を停車して、車に乗ったまま商品を注文して、車の中で商品を受け取るというドライブインスタイルが特徴です。

名護店はA&Wの中でも店内が1番広く、サーティワンも併設されているよ。
美ら海水族館や北部観光に出かけるときに立ち寄るのがおすすめ♪

沖縄でルートビアを飲める店

沖縄でルートビアを飲める店と言えば、A&Wが有名です。店内で注文すると、ジョッキに注がれるうえ、飲み放題です。

その他、ファーストフードチェーンのジェフ(JEF)、シェイキーズ、ピザ・タコス店、喫茶店などでも飲むことができます。

米軍基地内でも、数種類のルートビアが販売されているので、イベントなどで米軍基地に行く機会があれば、ぜひ飲み比べてみてください。

ちなみに、A&Wはアメリカンフード、ジェフ(JEF)は、ゴーヤーバーガーやソーキバーガーなど、沖縄らしい商品が豊富です。

ネットで買えるルートビア

ルートビアは、インターネットでも購入することができます。

A&Wと書かれていますが、店舗で飲むルートビアよりも甘いので、薬草風味が苦手な方には飲みやすいのかもしれません。(私はお店のルートビアは大好きですが、缶のルートビアは苦手です)

沖縄のほとんどのスーパーでは、A&Wの缶入りルートビアが売っているので、お土産にも最適です。

インターネットでルートビアを購入するならA&Wのルートビアよりも、LAZY AFTERNOONのルートビアのほうがおすすめです。

【ルートビア】まとめ

ルートビアは、アメリカで人気の清涼飲料水です。独特の薬草味が特徴で、14種類以上の天然の薬草が含まれた、保存料無添加、カフェインレスの健康ドリンクです。

地元の人でも好き嫌いが分かれますが、沖縄を訪れた際には、ぜひ1度は試してみて下さい。缶や瓶に入ったルートビアよりも、沖縄のお店で飲むルートビアが、1番美味しさを感じていただけると思います。

沖縄で飲むからなのか、ルートビアは南国で飲むイメージがあります。海外でも、タイやマレーシアなどでよく見かけます。ルートビアを飲むときは、キンキンに冷やしたグラスで飲むと、さらに美味しくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました