XM(XMTrading)の入金方法8つ【手数料無料など】おすすめはどれ?

海外のFX口座は「入金に時間がかかりそう」、「入金手数料が高そう」、「入金方法が難しそう」などと思っている方が多いようです。

私がいつも使っているXM(XMTrading)では、8つの入金方法から選択することができて、入金手数料もほぼ無料、即時口座に反映されるので、とても便利です。

そんなXMの入金方法や手数料、入金方法ごとのメリット・デメリット、目的別おすすめの入金方法などについて詳しく解説します。

それぞれの入金方法の特徴を理解して、あなたにとって最適な入金方法を選択してください。

  1. XM(XM Trading)の入金方法8つ
  2. XMの入金【銀行振込】のメリット・デメリット 
    1. XMから出金できない銀行
    2. XM入金の手順【銀行振込】
  3. XMの入金【オンライン決済】のメリット・デメリット
    1. XM入金の手順【オンライン決済】
  4. XMの入金【コンビニ支払い】のメリット・デメリット
    1. XM入金の手順【コンビニ支払い】
      1. ローソン・ミニストップ(Loppi)からのXM入金
      2. ファミリーマート(FamiPort)からのXM入金
  5. XMの入金【クレジットカード/デビットカード】のメリット・デメリット
    1. 出金に時間がかかる
    2. XM入金の手順【クレジットカード】
  6. XMの入金【ビットウォレット】のメリット・デメリット
    1. XM入金の手順【ビットウォレット】
  7. XMの入金【スティックペイ】のメリット・デメリット
    1. XM入金の手順【スティックペイ】
  8. XMの入金【ビーエックスワン】のメリット・デメリット
    1. XM入金の手順【ビーエックスワン】
  9. XM入金方法8つをまとめて比較
  10. XMの入出金の共通ルール
    1. 利益を出金できるのは銀行送金のみ
      1. 出金できない銀行がある
    2. 取引口座の登録名義と同一名義
    3. 入金方法
  11. XMのおすすめ入金方法【目的別】
    1. 入出金の手間を少なくしたい
    2. スピード重視で入金したい
    3. 個人情報の安全性を重視
    4. 手数料を無料にしたい
    5. USD(米ドル)口座・EUR(ユーロ)口座に入金したい
    6. おすすめの入金方法・まとめ

XM(XM Trading)の入金方法8つ

XM(XM Trading)の入金方法8つ

XMには、8つの入金方法があります。

  • Local Bank Transfer(国内銀行送金)
  • Online Bank Transfer(オンライン決済)
  • Local Transfer(コンビニ決済)
  • クレジットカード / デビットカード(VISA・JCB)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

日本国内のFX業者と比較すると、XMでは、多くの入金方法を選択することができます。

これは、海外FX業者の特徴である、多くの国籍のユーザーが利用していることと、他通貨決済(米ドル・ユーロなど)に対応するためです。

以前は、ビットコイン、JCBカード、STICPAYなども利用できましたが、現在、ビットコインは完全に停止しています。

JCBカードとSTICPAYは、入金の新規受付を終了しているため、過去にJCBカード、STICPAYの入金履歴がある場合のみ利用できます。利用できない場合には、入金方法一覧に表示されません。

それぞれの入金方法の特徴を理解して、最適な入金方法を選択してください。

XMの入金【銀行振込】のメリット・デメリット 

XMの入金【銀行振込】のメリット・デメリット

メリット

  • 銀行口座があれば、ネットバンキングやATMから簡単に入金できる
  • 1万円以上の入金は、入金手数料無料
  • 利益分をまとめて出金できる

デメリット

  • 入金後、30分~1時間のタイムラグが発生する。
  • 1万円未満の入金は手数料がかかる

XMの入金方法として、銀行振込(国内銀行送金:Local Bank Transfer)は、最もメジャーな入金方法で、国内のFX業者に入金するのと同じように、自分の銀行口座から、ネットバンキングや銀行振り込みで、簡単に入金することができます。

海外送金のように、高い手数料や日数、面倒な手間は一切かかりません。カード情報等の開示も、面倒なオンラインウォレットの登録も不要です。

銀行口座さえあれば、簡単に利用できるという手軽さから、多くのユーザーに利用されています。

15時までの送金であれば、入金から30分~1時間でXMの口座に資金が反映されます。

銀行営業時間外の場合は、翌営業日に持ち越されます。特に、金曜日の15時を過ぎると、月曜の朝までXMの口座に反映されないので、余裕をもって入金しましょう。

入金手数料は無料ですが、振込手数料は自己負担になりますので、ネット銀行など振込手数料無料の銀行口座を利用するのがおすすめです。

1回の入金金額は、1万円から1,000万円です(1日あたりの上限額はなし)。入金額が1万円未満の場合は、980円の入金手数料かかりますので、必ず1万円以上を入金するようにしましょう。

また、XMでは、クレジットカードやオンラインウォレットで入金した場合、入金額までは同じ方法で出金し、トレードで得た利益分の出金は銀行送金を利用することになっています。

国内銀行送金で入金していると、出金手続きもスムーズになります。ただし、入金はどこの銀行からも可能ですが、出金する際には、利用できない銀行があります。

XMから出金できない銀行

出金先の銀行口座には、海外送金の受取りが可能なSWIFTコードのある銀行を指定する必要があります。SWIFTコードを持たない銀行は、海外送金ができないので、出金先銀行として利用できません。

XMから出金できない銀行

  1. ゆうちょ銀行
  2. 新生銀行
  3. ジャパンネット銀行
  4. セブン銀行
  5. じぶん銀行
  6. みずほ銀行(インターネット支店のみ)

上記の銀行から入金した場合、出金は別の銀行口座を指定します。

XM入金の手順【銀行振込】

入金方法一覧の中から、「Local Bank Transfer」を選択します。

入金額、銀行情報を入力します。

振込名義人は、XMに登録しているアルファベットの名前と、入金先の取引口座番号(ログインID)を入力してください。

入金情報入力の注意事項

名前のみで振り込んでしまった場合は、すぐにサポートに連絡してください。

XMTrading サポートデスク:support@xmtrading.com

XM入金完了メール

入金が完了すると、30分~1時間ほどでXMからメールが届きます。

XMの入金【オンライン決済】のメリット・デメリット

XMの入金【オンライン決済】のメリット・デメリット

メリット

  • 事前登録が不要
  • 入金すると24時間いつでも即時反映される
  • ほとんどのオンラインバンクで対応
  • 手数料が安い

デメリット

  • 最低入金額が1万円
  • 1ヵ月の入金上限額が100万

Online Bank Transfer(オンライン決済)は、ネットバンクやATMから、XM口座への入金ができる決済サービスです。 Local Bank Transfer(国内銀行送金)と似ていますが、Online Bank Transferは、24時間対応・手数料一律280円です。

払込番号を発行して、その番号にネットバンクから振込むだけです。事前登録も不要なので、個人情報の入力などが不安な方でも安心して利用できる、便利なサービスです。

最低入金額は1万円から、1ヶ月の入金上限額は100万円です。

現在、XMのOnline Bank Transfer入金に対応している口座は、日本円の口座のみです。

XM入金の手順【オンライン決済】

XM公式サイト

入金方法一覧より、Online bank Transferをクリック。

入金額を入力し、「入金」をクリック。金額に間違いがなければ、「確定」ボタンをクリックします。

自動的に、外部ページ(決済代行会社のページ)に移動します。「購入情報」を確認し、問題なければ支払いボタンをクリックして下さい。

XMオンライン決済で入金する方法

ユーザー情報を入力します。

姓名を漢字とカタカナで入力し、次へ進むをクリックします。

入力情報確認画面を確認して、誤りがなければ、決済ページに移動します。

お支払い方法確認画面が表示されるので、インターネットバンキング・オンラインをクリックして下さい。

確認画面が表示されるので決定をクリックします。

振込情報

すると払込情報が表示されます。
この情報を元に入金するので、画面を印刷したり、スクリーンショットを撮るなどして保存しておきます。

あとは、払込情報を元に、金融機関のネットバンクやATMから払込を行います。ほとんどの金融機関で、オンライン決済の支払いに対応しています。入金すると、XM口座に即時反映されます。

※金融機関によって、仕様が異なります。詳細がわからない場合は、利用している金融機関のネットバンクにお問い合わせください。

入金が確認されると、XMから入金確認メールが届きます。

XMの入金【コンビニ支払い】のメリット・デメリット

XMの入金【コンビニ支払い】のメリット・デメリット

メリット

  • 事前登録が不要
  • 金融機関を利用しないで入金できる
  • 入金するとXMの口座へ即時反映
  • 24時間いつでも入金可能

デメリット

  • コンビニのレジで精算をする
  • 最低入金額が1万円
  • 1日の入金上限額が20万円

Local Transferは、コンビニのマルチメディア端末を利用した決済サービスです。ローソン・ミニストップのLoppiファミリーマートのFamiportで利用することができます。

事前登録も個人情報も必要ないので、面倒な手続きはありません。24時間開いてるコンビニを使って入金できるので、気軽に利用できる入金方法です。

レジで精算すると同時に、XMの口座に反映されます。280円の入金手数料が必要で、最低入金額は1万円から、1日の入金上限額は20万円で、1ヶ月の入金上限額は100万円です。

現在、XMでLocal Transfer入金に対応してる口座は、日本円の口座のみです。

XM入金の手順【コンビニ支払い】

XM公式サイト

入金方法一覧の中から、Local Transferを選択してください。

入金額を入力して、「入金」をクリック。XM口座IDと入金額に、間違いがなければ「確定」をクリックします。

確定ボタンを押すと、外部ページ(決済代行会社のページ)に移行します。
購入情報を確認したら、コンビニ決済申込をクリックしてください。

local transfer入金方法

決済確認ページの、「コンビニ決済の決済ページへ移動」をクリックします。

コンビニ決済スマートピット番号入力

スマートピット番号の確認をクリックすると、スマートピット番号が表示されます。

スマートピット番号

コンビニ決済の番号を発行すると、13桁の数字が表示されます。
この番号をメモやスクリーンショットなどで保存します。

ローソン・ミニストップ(Loppi)からのXM入金

トップメニューで各種番号をお持ちの方を選択し、タップしてください。

検索窓に、コンビニ決済の番号を入力します。

番号を検索すると、コンビニ決済の支払いが表示されるので、選択してください。
後は、マルチメディア端末の表示に沿って進めていくと、支払伝票が発行されます。

支払伝票を持って、レジで精算を済ませれば完了。XM口座に入金が即時反映されます。

ファミリーマート(FamiPort)からのXM入金

トップメニューから、コンビニ決済を選択して、コンビニ決済の番号を入力します。

支払い内容を確認して、支払い金額に間違いがなければOKを押して進めてください。
後は、マルチメディア端末の表示通りに進めていくと、支払伝票が発行されます。

支払伝票を持って、レジで精算を済ませると完了。XM口座に入金が即時反映されます。

※発行から30分以内に支払伝票をレジに持っていかないと、無効になってしまうので注意して下さい。

XMの入金【クレジットカード/デビットカード】のメリット・デメリット

XMの入金【クレジットカード/デビットカード】のメリット・デメリット

メリット

  • 手続きが簡単で早い
  • 入金すると24時間365日いつでも即時に口座反映
  • 手数料が無料
  • クレジットカードのポイントが貯まる

デメリット

  • VISAやJCBでも入金できないカードがある
  • カードの限度額までしか使えない
  • 出金に時間がかかる
  • 利益は国内銀行送金で出金

クレジット/デビットカード入金は、24時間365日いつでも即時反映手数料も無料なので、すぐにトレードしたい人におすすめの入金方法です。手続きも簡単で、カード情報を入力するだけです。

クレジットカードでの入金は、ショッピング枠で決済されるので、クレジットカードのポイントも受け取れます。

※現在はJCBカードの新規受付を終了しているため、過去にJCBカードの入金履歴がない場合は利用できません(入金方法の選択画面にも表示されません)。

ただ、VISA・JCBカードでも、すべてのカードが使えるわけではなく、発行カード会社によって異なります。使えるかどうかは、試してみるしか、サポートに問い合わせをしなければわかりません。

また、クレジットカードの名義とXM口座の名義は、必ず同一名義でなければなりません。違反した場合には、口座凍結になる恐れがあります。

最低入金額と入金上限額

 最低入金額1回あたりの入金上限額入金上限額
VISAカード500円80万円1日300万円
JCBカード1万円30万円1ヵ月100万円

VISAカードの最低入金額は500円ですが、XMのZero口座に入金する場合には、最低入金金額が1万円になります。

JCBカードは日本円/JPY・USD口座にのみ入金が可能で、EUR口座には入金できません。JCBカードを使ってEUR口座に入金したい場合は、JPY口座やUSD口座に入金してから、資金移動して下さい。

出金に時間がかかる

XMでは、クレジットカードで入金した場合、入金額までは同じ方法で出金し、トレードで得た利益分の出金は銀行送金を利用します。

そのため、出金すると、ショッピング枠で入金した金額が、返金処理(キャンセル扱い)されます。

返金処理は、カード会社の締め日や支払日によって異なりますが、実際にお金が手元に戻ってくるまでには、1週間~2ヵ月近くかかることもあります。

XM入金の手順【クレジットカード】

XM公式サイト

入金方法一覧の中から、「VISA」or「JCB」を選択します。

入金額を入力し、「入金」をクリック。金額に間違いがなければ、「確定」ボタンをクリックします。

カード情報を入力します。

XMクレジットカード入金
  • カード名義人:ローマ字で入力
  • カード番号:16桁のカード番号
  • 有効期限:月 / 年を選択
  • CVV2/CVC2/CAV2: カード裏面に記載された3桁の番号
XMクレジット入金-入金リクエスト完了

入金リクエスト完了の画面が出てきたらクレジットカードでの入金手続きは完了です。

入金手続きが完了すると、取引口座へ即時反映されます。

XMの入金【ビットウォレット】のメリット・デメリット

XMの入金【ビットウォレット】のメリット・デメリット

メリット

  • bitwalletからXMへの入出金手数料は無料
  • 即時XMの取引口座に即時反映
  • XMで利用できないクレジットカード/デビットカードが利用できる
  • bitwallet口座から国内の銀行口座への出金手数料が安い

デメリット

  • bitwalletへの入金に手数料がかかる
  • bitwallet口座を開設して、入金が必要
  • 利益は国内銀行送金で出金

bitwallet(ビットウォレット)は、オンライン上のウォレット(電子財布)です。

入金、送金、支払い、受け取り、個人間送金を24時間365日行うことができます。資金移動時のコストが安く、多くの海外FX業者で採用されている入金方法となっています。

XMへの入金手数料は無料で、入金手続き後は、24時間365日リアルタイムにXMの取引口座へ資金が反映されます。

最低入金額は500円、1回あたりの入金上限額は80万円で、1日の入金上限額はありません。

bitwalletを利用するためには、bitwallet口座を開設して、bitwalletに入金します(入金手数料が必要)。その後、bitwalletからXMに入金をします(bitwalletからXMへの入金手数料は無料即時反映)。

bitwalletへの入金方法は、銀行振り込み・クレジットカード・Apple Payの3種類があります。

入金方法入金手数料1回あたりの入金可能額反映時間

GMOあおぞらネット銀行
みずほ銀行

無料無制限着金後15分以内
クレジットカード入金
(Visa・Mastercard)
入金額の 8%1,000円 ~ 500,000 円即時反映
クレジットカード入金
(AMEX・Diners・JCB)
入金額の 8.5%1,000円 ~ 500,000 円即時反映
Apple Pay入金額の5%100円~500,000円即時反映

クレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersにも対応しているのは嬉しいけど、手数料が高いよね。

出金する場合は、XMの口座からbitwalletへ出金(手数料無料、即時反映)し、必要に応じてbitwalletから自分の銀行口座へ出金します(手数料最大777円、24時間以内で着金)。

bitwalletと海外FX業者との入出金は、手数料が無料なので、他のFX業者への入出金にも使えます。海外FX口座を複数持っている場合に、おすすめの入金方法です。

現在、XMでbitwalletに入金に対応してる口座は、日本円の口座のみです。

bitwallet公式サイト

関連記事:bitwallet(ビットウォレット)で口座開設!入出金や両替が便利でお得!

XM入金の手順【ビットウォレット】

XM公式サイト

入金方法一覧より、「bitwallet」をクリック。

メールアドレスと入金額を入力して「入金」をクリック。支払詳細の確認画面に間違いがなければ、「確定」ボタンをクリックします。

ビットウォレットの入金方法

自動でbitwalletのログインページに移動します。

bitwalletにアカウントを持っていれば、ログインして入金手続きを行います。

ビットウォレット入金手続き

パスワード(bitwalletで登録したパスワード)を入力して、私はロボットではありませんにチェックを入れてログインします。

bitwallet入力画面

アカウントがない場合は、クレジットカードのみ利用できます。

ただし、上限額が3万円で、名前・性別・生年月日・国籍・住所・電話番号・クレジットカード番号などの入力が毎回必要になるので、bitwalletで入金するならアカウント作成をおすすめします。

ビットウォレットのワンタイム決済

送金金額を確認して「決済する」をクリック。送金画面が表示されるので、間違いなければ「決済する」をクリックします。

「マーチャント画面に戻る」をクリックするとXMの会員ページに戻ります。

入金が確認されると、XMから「入金処理が成功しました」というメールが届きます。XMの取引口座へは、即時反映されます。

XMの入金【スティックペイ】のメリット・デメリット

XMの入金【スティックペイ】のメリット・デメリット

メリット

  • STICPAYからXMへの入出金手数料は無料
  • 即時XMの取引口座に即時反映
  • MasterCard、暗号資産/仮想通貨で入金できる

デメリット

  • STICPAYへの入出金に手数料がかかる
  • STICPAYで口座を開設して、入金が必要
  • 利益は国内銀行送金で出金

STICPAY(スティックペイ)は、手続きのスピードが早く、多彩な暗号資産(仮想通貨)が利用できるオンラインウォレットです。

クレジットカードのようにSTICPAYで直接買い物をしたり、個人間の送金をすることも可能です。XMのSTICPAY入金に対応している基本通貨は、円・ドル・ユーロすべての口座に対応しています。

最低入金額は500円、1回あたりの入金上限額は80万円で、1日の入金上限額はありません。

bitwalletと同様に、STICPAY口座を開設して、入金します(入金手数料が必要)。その後、STICPAYからXMに入金をします(STICPAYからXMへの入金手数料は無料即時反映)。

STICPAYへの入金方法は、銀行振り込み・クレジットカード・暗号資産/仮想通貨の3種類があります。

入金方法入金手数料反映時間
国内銀行送金5%3~5営業日
クレジットカード
(VISA・MatserCardのみ)
3.85%5分以内
暗号資産/仮想通貨1%2~3時間

STICPAYから国内銀行へ出金する場合には、出金額の1.5%+800円の手数料がかかります。

手数料やサイトの使いやすさなどを比較するとbitwalletのほうがおすすめ!

※現在は、STICPAY入金の新規受付を終了しているため、過去にSTICPAYでの入金履歴がある場合のみ利用できます。

XM入金の手順【スティックペイ】

XM公式サイト

入金方法一覧の中にある、「STICPAY」をクリック。

入金額を入力して「入金」をクリック。支払詳細の確認画面に間違いがなければ、「確定」をクリックすると、自動的にSTICPAYのログインページに移動します。

STICPAでXMに入金する方法

STICPAYで登録したメールアドレスとパスワードを入力後、ログインをクリックします。

STICPAYで入金完了

入金予定額と残高が表示されるので、問題ないことを確認して「今すぐ支払う」をクリックすると、手続き完了です。XMから、入金処理完了のメールが届きます。

XMの入金【ビーエックスワン】のメリット・デメリット

XMの入金【ビーエックスワン】のメリット・デメリット

メリット

  • BXONEからXMへの入金手数料は無料
  • 即時XMの取引口座に即時反映
  • 暗号資産/仮想通貨が利用できる

デメリット

  • BXONEで口座を開設して、入金が必要
  • BXONEへの入出金手数料がかかる
  • 利益は国内銀行送金で出金

BXONE(ビーエックスワン)は、暗号資産/仮想通貨送金に利用されているオンラインウォレット(電子財布)で、他のオンラインウォレットと同様に、XMへの入金は即時反映され、手数料は無料で利用できます。

BXONEからXMへの入金は、日本円の口座のみ対応で、あらかじめ日本円をBXONE口座に入金しておく必要があります。

eZpayカードを発行すると、いつでも世界中のATMから、BXONE口座に入っている資金を引き出すことができます。

最低入金額は500円、1回あたりの入金上限額は80万円で、1日の入金上限額はありません。

他のオンラインウォレットと同様に、BXONEの口座を開設して、入金します(入金手数料が必要)。その後、BXONEからXMに入金をします(BXONEからXMへの入金手数料は無料即時反映)。

BXONE口座への入金方法は、銀行振込と暗号資産/仮想通貨の2種類があります。クレジットカードでの入金はできません。

BXONEへの入金手数料は無料ですが、BXONEから出金する際には、出金額の0.5%(最低500円~最大5,000円)の出金手数料がかかります。

また、BXONEのサイトは日本語対応していません。英語表記のみなので、英語が苦手な方にはおすすめしません。

BXONE公式サイト

XM入金の手順【ビーエックスワン】

XM公式サイト

入金方法一覧より、「BXONE」を選択してクリック。

メールアドレスと入金額を入力して「入金」をクリック。支払詳細の確認画面に間違いがなければ、「確定」ボタンをクリックします。

BXONEから入金する方法

確定をクリックした後、自動的にBXONEの支払いページに移動します。

BXONEからXMに入金

「Tradexfin Limited」は、XMの送金先のことです。
口座通貨や入金額を確認して、間違いがなければ「Continue」をクリックします。

BXONEからXMに入金

最後に送金手続きの確認画面で「Close」をクリックすると完了です。
BXONEからの入金が確認されると、XMから「入金処理が成功しました」というメールが届きます。

XM入金方法8つをまとめて比較

入金方法 入金 手数料最低入金金額1回あたりの 入金上限額入金上限額反映時間
Local Bank Transfer無料1万円1,000万円上限なし30分~1時間
Online Bank Transfer280円1万円100万円1ヵ月100万まで即時反映

Local Transfer

280円1万円20万円

1日20万円
1ヵ月100万円

即時反映
VISAカード無料500円80万円1日300万円まで即時反映
JCBカード無料1万円30万円1ヵ月100万円まで即時反映
bitwallet無料500円80万円上限なし即時反映
STICPAY無料500円80万円上限なし即時反映
BXONE無料500円80万円上限なし即時反映

※入金手数料が無料でも、銀行やウォレットへの入金には、手数料が必要な場合があります。

XM公式サイト

XMの入出金の共通ルール

XM(XMTrading)のリアル口座で入出金する際は、いくつかのルールがありますので、基本的な共通ルールを理解した上で、入金方法を選択してください。

利益を出金できるのは銀行送金のみ

多くの入出金方法を取り扱う海外FX業者では、利益を引き出す場合、入金した金額までは、入金した方法と同一の方法で出金しなければならないというルールがあります。これは、マネーロンダリング対策のためです。

たとえば、クレジットカードで5万円を入金して、5万円の利益を得た場合、入金した5万円は、利用したクレジットカードへ出金(返金)して、利益の5万円は、国内銀行送金で出金します。

入金した額までは、入金した方法と同一の方法で出金しますが、利益分は、入金方法に関わらず国内銀行送金で出金します。

※JCBカードで入金した場合のみ、利益分を含めて全額を、国内銀行への出金となります。

出金できない銀行がある

出金先の銀行口座には、海外送金の受取りが可能なSWIFTコードのある銀行を指定する必要があります。SWIFTコードを持たない銀行は、海外送金ができないので、出金先銀行として利用できません。

  1. ゆうちょ銀行
  2. 新生銀行
  3. ジャパンネット銀行
  4. セブン銀行
  5. じぶん銀行
  6. みずほ銀行(インターネット支店のみ)

取引口座の登録名義と同一名義

XMでは、不正な入金を防止するために、XMに登録名義以外の入金が禁止されています。送金の際は、クレジットカード/デビットカード、オンラインウォレット共に、同一名義で入金してください。

家族名義や法人名義であっても、入金に利用することはできません。

入金方法

XMの会員ページにアクセスして、MT4/MT5アカウント番号・パスワードを入力してログインします。

XMの入金方法

黄色枠の入金ボタン(3ヵ所あるので、どれか1つを選択)してクリックします。

入金方法一覧が表示されるので、その中から希望の「入金」をクリックして下さい。

XM公式サイト

XMのおすすめ入金方法【目的別】

たくさんある入金方法の中から、目的別におすすめの入金方法をご紹介します。
手軽さや口座反映時間など、それぞれの特徴から、最適な入金方法を選択してください。

  • 入出金の手間を少なくしたい
  • スピード重視で入金したい
  • 個人情報の安全性を重視
  • 手数料を無料にしたい
  • USD口座・EUR口座に入金したい

入出金の手間を少なくしたい

入出金の手間を重視するなら、利益の引出しができる国内銀行送金(Local Bank Transfer・Online Bank Transfer)です。

「Local Transfer(コンビニ決済)」やクレジットカードも手続きは簡単ですが、出金するには国内銀行送金を利用することになります。出金先の銀行は選べます。

オンラインウォレットは、入出金は簡単だけど、アカウントの開設に手間がかかるんだよね。

スピード重視で入金したい

スピードを重視するなら、「Local Bank Transfer」以外の入金方法を選択してください。「Local Bank Transfer」以外はすべて入金すると即時反映されます。

ただ、クレジットカードは出金(返金)に時間がかかり、「Local Transfer」「Online Bank Transfer」は入金手数料が280円かかります。

オンラインウォレットは、事前のアカウント作成に時間と手間がかかります。

<国内銀行送金で資金が反映するまでの時間>

送金時間反映時間
平日9:00~15:00に送金30分~1時間
上記の時間以外に送金翌営業日 朝9:00~10:00

個人情報の安全性を重視

個人情報の安全性を重視するなら、事前登録も個人情報も必要ない「Local Transfer(コンビニ決済)」が1番です。

国内銀行送金(Local Bank Transfer・Online Bank Transfer)やクレジットカードも、安全性は高いです。

「bitwallet」は、PCI-DSSを取得しているため、情報管理体制は万全かと思いますが、「STICPAY」「BXONE」に関しては、不明です。

手数料を無料にしたい

手数料を節約するなら、クレジットカード、オンラインウォレットなら「BXONE」または「bitwallet」でGMOあおぞらネット銀行、みずほ銀行で入金すると手数料がかかりません。

「Local Bank Transfer(1万円以上)」は、手数料無料ですが、銀行によって振込手数料がかかることがあります。

USD(米ドル)口座・EUR(ユーロ)口座に入金したい

USD・EURを利用するなら、VISAカードがおすすめです。
オンラインウォレットでは「STICPAY」のみが、USD・EURに対応しています。

JCBカードは、EURには対応していません。

「国内銀行送金(Local Bank Transfer・Online Bank Transfer)」と「Local Transfer(コンビニ決済)」は、日本円で送金すると、XM独自の為替レートで換算され、他の通貨の口座に入金されます。

おすすめの入金方法・まとめ

 国内銀行送金オンライン決済コンビニ決済 VISAカードJCBカードbitwalletSTICPAYBXONE
手間が少ない👑👑
スピード重視👑👑👑👑👑👑👑
安全性を重視👑👑👑👑
手数料無料👑👑👑
USD・EUR対応👑👑

8つの入金方法から選べるのは嬉しいよね。
それぞれの特徴を理解して、目的にあった入金方法を選ぼう!

オンラインウォレットは、最初の
アカウント作成に時間がかかるから早めに準備しておこう。

XMの最新ボーナスはこちら!

【画像で詳しく解説】XMで口座を開設する方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました