簡単便利!無料で使えるMetaMask(メタマスク)のウォレット作成方法

簡単便利!無料で使えるMetaMask(メタマスク)のウォレット作成方法

MetaMaskは、イーサリアム系のトークンを保管するためのWebウォレットです。

トークンを保管するだけでなく、DApps(分散型アプリケーション)や、ブロックチェーンゲームなどと連携することが可能で、仲介業者なしで取引をしたり、透明性のあるコードのゲームで遊ぶことができます。

MetaMaskのメリットやデメリット、ウォレットの作成方法や使い方などをご紹介します。MetaMaskがよくわからない、使い方を知りたいという方は、ぜひご覧ください。

MetaMask(メタマスク)とは

メタマスク

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系のトークンを一元管理することが可能なWebウォレットです。イーサリアム系トークンを保管する代表的なウォレットの1つである、MyEtherWalletとの連携も可能です。

通常、ウォレットというとサイトなどにアクセスしますが、MetaMaskは、ブラウザの拡張機能によって利用することが可能です。

そのため、対応しているブラウザを所持している人は、誰でも簡単に使用できます。対応しているブラウザは、「chrome」「Fire fox」「Opera」「Brave」「Microsoft Edge」です。

なお、スマホでMetaMaskを利用する場合は、専用のアプリ(iOS、Android)をインストールする必要があります。

他にも、DApps(分散型アプリケーション)や、ブロックチェーンゲームなどと連携させることもできます。DAppsの利用料金やゲームのアイテム購入代金などは、MetaMaskを通じて決済できます。

また、DEX(分散型取引所)を利用する際には、MetaMaskでログインして取引をすると便利です。

MetaMask (メタマスク) のメリット

MetaMaskは、無料で手軽に利用することができるうえ、イーサリアム系のトークンを一元管理することが可能です。

また、複数のアドレスを簡単に作成することができるので、「Uniswap接続用」と「Sushiswap接続用」など、使用用途によってイーサリアムのアドレスを使い分けることが可能です。

リスクの分散にもなり、アドレスの追加はワンクリックで完了します。

さらに、DappsやDEX、ICOに参加することが可能です。

ICOはイーサリアムを利用して発行されているトークンが多く、ERC20などのトークンを送金できるウォレットが必須です。

MetaMaskは、イーサリアム系のトークンを保管できるウォレットなので、MetaMaskからICOに直接アクセスすることができ、管理も可能です。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)ICOについて詳しく解説!

MetaMask (メタマスク)のデメリット

MetaMaskの大きなデメリットは、ホットウォレットであることです。
ホットウォレットとは、常にオンライン上で管理しているウォレットなので、オフライン上で管理するコールドウォレットよりも手軽で便利な反面、ハッキングなどのリスクは高くなります。

そのため、ハードウェアウォレットの利用をおすすめします。MetaMaskに対応しているハードウェアウォレットは「Ledger」「Trezor」のみなのでご注意ください。

Ledger NanoS公式サイトはこちら

関連記事:暗号資産(仮想通貨)を守るハードウェアウォレット【Ledger Nano】

また、いろいろな拡張機能を入れてるChromeはハッキングリスクが高いので、MetaMaskだけFirefoxを使っているという人もいます。

ちなみに、私は普段使いのブラウザとMetaMaskを利用するブラウザは完全に分けてます。
大切な資産を守るためにも、自分でできる対策はしっかりと行いましょう。

MetaMask(メタマスク)のウォレット作成方法

MetaMask(メタマスク)を利用するには、パソコンの場合はWebブラウザの拡張機能、スマホの場合はアプリをインストールします。

今回は、パソコンを使ってGoogle Chromeの拡張機能としてインストールする方法をご紹介します。

まずChromeウェブストアにアクセスし、画面右上の「Chromeに追加」をクリックします。

メタマスク(MetaMask)のインストール

「Metamask」を追加しますか?と表示されるので「拡張機能を追加」をクリックしてください。
すると、MetaMaskのインストールが完了します。

MetaMask(メタマスク)のウォレット作成方法

MetaMaskベータ版へようこそ!と表示されたら「Get Started」をクリックします。

MetaMask(MetaMask)のウォレット作成方法

初めてMetaMaskを作成する場合は、「Create a Wallet」をクリックします。

MetaMaskウォレット作成方法

「I agree」をクリックすると、画面が切り替わります。

MetaMaskウォレットのパスワードを入力

新規パスワード(最低8文字)とパスワードの確認を入力します。
パスワードは、英数字、大文字、小文字、記号などを組み合わせて複雑なパスワードに設定してください。

「利用規約に同意します」にチェックを入れて、「作成」をクリックします。

メタマスクウォレット作成

次に、鍵マークの箇所をクリックすると、12個の英単語が表示されます。
ウォレットの復元に必要となる重要なものなので、必ず保存をしてください。

保存したら、「次へ」をクリックします。

メタマスクウォレットの復元パスワード

先ほど保存した12の英単語を順番通りに選択してクリックします。
次の画面で「全て完了」をクリックすると、ウォレットの作成完了です。

MetaMaskウォレット作成完了

秘密鍵のエクスポート

MetaMaskは、複数のアカウントをもつことができます。各アカウントに個別のウォレットをインポートする際には、ウォレットの「秘密鍵」が必要になります。

メイン画面の「︙」マークをクリックして、「アカウント詳細」を選択します。

MetaMaskの秘密鍵のエクスポート

「秘密鍵のエクスポート」をクリックします。
パスワードを入力して、「確認」をクリックしてください。

MetaMaskの秘密鍵のエクスポート

すると、秘密鍵が表示されます。秘密鍵は、暗証番号が記載してあるキャッシュカードのようなものなので、絶対に誰にも教えないでください。ウォレット内の通貨を、すべて盗まれてしまう恐れがあります。

また、秘密鍵を紛失すると、ウォレットに保管した通貨を取り出すことができなくなってしまうので、管理方法に気をつけてください。

トークンを追加する

イーサリアム(ETH)などは自動で表示されますが、表示されない通貨もあります。その場合には、カスタムトークンの追加をしてください。

メタマスクでトークンを追加する

「トークンを追加」をクリックします。

検索窓に追加したいトークンの名称を入力して、検索結果に表示された中からトークンを選んで「次へ」をクリックします。「トークンを追加」をクリックすると、トークンの追加完了です。

追加したいトークン名が表示されない場合は、「カスタムトークン」を選択します。

メタマスクのカスタムトークン

「イーサスキャン」を検索して、追加したい通貨の「コントラクトアドレス」をコピペし、トークンシンボルが正しく表示されていれば「次へ」をクリックすると完了です。

MetaMask(メタマスク)に入金する方法

「Account1」と表示されているアカウント名をクリックすると、ウォレットのアドレスをコピーすることができます。

コピーしたアドレスに、取引所や他のウォレットからイーサリアムを送ると、入金できます。

MetaMaskに入金する方法

しばらくすると、ETHの数量が入金した分だけ増加します。

MetaMask(メタマスク)から送金する方法

送金するアカウントを選択して、「送信」をクリックします。

MetaMaskから送金する方法

「受取人追加」の欄に、送金先のアドレスを入力します。

MetaMask送信先のアドレスを入力

アセット、金額、Transaction Feeを選択して入力し、間違いがなければ「次へ」をクリックします。

MetaMaskから送金する方法

Asset :出金する暗号資産(仮想通貨)を選択
金額:出金する金額を選択
Transaction Fee(送金手数料):送金速度を早くすると、手数料が高くなります

 最後に「確認」をクリックすれば、送金手続きが完了します。

MetaMask(メタマスク)の復元方法

パソコンの故障やMetaMaskを削除してしまった場合には、アカウントを復元する必要があります。
ログイン画面で、「Import using account seed phrase」をクリックしてください。

「Wallet Seed」に、12の英単語(復元キーワード)を入力します。
「新規パスワード」と「パスワードの確認」の欄に新しいパスワードを入力してください。
「RESTORE」をクリックすると、アカウントの復元完了です。

MetaMask(メタマスク)の【まとめ】

MetaMask(メタマスク)の特徴やウォレット作成方法、使い方などについて解説しました。

Metamaskは、イーサリアム系のトークンを保管するのに非常に便利なWebウォレットです。DApps(分散型アプリケーション)やDEX(分散型取引所)、ICOに参加される方は、インストールをおすすめします。

ただし、アカウントの復元キーワードやウォレットの秘密鍵を紛失してしまうと、ウォレットに保管した暗号資産(仮想通貨)が取り出すことができなくなってしまうので、管理方法に気をつけてください。

MetaMaskは、無料で簡単に利用できる、多機能性を持つ有能なWebウォレットです。ハードウェアウォレットなどで、デメリットをカバーしながら上手く活用しましょう。

Ledger NanoS公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました