ザオプション(theoption)の利益は確定申告が必要!

ザオプション(theoption)の利益は確定申告が必要!

今回は、ザオプション(theoption)で利益を上げた場合の、確定申告についてご紹介します。

税金は「できれば払いたくない」と思いながら、つい後回しにしていませんか。

しかし、経費などは儲けてから慌てて準備しても遅いのです。どれだけ稼いでもいいように、確定申告の方法などを知っておきましょう。

ザオプション(theoption)公式サイト

国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプションで得た利益の税金は、国内のバイナリーオプション業者を利用した場合と、海外のバイナリーオプション業者を利用した場合で異なります。

国内のバイナリーオプション業者:申告分離課税
海外のバイナリーオプション業者:総合課税

以前はすべて総合課税でしたが、2012年の税制改正によって、国内のバイナリーオプション業者は申告分離課税に変わりました。そのため、税率もまったく異なります。

国内のバイナリーオプション業者:申告分離課税

申告分離課税は、特定の取引に係る一定の所得について、他の所得とは別に税額を計算して納税します。

税率は、所得税(15%)+住民税(5%)+復興特別所得税(0.315%)=20.315%で一律です。どれだけ利益が出たとしても、税率は変動しません。

さらに、国内バイナリーオプション業者の場合は、最大3年間損失を繰り越すことが可能です。

たとえば、去年は100万円の損失があり、今年は200万円の利益が合った場合、今年の利益は100万円として計算することができるので、税額は100万円×20.315%=203,150円となります。

※1年目に確定申告を行わないと、損失繰越しはできません。

海外のバイナリーオプション業者:総合課税

総合課税は、1年間のすべての所得を合計して所得税額を計算し、所得金額に応じた税率で納税することになります。

税率は15%~55%で所得によって異なります(累進税率)。

総合課税の対象となる所得の種類は「利子所得」「配当所得」「不動産書所得」「事業所得」「給与所得」「譲渡所得」「一時所得」「雑所得」があり、海外バイナリーオプション業者で得た利益は雑所得になります。

会社員であれば、給料にバイナリーオプションの利益を加算して税額を計算することになります。そのため、給料やバイナリーオプションの利益額によって税額は変わります。

どちらがお得かは一概に言えませんが、海外のバイナリーオプション業者の場合は、稼げば稼ぐほど税率が高くなる仕組みです。

また、国内のバイナリーオプション業者のように、損失を繰り越すことはできません。

確定申告は必要?

バイナリーオプションで利益を得た場合でも、必ず確定申告が必要なわけではありません。確定申告の対象者は、給与所得の有無とバイナリーオプションの利益額によって変わります。

給与所得あり

会社員の場合、勤め先で年末調整を行っているため、下記に該当する場合には確定申告は不要です(税金はかかりません)。

  • 海外バイナリーオプションを含む「雑所得」の合計が20万円以下
  • 給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円以下

給与所得なし

専業主婦などの被扶養者の場合は、バイナリーオプションの利益やアルバイトなども含め、年間所得が48万円以下であれば、確定申告が不要です。

また、年間所得が48万円を超えた場合、条件によっては扶養から外れることになります。
その場合、世帯主の税金が増えますのでご注意ください。

必ず確定申告が必要な方

所得が2000万円以上の方と個人事業主は、バイナリーオプションの損益に関係なく、必ず確定申告が必要になります。

経費を計上する

バイナリーオプションの利益とは、収益から必要経費を引いた金額になります。そのため、経費を多く計上して利益を少なくしたくなりますが、何でも経費として認められるわけではありません。

たとえば、取引のためのパソコン代や通信費(電話代や電気代、プロバイダー料金など)、振り込みなどの手数料、新聞や書籍購入費、セミナー受講料(交通費含む)などは、領収証や支払った証明があれば、経費として計上できる可能性があります。

ただし、すべてが経費として認められるとは限りません。最終的には税務署の判断となりますので、自信を持って経費であると説明できるのであれば、とりあえず計上しておきましょう。

たとえば、バイナリーオプションの利益が30万円で12万円のパソコンを購入した場合には、利益が18万円になるので、課税対象外となります。

また、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者を利用している場合、損益通算はできませんので、ご注意ください。

利益の確定はいつ?

バイナリーオプションの利益は、出金した金額ではなく、取引ベースで計算しますので、ザオプションの口座残高に残っている利益であっても申告の対象となります。

給料を受取ったら、銀行から出金しなくても税金がかかるのと同じだね

ただ、ザオプションなど海外のバイナリーオプション業者を利用している場合、基本的には国内の銀行口座に着金していなければ、バレる可能性は低いです。

しかし、ザオプションの入出金履歴などは税務署でも確認することが可能です。

確定申告していないことがバレると、延滞税(年利最高14.6%)や無申告課税(最高20%)を上乗せして支払うことになりますので、利益が発生したタイミングできちんと確定申告を行いましょう。

対象期間は1月1日~12月31日で、納付の期間は翌年の2月16日~3月15日です。

ザオプション(theoption)年間の取引履歴を確認

ザオプション(theoption)の取引履歴は、公式サイト内で閲覧やダウンロードをすることが可能です。

ザオプション(theoption)の公式サイトにログイン後、画面上部に表示されているユーザー名の部分にカーソルを合わせると、メニューが表示されます。その中にある「取引履歴」をクリックしてください。

ザオプション(theoption)の取引履歴

すると、取引履歴が表示されるので、確認したい日付を選択します。

ザオプション(theoption)取引履歴の日付を指定

取引履歴を選択すると、グレーの日付枠がありますので、「▼」をクリックすると、日付を選択するメニューが表示されます。「日付を指定」を選ぶと、カレンダーが表示されるので、任意の日付を選びましょう。

取引した日付や投資額、払い出し金額、損失額など、すべて確認することができます。

また、取引履歴などは、エクセルとしても保存・ダウンロードが可能です。画面右側に表示されているエクセルのマークをクリックしてください。バイナリーオプションは取引回数が多いので、一括で履歴が見られる機能は欠かせません。

そして、ザオプション(theoption)を退会してしまうと、マイページにログインできなくなってしまいます。退会する場合には、事前に必要書類をダウンロードしておきましょう。

取引履歴を見ながら確定申告書を作成すると、手続きがスムーズに行えます(取引履歴は提出しません)。

ザオプション(theoption)公式サイト

確定申告の方法

確定申告は、納税する年の前年の1月1日~12月31日までの課税期間での収入、支出、各種控除額を計算し、申告期間(毎年2月16日から3月15日)に、全国の税務署や市町村の税務課などで行います。

よくわからない場合は、確定申告の期間以外でも丁寧に教えてくれるので、不安な方は相談してみてください。

確定申告の手順

確定申告
  1. 前年度の収入や経費をチェックして確定申告が必要かどうかを確認
  2. 確定申告に必要な書類を入手
  3. 確定申告書を作成して税務署に提出
  4. 納税額を支払う

前年度の収入や経費をチェックして確定申告が必要かどうかを確認

まずは「収入-経費=所得」を計算して、確定申告の必要性を確認しましょう。

  • 利益が出ていない→確定申告不要
  • 給与以外の所得合計が20万円以下→確定申告不要
  • 被扶養者で所得の合計が48万円以下→確定申告不要
  • 上記以外→確定申告必要

確定申告に必要な書類を入手

確定申告に必要な書類を準備して下さい。

  • ザオプション(theoption)の取引履歴
  • 経費の証明や計算に必要なもの
  • 源泉徴収票(年末調整を行った場合)
  • 所得控除や医療費控除、保険料控除などの証明書
  • 住宅ローンの残高証明書(住宅ローン控除の初年度のみ)
  • 確定申告書(税務署に取りに行くorインターネットからダウンロード)

確定申告書を作成して税務署に提出

確定申告書の作成は、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」で簡単に作成することができます。

国税庁:https://www.nta.go.jp/index.htm

e-tax:http://www.e-tax.nta.go.jp

確定申告の方法は、3つあります。

  • 確定申告書を作成し税務署or確定申告会場で提出
  • 確定申告書を作成して税務署に郵送
  • e-Taxを利用した電子申告

よく分からなければ、確定申告の期間以外でも丁寧に教えてもらえますので、不安がある場合は、あらかじめ相談してみてください。

納税額を支払う

納税方法は、4つの中から選択できます。

  • 現金による納付:銀行や税務署にある納付書を入手して支払い
  • 振替納税:預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書で支払い
  • e-taxで納付:e-taxの通知からネットバンキングで支払い
  • クレジットカード納付:国税クレジットカードお支払サイトで支払い

税務署から納付書や納税通知などは送られてきませんので、確定申告書と同時に納付手続きを行いましょう。

この時に納めるのは、所得税と復興特別所得税です。住民税の差額については後日、納付書が送られてきます。

確定申告後

確定申告で利用した書類は、青色申告の場合は7年間、白色申告の場合は5年間保管する義務があります。

海外バイナリーオプション業者の年間取引報告書(履歴レポート)、確定申告書の控え、源泉徴収票、経費の領収書や利用明細、納税の領収書などは、年ごとにまとめて保管しておきましょう。

キャンペーンのキャッシュバックにも課税される?

ザオプション(theoption)は豊富なキャンペーンが人気ですが、キャンペーンのキャッシュバックにも税金がかかるのでしょうか。

キャンペーンなどのキャッシュバックは、所得額に関わらず一時所得になり、ザオプション(theoption)の利益とは扱いが異なります。

一時所得=(収入金額-収入を得るための費用-特別控除50万円)÷2

特別控除額が50万円あるので、ほとんどの場合は、課税対象に含まれないと思います。

ただし、キャッシュバック以外にも一時所得があり、合算して50万円以上になる場合は、50万円を超えた分が課税対象になります。キャッシュバックの額が大きかった場合は、他にも一時所得がないか、確認しましょう。

関連記事:【最新情報】ザオプション(theoption)お得なボーナスをすべてご紹介!

まとめ

今回は、ザオプション(theoption)で利益を得た場合の確定申告の方法についてご紹介しました。

確定申告の時期になって慌てないように、経費の領収証や支払い証明などは、まとめておきましょう。計算方法や納税方法は、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

脱税にならないように、しっかりと節税対策を行って納税しましょう。

  • ザオプション(theoption)の税金は総合課税(雑所得)
  • 国内バイナリーオプション業社は申告分離課税で計算式が異なる
  • 給与所得者は20万円以上、被扶養者は48万円を超える利益があると課税対象
  • 所得が2000万円以上の方と個人事業主は必ず確定申告が必要

ザオプション(theoption)公式サイト

関連記事:【画像で解説】ザオプション(theoption)の口座開設方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました