【画像で解説】ザオプション(theoption)の口座開設方法

ザオプション(theoption)の利益は確定申告が必要!

海外バイナリーオプションで口座開設をするというと、「大変そう」「なんだか難しそう」という方がいます。

実際には、身分証明書などを準備して、必要事項をすべて日本語で記入するだけ、たった2~3分で手続きが完了します。

とっても簡単に口座開設をすることができますが、画像付きでわかりやすく解説していますので、これから口座開設される方は、ぜひ参考にしてください。

面倒だと思わずに、この機会にサクッと登録して、バイナリーオプションで稼いでいきましょう♪

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)とは

ザオプション

ザオプションは、2017年にサービスを開始した、海外のバイナリーオプション業者です。

運営会社TCG holdings Ltd.(本社:マーシャル諸島)
金融ライセンスエストニア金融情報機関(EFIU)No. FFA000397
最低入金額/最低取引金額5,000円~/1,000円~
ペイアウト率77%~100%
取引種別短期(30秒、60秒、2分、3分、5分)、短期スプレッド、HIGH/LOW、HIGH/LOWスプレッド
出金にかかる日数1~4営業日
サポートメール・チャット・電話すべて日本語対

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)の特徴

まずは、ザオプション(theoption)の特徴を簡単にご紹介します。

  • 金融ライセンス取得、資金は分別管理
  • ペイアウト率が高い
  • 約定力が高い
  • 引き分け判定がある
  • 高機能チャートが使える
  • キャンペーンが豊富

金融ライセンスを取得、資金は分別管理

海外バイナリーオプション業者は、なんとなく怪しいイメージがありますが、ザオプションはエストニア金融情報機関の金融ライセンスを取得していているので、安全面においても定評があります。

また、ザオプションではユーザーから預かった資金と業者の資産は分別管理されているので、預けたお金を運用資金にされたり、よくわからないことに使用されるなどの心配はありません。

ペイアウト率が高い

ザオプションのペイアウト率は、取引方法によって異なりますが、1.82倍〜2倍です。
下記は、ペイアウト率が高い海外バイナリーオプション業者、上位3社の比較です。

 HighLow短期/turboスプレッド
ザオプション1.82~1.9倍 1.8~1.96倍2.0倍
ハイローオーストラリア1.85~1.95倍1.85~1.95倍2.0~2.3倍
ファイブスター1.65~1.74倍1.6倍

全体的に見ると、ハイローオーストラリアが1番ペイアウト率が高いように思いますが、取引の内容によっては、ザオプションのほうが優れている場合もあります。

ペイアウト率が高ければ高いほど、1度に得られる利益が大きくなるので嬉しいことですが、ペイアウト率以上に、約定力やトレード環境も重要になります。

約定力が高い

利益に直接影響があり、数字としてもわかりやすいので、ペイアウト率を意識しがちですが、実は1番重要なのは、約定スピードです。
業者によっては約定スピードが遅かったり、約定拒否されることが多い、なんてこともあります。

チャンスがあっても、約定しなければ意味がありません。

特にノイズを狙って取引する場合や、トレンドの発生時を狙って取引する場合は、約定力は最重視すべき項目です。

ザオプションは高い約定力で、約定拒否やエントリータイミングのズレなどで、無駄にイライラすることもありません。

引き分け判定がある

ボラティリティーの少ない相場で取引をすると、エントリー時と決済時の価格が同値で判定時刻を迎えることも少なくありません。

多くの業者では、引き分けになると、負けと同様に賭け金を没収されますが、ザオプションのHIGH/LOW取引は、引き分け判定があり、エントリーした資金が返ってきます(HIGH/LOW取引のみ)。

高機能チャートが使える

ザオプション高機能チャート

ザオプションは、専用のデスクトップアプリを使うと、取引画面上にインジケーターを表示することができます。

この機能が非常に優秀で、1度使うと高機能チャート以外での取引が不便に感じてしまいます。

  • Windows専用のデスクトップアプリで無料で提供
  • ローソク足の表示(MT4/MT5にはない10秒足も設定可能)
  • トレンドラインと水平線を引ける
  • 移動平均線、ボリンジャーバンドなどが表示できるので、細かい分析が可能
  • 最大4分割できるチャート画面では、複数の銘柄を同時に取引できる
  • 自社のチャートなので、レートにズレがない

ただし、デスクトップアプリを利用できるのは、Windowsのみです(Macは非対応)。

キャンペーンが豊富

ザオプションでは、キャッシュバックキャンペーンやハッピーアワーなどのイベントが、定期的に開催されます。

  • 初回入金で5,000円キャッシュバック
  • 口座ランクを達成時に一定額キャッシュバック(ポイントプログラム)
  • 期間限定でペイアウト率がアップ
  • 入金額に応じたキャッシュバック
  • bitwalletへの出金手数料が無料

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)新規口座開設で準備するもの

身分証明書

ザオプションの特徴を確認したら、いよいよ口座開設です。
口座開設の前に、必要なものを準備しておくと、手続きがスムーズに行えます。

顔写真つきの身分証明書

本人確認のために有効期限内の顔写真つきの身分証明書が必要です。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード

この中からいずれか1点を、あらかじめ準備しておきましょう。

現住所確認書類

住所確認のため、現住所が記載されている書類(発行から6ヵ月以内)が1点必要です。

・公共料金の明細書
・携帯電話やカード会社などの請求書
・住民票
・健康保険証

クレジットカード

資金の入金にクレジットカードを利用する場合は、カードの表面の画像を提出しなければいけないので、事前に撮影しておくと便利です。

クレジットカードを撮影して提出するというと不安に思うかもしれませんが、カード番号12ケタを隠した写真を提出するので、カード情報の流出や不正使用の心配はありません。

ザオプションで利用できるカードブランドは、3種類です。
利用したいクレジットカードが複数ある場合は、すべてのカードの写真を提出してください。

・VISAカード
・JCBカード
・MasterCard

ザオプション(theoption)で新規口座開設する方法

ザオプション(theoption)の登録方法はとっても簡単、たったの3ステップで完了します。
3分あれば登録を済ませることができますよ。

  1. ザオプション公式サイトにアクセスして個人情報を入力
  2. 決済認証契約書への署名
  3. 必要書類のアップロード

ザオプション公式サイトにアクセスして個人情報を入力

まずは、ザオプション(theoption)公式サイトの右上に表示されている口座開設をクリックしてください。
新規口座開設「個人情報・口座情報入力」画面に必要事項を入力します。

ザオプション新規口座開設
  • 名前
  • 苗字
  • メールアドレス
  • パスワード:半角英数で大文字+小文字で8文字以上
  • 電話番号:0をはずして入力(090-1234-5678→90-1234-5678)
  • 基本通貨:JPY

入力が終わったら、ザオプションの利用規約を読み、「次へ」をクリックします。
決済承認契約書への署名画面に切り替わります。

決済認証契約書への署名

ザオプション新規口座開設

先程入力した氏名・電話番号・メールアドレスを確認して、署名日に今日の日付をカレンダーから選択します。

「上記全ての内容を理解し、同意します。」の部分にチェックを入れて、内容に間違いがなければ、「次へ」をクリックします。

必要書類のアップロード

ザオプション新規口座開設必要書類のアップロード

「アップロード」をクリックしてデータを提出、最後に「完了」をクリックすると、ザオプションの口座開設手続きは終わりです。

登録したメールアドレスに、ザオプションからメールが届きます。

スマホ・タブレットから新規口座開設

ザオプションでは、スマホやタブレットからでも新規口座開設を行うことが可能です。
基本的には、ほぼ同じなので、どの方法で登録をしても問題ありません。

ザオプション新規口座開設スマホ

決済承認契約書の署名を終えたら、身分証明書(裏表)と住所確認書類をアップロードします。

ザオプション新規口座開設スマホ

必要書類をアップロードして、最後に「完了」をタップすると、口座開設手続きは完了です。

ザオプション新規口座開設スマホ

ザオプション(theoption)口座開設完了までの時間

本人確認・住所確認が行われるのは、営業時間内のみなので、書類審査に1~2日かかることがあります。

私は、提出した書類に不備があり、再提出しましたが、書類の再提出から数時間後には口座開設が完了しました。

口座開設が完了するまでは取引をすることができないので、その間にデモで操作方法を確認しておくと、口座開設後すぐに取引を開始できます(長期間のデモトレードはおすすめしません)。

関連記事:デモをすると勝てなくなる!FXは実践でメンタル強化することが重要!

ザオプション(theoption)の入金方法と手数料

ザオプションでは、クレジットカードでの入金、bitwalletを経由して銀行振込、国内銀行送金に対応しています(ビットコインでの入出金は、一時的に停止中)。

※bitwalletを利用する際には、事前に登録が必要になります。

クレジットカード

クレジットカード

入金手数料:無料
最低入金額:10,000円
反映時間:即時反映
対応ブランド:VISA・JCB・Master Card

bitwallet

bitwalletは、海外のバイナリーオプション業者や海外FX業者などで導入されているオンラインウォレットです。bitwalletを利用する際には、事前に口座開設が必要です。

入金手数料:VISA/Master cardからの入金は入金額の8%、その他カードブランドからの入金は入金額の8.5%、指定銀行(みずほ銀行)からの入金は無料
最低入金額:5,000円
反映時間:クレジット入金は即時反映、銀行入金は15分前後で反映
対応ブランド:全ブランド対応

みずほ銀行からの入金であれば、手数料は発生しませんが、銀行への振込手数料や中継銀行手数料は自己負担となります。

低コストで即時反映されるクレジットカードが便利だね
クレジットカードがない場合は、デビットカードも使えるよ

関連記事:bitwallet(ビットウォレット)で口座開設!入出金や両替が便利でお得!

国内銀行送金

入金手数料:使用する銀行口座によって異なる
最低入金額:10,000円
反映時間:12時間以内に対応
対応銀行:三井住友銀行、みずほ銀行、GMOあおぞらネット銀行

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)からの出金方法

出金方法は、マネーロンダリング防止の観点から選ぶことができません。入金方法によって異なります。

クレジットカードor国内銀行送金で入金した場合
 →銀行口座へ出金 ※銀行口座は選択可能
bitwalletで入金した場合
 →bitwallet口座へ出金
クレジットカードとbitwallet両方で入金した場合
 →bitwallet口座へ出金

最低出金額は、出金方法にかかわらず5,000円(利益分の出金は3,000円)です。

出金手数料は、銀行振込が一律2,000円、bitwalletが出金額の4%ですが、口座ランクによって異なります。また、2021年6月30日までは、bitwallet口座への出金手数料無料キャンペーンが開催されています。

クレジットカード/デビットカードで入金していた場合
口座ランク手数料最大出金可能額
チャレンジャー:スタート時口座開設後の初回のみ無料30日間に50万円まで
トレーダー:50万円分の取引達成30日間に1回まで無料30日間に50万円まで
ベーシック:100万円分の取引達成30日間に2回まで無料30日間に50万円まで
プロ:300万円分の取引達成30日間に5回まで無料30日間に50万円まで
エキスパート:500万円分の取引達成回数に関係なく無料30日間に100万円まで
銀行振込、bitwalletで入金していた場合
口座ランク手数料最大出金可能額
チャレンジャー:スタート時口座開設後の初回のみ無料10日間に50万円まで
トレーダー: 50万円分の取引達成30日間に1回まで無料10日間に50万円まで
ベーシック: 100万円分の取引達成30日間に2回まで無料10日間に50万円まで
プロ: 300万円分の取引達成30日間に5回まで無料10日間に100万円まで
エキスパート: 500万円分の取引達成回数に関係なく無料10日間に200万円まで

口座ランクは、月末になるとリセットされて、翌月から「チャレンジャー」として再スタートになります。

ザオプション(theoption)公式サイト

ザオプション(theoption)まとめ

ザオプションの登録方法について、ご紹介しました。

ペイアウト率を重視したり、利用者No.1の業者で取引したい場合は、ハイローオーストラリアがおすすめですが、約定拒否や口座凍結の恐れなど、数字に表れていない部分を含めて総合的に判断すると、1番安心して利用できる業者はザオプション(theoption)です。

ザオプション(theoption)は、18歳以上であれば、誰でも簡単に口座を開設することができます。

「パソコンやスマホ1台で取引したい」「ストレスなく取引したい」「知名度よりも堅実を重視する」という方は、この機会にザオプションに登録してみてはいかがでしょうか?

\お得なキャンペーン開催中♪/

関連記事:ザオプション(theoption)で出金拒否?安全性を徹底解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました