【お土産にもおすすめ】沖縄の定番調味料

沖縄の食堂やレストランなどでは、様々な卓上調味料を見かけます。でも、「何にかけるのか、わからない」「お土産でもらったけど、使い方がわかならい」という方もいらっしゃいます。

今回は、沖縄で日常的に使われている人気の調味料をご紹介します。沖縄の調味料をほんの少し加えるだけで、いつもの味が劇的に変化しますよ。

お土産としてもおすすめなので、ご自宅でも気軽に沖縄の味を楽しんでください。

コーレーグース

コーレーグース(コーレーグス)は、沖縄の島唐辛子を泡盛に漬け込んだ、ピリッとした辛さが人気の調味料です。どこのレストランや家庭にも、必ずと言っていいほど常備されています。

一味唐辛子やタバスコのように、料理にかけて使います。独特の味で、コーレーグースがないと、なんとなく物足りない気がしてしまいます。使い終わったら、泡盛を継ぎ足たして使えます(辛みは弱くなります)。

コーレーグースの使い方

コーレーグースは、どんな料理にもかけられる万能調味料ですが、中には「コーレーグースを買っても、使いきれない」「使い方がわからない」という方もいらっしゃいます。

そんな方に、コーレーグースのおすすめの使い方をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

沖縄料理

コーレーグースといえば、「沖縄そば」です。適量かけるだけで、スープの味が引き締まり、そばの味を引き立ててくれます。沖縄そば屋の卓上調味料に、必ずコーレーグースがあるのも納得です。

その他、ゴーヤーチャンプルーやラフテー、じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)など、沖縄料理との相性は抜群です。

その他

沖縄そばに欠かせないくらいなので、もちろんラーメンやうどんにも合いますし、お味噌汁に数滴かけるだけで、味噌の風味とコーレーグースの深みのある辛さが合わさり、また違った味わいが楽しめます。

そして、お刺身を食べるときに、醤油にコーレーグースを少量いれると、ピリッとした辛さが魚の旨味を引き立ててくれます。

他にも、パスタやピザ、餃子のたれに入れたり、カレーライスや唐揚げに数滴かけたり、ほんの少しコーレーグースをかけるだけで、一味違った料理を楽しむことができます。

意外なものとしては、ビールに数滴入れてもスパイシーで美味しいので、辛いものが好きな方は、1度試してみてください。

コーレーグースは、何にでも合う万能調味料です。冷蔵庫で眠らせていてはもったいない!ぜひ、日々の食卓に取り入れてみてください。

醤油に島唐辛子を漬け込んだ「コーレーグース」もおすすめだよ。

ピパーツ

沖縄料理店などでは、コーレーグースと同様に、卓上調味料として「ピパーツ(ヒバーチ、ピパーチ、ビヤージなど)」とラベルに書かれた小瓶が置いてあります。 

ピパーツは「ヒハツモドキ」という南アジア原産のコショウ科の植物で、島コショウと呼ばれる香辛料です。

シナモンと八角を混ぜたような、ほのかに甘い香りと、独特の爽やかな辛味が特徴です。ピパーツには新陳代謝を促す発汗作用や、健胃・整腸作用などもあり、沖縄では生薬としても用いられています。

ピパーツの使い方

沖縄そばはもちろん、野菜炒めやラーメン、カレーライス、麻婆豆腐とも相性が良く、胡椒や一味唐辛子の代わりとして、さまざまな料理に使えます。

サラダのドレッシングに加えてたり、わかめスープやコーンスープに一振りすると、新たな味わいを楽しめます。

意外にも、パイナップルやスイカなどのフルーツにも合うんですよ。

ほのかな甘い香りと独特の風味を活かせば、料理の幅もぐんと広がります。いろいろな料理に、ピパーツを試してみてください。

私のおすすめは、焼き魚です。ピパーツとシークワーサーの果汁を数滴かけると、ほんのり甘い香りと独特の風味と爽やかさで、いくらでも食べられるよ♪

A-1ソース

ステーキは、沖縄のソウルフードとも言われています。 米軍基地のある沖縄では、輸入牛が安く入手できたこともあり、ステーキが手軽に食べられていました。

沖縄のステーキハウスでは、必ずと言っていいほど「A1ソース」や「No.1ソース」が置いてあります。

一般的にステーキと言えば、脂がのったサーロインが人気ですが、沖縄では、さっぱりとした赤身のテンダーロイン(ヒレ肉)が定番です。

さっぱりとしたテンダーロインには、A1ソースが欠かせません。

A1ソースは、トマトなどの野菜やフルーツに加え、醸造酢を使用しているので、酸味の効いた濃厚なステーキソースです。ちょっとクセのある味ですが、それがやみつきになる理由かもしれません。

A1ソースの使い方

ステーキハウスで見かけることの多いA1ソースですが、家庭の食卓でも大人気です。

赤身のステーキによく合うソースなので、ハンバーグやローストビーフ、焼き肉などは相性抜群です。ポークソテーやグリルチキンにかけても美味しいのですが、脂たっぷりの霜降り肉には、おすすめしません。

他にも、餃子や焼売、フライ(とんかつや白身魚、イカフライ、エビフライなんでもOK)、カレーライスにかけても美味しい♪

A1ソースは、ケチャップとソースに酸味を強くしたような味なので、ソースに合う料理なら何でも合います。

そして、不思議なことに、スッキリとした酸味が、白米とも合うんです。炊き立てご飯にA1ソースをかけるだけで、ご飯がすすみます。

いろいろな料理にA1ソースをかけて、新しい味を発見してみましょう。

マルコメ酢

沖縄で「酢」といえば、マルコメ酢というぐらい、ポピュラーな酢です。 食堂や一般家庭では、ほぼ100%常備されています。

沖縄県で大人気ですが、製造メーカーは鹿児島県のマグマという会社で、マルコメ酢は合成酢です。

一般的な醸造酢は、細菌のチカラで、お米が酒になり、酒が酢になります。合成酢は、化学調味料や色素、香料などを加えて、酢に似せたものです。

日本では、戦後の米不足の時期に、米から酢を作ることが禁止され、全国的に合成酢が大量に流通しました。やがて、穀物酢の生産が解禁され、合成酢は使われなくなりました。

沖縄は、戦後も米軍統治下にあったため、穀物酢の流入量が限られていたのではないか、と考えられています。

マルコメ酢の使い方

合成酢なので、酸味が強く、 製品ラベルには「2倍希釈」との説明書きがあります(私はそのまま使います)。

沖縄では、お刺身を食べるときに、醤油にマルコメ酢とコーレーグスを入れます。ワサビ醤油とは違う、独特のさっぱりした味で、沖縄の魚によく合います。

また、濃縮なので、水分があまり出てほしくない料理に使うと便利です。

油みそ(アンダンスー)

油みそは、味噌と豚肉や魚介類などを炒めた沖縄の料理(調味料)です。「アンダ(油)」+「ミスー(味噌)」から、「アンダンスー」とも呼ばれています。

油みそは、そのままおかずとして食べることもできますし、調味料として料理に加えても美味しく食べられます。

高温多湿の沖縄では、保存食として油みそが作られていました。現在では市販品も多く、沖縄土産としても、さまざまな種類の油みそが販売されています。

油みそ(アンダンスー)の使い方

「油みそ」は、ご飯にのせたり、おにぎりの具として、そのまま食べることが多いです。

また、なすやゴーヤなどの野菜と一緒に炒めたり、きゅうりや大根などの生野菜に付けて食べるのもおすすめ。

大葉やネギ、ゴマなどの薬味との相性も良く、冷奴にのせたり、ダシで薄めてそうめんつゆにしたり、お酒のおつまみとして、そのまま食べても美味しいですよ。

油みそ(アンダンスー)の作り方

鍋やフライパンに豚バラ肉、味噌、みじん切りにしたニンニクとしょうが、すり胡麻、みりん、砂糖、泡盛などを入れて、焦げないよう煮詰めるだけです。

豚肉以外にも、ツナ缶や、かつお節などを混ぜた油みそも人気です。栄養価も高く、いつものメニューが、一味ちがうおいしさになりますよ。

メーカーによって味が違うから食べ比べてみてね。おすすめは赤マルソウの「豚肉みそ」と、あさひの「あぐーあんだんすー」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました