ザオプション(theoption)の取引時間と時間帯

ザオプション(theoption)の利益は確定申告が必要!

ザオプション(theoption)は、豊富なキャンペーンや高機能チャートが人気ですが、取引時間にも多くの種類があります。

取引時間や取引をする時間帯によって、それぞれ特徴があるので戦略も異なります。

ザオプション(theoption)の取引時間や取引可能な時間、また取引しやすい時間帯などをご紹介しますので、あなたに合った方法を見つけて、勝率を上げていきましょう。

ザオプション(theoption)公式サイト

国内と海外のバイナリーオプション業者の違い

国内で金融庁の登録のあるバイナリーオプション業者の場合、エントリーから判定時間までは、2時間おきの決められたタイミングで判定時間があります。エントリーする時間は決まっていないので、最短は判定時間の1分前でもエントリー可能です。

しかし、1分前、2分前に購入しても、ペイアウト倍率は1.01倍程度にしかなりません。

また、エントリーから判定時間までは最短2時間なので、最大でも1日12回程度しか取引することができません。

海外のバイナリーオプション業者では、判定までの時間はエントリーしてから、30秒、60秒、1分、2分、5分、15分、1時間、などの時間が設定されています。

また、海外バイナリーオプションの場合、いつでもエントリーすることができるので、予想がしやすく、勝率を上げることができます。

そのため、バイナリーオプションは国内業者でトレードをするよりも、海外業者の方が人気があります。

ザオプション(theoption)の取引方法と取引時間

ザオプション(theoption)の取引方法は「短期取引」「スプレッド短期取引」「HIGH/LOW」「スプレッドHIGH/LOW」の4種類あり、それぞれ取引時間が異なります。

<短期>
トレーダーのタイミングでいつでも購入でき、エントリーした期間で取引が自動的に終了。
<スプレッド短期>
スプレッドが入る代わりに、ぺイアウトが購入価格の2倍(200%リターン)になる短期取引。
<HIGH/LOW>
エントリーした時のレートが、判定時間である取引終了時に、上がっているか下っているかを予測する取引。
<スプレッドHIGH/LOW>
スプレッドが入る代わりに、ぺイアウトが購入価格の2倍(200%リターン)になるHIGH/LOW取引。

取引時間
短期取引スプレッド短期取引HIGH/LOWスプレッドHIGH/LOW
30秒
1分
2分
3分
5分
30秒
1分
2分
3分
5分
5分毎
60分毎
最長23時間毎
5分毎
60分毎

基本的には、短期取引とHIGH/LOWで取引時間が違います。

短期取引は、通常の取引時間は決められておらず、エントリー開始時間からの経過で取引が終了する取引です。

HIGH/LOWは、エントリー開始時間と終了時間が決められています。指定されたエントリー時間内に、HIGH or LOWを決めます。

急激なトレンドが出ている場合は、短期のオプション取引で流れに乗り、レンジ相場では、長めの取引時間にするなど、いろいろな戦略が考えられます。

取引時間はどれがいい?

取引時間は、30秒や60秒などの短期から、22時毎や23時毎の長期までさまざまです。

人気の取引時間は5分、次に60秒、30秒の短期取引ですが、それぞれの取引時間にメリットデメリットがあります。取引時間によって勝率も変わりますし、あなたのトレードスタイルに合った取引時間を見つけてください。

<30秒、60秒取引>
メリット:取引時間が短いのでエントリーチャンスが多い、ペイアウト率が高い
デメリット:分析が難しい、ノイズによる予想外の負けがある

<5分取引>
メリット:比較的分析しやすい、転売機能が使える、心理的負担が少ない
デメリット:タイミングが合わないと負けやすい

<1時間取引>
メリット:分析しやすい、勝率が高くなる、転売機能が使える
デメリット:ペイアウト率が低い、突然のトレンドに対応できない

基本的に、取引時間が短い方が、手軽で精神的負担が少なくなりますが、分析が難しくギャンブル性が高くなります。
長期取引は、テクニカル分析や転売機能などでリスクを最小限に抑えることが可能ですが、急激な相場変動に対応しきれません。

5分取引は、分析がしやすくて、転売機能も使えるし、
レンジ相場での逆張りなども狙いやすいから人気なんだね。

初心者は30秒や60秒取引がおすすめ

初心者で、バイナリーオプションやFXなどの投資をしたことがない場合には、30秒や60秒などの短期取引がおすすめです。

相場の流れを読むためには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などを行います。

しかし、短期取引では、相場の分析が難しいため「ノイズが発生したときに逆張りをする」というシンプルな手法の方が勝率が高くなります。

ノイズとは、取引チャート上に現れる瞬間的な値動きのことです。
一瞬の値動きの後は、元の値近くまで戻ります。
本来の値動きとは違う動きに見えるので、ダマシとも呼ばれます。

バイナリーオプション短期取引のノイズ

ノイズが発生すると、元の値に戻る傾向があるので、ノイズの発生した方向と逆方向にエントリーを行えば良いのです。

初心者の方は、難しい分析をするよりも、ノイズを狙った30秒や60秒取引の方が勝ちやすいと思います。

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)の取引できる時間(営業時間)

バイナリーオプションで取引時間というと「取引開始から終了までの時間」のことを言いますが、一般的に取引時間というと、「取引を行うことが可能な時間帯」のことをイメージすることが多いと思います。

少しややこしいですが、バイナリーオプションは24時間いつでも取引ができるわけではありません。

ザオプション(theoption)の取引時間は、基本的に月曜〜金曜の朝7時から翌朝6時です。
土日は為替市場が閉まっているので、取引することはできません。

また、取引方法や銘柄によって取引開始時間、取引終了時間が異なるのでご注意ください。

短期取引の取引可能な時間

銘柄取引開始時間取引終了時間
AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、ERU/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/USD、USD/JPY平日朝8:00翌朝6:00

EUR/CHF 、EUR/GBP、GBP/CAD、USD/CAD、USD/CHF

平日16:00翌朝6:00
GOLD平日15:00翌朝5:00
NZD/JPY平日朝8:0016:00

スプレッド短期取引の取引可能な時間

銘柄取引開始時間取引終了時間

AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/CHF、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/CAD、GBP/USD、GBP/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY、GOLD

平日朝8:00翌朝6:00
AUD/NZD平日16:00翌朝6:00
SILVER平日15:00翌朝5:00

HIGH/LOWの取引可能な時間

銘柄取引時間取引開始時間取引終了時間
AUD/USD、AUD/JPY、EUR/AUD、EUR/CHF、EUR/USD、EUR/JPY、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY、GOLD5分毎
60分毎
1時間毎
平日朝8:05
平日朝8:00
平日朝7:00
翌朝5:55
翌朝6:00
翌朝6:00
GBP/CAD5分毎
60分毎
7時間毎
平日朝8:05
平日朝8:00
平日朝7:00
翌朝5:55
翌朝6:00
翌朝7:00
AUD/NZD5分毎
60分毎
23時間毎
平日朝8:00
平日朝8:00
平日朝7:00
14:55
15:00
翌朝6:00
SILVER5分毎
60分毎
22時間毎
平日15:00
平日15:00
平日朝7:00
翌朝5:45
翌朝5:00
翌朝5:00
NZD/JPY23時間毎平日朝7:00翌朝6:00

スプレッドHIGH/LOWの取引可能な時間

銘柄取引時間取引開始時間取引終了時間
AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/CHF、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/CAD、GBP/USD、GBP/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY、GOLD5分毎
60分毎
平日朝8:05
平日朝8:00
翌朝5:55
翌朝6:00
AUD/NZD5分毎
60分毎
平日朝8:00
平日朝8:00
14:55
15:00
SILVER5分毎
60分毎
平日15:00
平日15:00
翌朝5:45
翌朝5:00

取引しやすい時間帯はいつ?

ザオプション(theoption)では、平日であれば、ほぼ24時間取引をすることが可能ですが、時間帯によって、値動きに特徴があります。

それぞれの時間帯に合わせた取引をすることで、勝率を上げることができます。

ロンドン時間とニューヨーク時間

市場が活発な時間帯は取引量が多く、取引量の少ない時間帯と比較すると、勝率が高くなります。

為替市場は世界中にあり、どこかの市場で常に取引が行われていますが、「ロンドン、ニューヨーク、東京」3大市場と言います。

3大市場の中でも、ロンドン時間とニューヨーク時間が、最も取引が活発になります。

ロンドン時間は17時~翌朝1時、ニューヨーク時間は22時~翌朝6時(4月~10月までは夏時間なので1時間早くなる)です。

特に、ロンドン時間とニューヨーク時間が重なる22時から翌朝1時は、ゴールデンタイムと呼ばれています。この時間帯は、トレンド相場になりやすい時間帯なので、流れに乗ることで勝率を上げやすくなります。

ロンドン時間とニューヨーク時間は
日中は仕事がある人も参加しやすいね♪

東京時間

東京時間(9時~15時)は、レンジ相場になりやすいので、逆張りがおすすめです。

逆張りは取引量がそこまで多くなく、レンジ相場を形成しやすい時間帯で勝率が一番上がりやすいと言われています。

窓埋めと窓開け

金曜日の終値と、月曜日の始値に開きができ、ローソク足とローソク足の間にできた空間のことを「」といいます。

窓埋め・窓開けのみを狙った取引

平日であれば24時間取引をしているので、基本的に窓が開くことはありませんが、金曜日の終値から月曜日の始値の間に窓が開くことがあります。

なぜ取引ができないのに、窓が開いてしまうのでしょうか?市場が動かなければ、月曜の始値は金曜の終値からスタートするはずですよね。

実は、イスラム圏では金曜日が休み(安息日)で土日は平日扱いとなるため、中東のバーレーン市場は土日でも動いているのです。

そのため、土日に為替の変動に影響のある出来事が起こると、バーレーン市場で値が動き、月曜日の始値のチャートで大きな窓が開くことがあります。

窓は、高確率で窓埋めの方向に動いているので、窓を狙うと利益が出しやすくなります。

ゴトー日

ゴトー日(ゴト日、ゴトウ日)とは、毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日のように5と10の付く日をいいます。

ゴトー日は、企業の決済日が多く、実需のドル需要が多くなります。

実需とは、為替取引によって利益を得ることが目的ではない取引のことです。
企業が、海外の売り上げを自国通貨に換える取引を実需といいます。

ゴトー日は、実需の取引が多くなるため、大量にドルが買われる傾向にあります。

特に、東京時間の仲値(8時~10時)は取引が活発になり、ドル円を中心に短期的な上昇トレンドができやすいという特徴があります。

取引に向いていない時間帯

勝ちやすい時間帯があるということは、負けやすい時間帯もあります。少しでも勝率を上げるためにも、不利な時間帯のトレードはできるだけ控えましょう。

経済指標発表時

アメリカの雇用統計や政策金利などの経済指標発表時は、相場が大きく動きやすく、リスクが高いので、ほぼギャンブルになってしまいます。しっかりと戦略を立ててトレードしましょう。

世界各国の祝祭日

基本的に、土曜日早朝から月曜日早朝の休場時間でなければ、祝祭日であっても取引を行うことができます。ただし、市場参加者や取引量も少なくなるので、普段とは違う値動きをすることがあります。

また、イースター(4月)や春節(1月~2月)などには、銘柄によって休場になることもあります。

オセアニア時間

オセアニア時間は、日本時間の早朝から始まりますが、その中でも午前6時~午前8時は、取引には向いていません。

「ニューヨーク、ロンドン、東京」の3大市場がすべて閉場しているので取引量も少なく、些細なことで大きく値動きすることもあります。

ザオプション(theoption)の短期取引は「引き分け=負け判定」になります。30秒や60秒取引では、1度も価格が変動することなく終了してしまうこともあります。

また、取引できる銘柄数も少なくなります。

ザオプション(theoption)取引時間のまとめ

バイナリーオプションは、取引時間や取引する時間帯によっても勝率は異なります。

基本的に、短期取引は、ペイアウト率が高いですが、分析が難しくギャンブル性が高くなります。
長期取引は、テクニカル分析や転売機能などでリスクを最小限に抑えることが可能ですが、急激な相場変動に対応しきれません。

取引をする時間帯は、ロンドン時間やニューヨーク時間がおすすめですが、指標発表や要人発言があるときには、できるだけトレードを避けましょう。

初心者の方は、難しい分析をするよりも、ノイズを狙った30秒や60秒取引がおすすめです。30秒や60秒取引では、定期的にキャンペーンが行われていて、ペイアウト率が最大96%になります。

ペイアウト率が高いと、1度の利益で大きな差が出ます。今なら新規口座開設キャンペーンで5,000円のキャッシュバックもありますので、キャンペーンをうまく活用して大きく稼いでいきましょう。

それぞれの特徴を把握して、あなたのトレードスタイルに合った取引時間を見つけてください。

ザオプション(theoption)の取引時間

短期取引:30秒、60秒、2分、3分、5分
HIGH/LOW:判定時間5分毎~最長約23時間

\新規口座開設で5,000円がキャッシュバック/

関連記事:【画像で解説】ザオプション(theoption)の口座開設方法

関連記事:【最新情報】ザオプション(theoption)お得なボーナスをすべてご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました