バイナンスコイン(BNB)のメリット/デメリットと購入・管理方法

バイナンスコイン(BNB)のメリット/デメリットと購入・管理方法

バイナンスコイン(BNB)とは、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所「バイナンス(BAINANCE)」が発行しているトークンです。

トークンとは、他の暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーンを、間借りする形で発行される暗号資産(仮想通貨)のことです。

現在、バイナンスコイン(BNB)の時価総額は$5,996,273,508、世界11位の海外で人気の暗号資産(仮想通貨)です。

そんなバイナンスコイン(BNB)の特徴やメリット・デメリット、購入方法などについて、詳しくご紹介します。この記事を読むと、あたなも今すぐバイナンスコイン(BNB)が欲しくなりますよ。

バイナンス公式サイトはこちら

バイナンスコイン(BNB)とは

バイナンスコイン(BNB)とは

バイナンスコイン(BNB)とは、バイナンス(BAINANCE)で基軸通貨として使用することができる、バイナンス(BAINANCE)が発行しているコインです。
※バイナンス(BAINANCE)は、2017年に誕生した世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

バイナンスの基軸通貨

基軸通貨とは、その取引所で扱うさまざまな暗号資産(仮想通貨)と交換できる、特定の暗号資産(仮想通貨)のこと。

基軸通貨は、取引所によって異なりますが、ビットコインやイーサリアムなどが多く、これらの通貨を中心に、売買することができます。

発行枚数は2億枚で、すべて発行済みのため、マイニングは行われません。

ERC20トークン

バイナンスコイン(BNB)は、ERC20トークンを使って開発されました。ERC20トークンは、イーサリアムのプラットフォーム上のみで使うことを目的にしたトークンです。

ERC20トークンは、最低限必要な機能や用語などが基準化されているので、簡単にトークンを作ることができます。

一定の基準を満たしていれば、共有したり、他のトークンと交換することができます。

バイナンスコインのメリット

  • 取引手数料が割引になる
  • BNBの通貨ペアは手数料が無料
  • 両替機能がある
  • バーン(買い戻し)
  • 新規上場通貨の投票権

取引手数料が割引になる

バイナンス(BAINANCE)の取引手数料は、一律で0.1%と他の取引所と比べても安いのですが、バイナンスコイン(BNB)を使って取引手数料を支払うと、手数料が割引になります。

1年目2年目3年目4年目5年目
割引率50%25%12.5%6.75%0%

バイナンスコイン(BNB)は、基軸通貨になっているので、さまざまな暗号資産(仮想通貨)との交換で割引されます。

BNBの通貨ペアは手数料が無料

バイナンスコイン(BNB)の通貨ペアで取引を行うと、取引手数料が無料になります。

バイナンスでは、260種類もの暗号資産(仮想通貨)の取引ができます。これらの通貨との交換をバイナンスコイン(BNB)にすると、取引も簡単でスムーズになります。

また、バイナンスコイン(BNB)の通貨ペアは、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の他、日本では取引できない通貨もたくさんあります。

両替機能

バイナンスコイン(BNB)には、両替機能があります。両替機能を使うと、少額の暗号資産(仮想通貨)をまとめてバイナンスコイン(BNB)に交換することができます。

暗号資産(仮想通貨)の取引を何度も繰り返していると、端数が少額残ってしまうことがあります。最低注文数にも満たなければ、売却も送金もすることができません。

このような場合でも、両替機能を使うことで解決されます。

0.001BTC以下の金額に該当するコインが対象で、数種類の通貨を一括両替することができます。

バーン(買い戻し)

バイナンスコイン(BNB)は、四半期ごとに、取得した利益の20%をバイナンス(BAINANCE)によって買い戻されます。買い戻されたバイナンスコイン(BNB)はバーン(破棄)されます。

バーンされることによって、バイナンスコイン(BNB)の流通量が減少するので、価値が上昇します。

2021年1月には、過去最大の約1億6,580万ドル相当のバイナンスコイン(BNB)をバーンしました。これは、前回のバーンの約2.4倍です。

バーンされる量が多いということは、大きく成長しているということです。

また、バイナンスコイン(BNB)は、2億枚すべてが発行済みですが、定期的にバーンすることによって、1億枚まで買戻しを行って、通貨の希少性を高めるそうです。

新規上場通貨の投票権

バイナンスでは、200種類以上の通貨が取り扱われていますが、新規上場通貨をユーザーの投票によって決めています。投票するためには、0.1BNBが必要で、1人1票です。

取引所に上場する通貨は、値上がりすることが多いので、多くのユーザーが注目しています。

バイナンスコインのデメリット

  • バイナンス(BAINANCE)の影響が大きい
  • イーサリアムの影響
  • 国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では取扱いがない

バイナンス(BAINANCE)の影響が大きい

バイナンスコイン(BNB)は、取引所のバイナンスが発行しているトークンなので、良いことも悪いこともバイナンスの影響を強く受けます。

万一、倒産やハッキングなどの被害があると、価格が暴落する恐れがあります。

ちなみに、2019年に、ハッキングによってビットコインが盗まれましたが、自社資金でカバーしたため、ユーザーへの影響はありませんでした。

イーサリアムの影響

バイナンスコイン(BNB)は、イーサリアムのプラットフォームを使って開発されたトークンなので、イーサリアムに問題が発生した場合、バイナンスコイン(BNB)も影響を受ける可能性があります。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では取扱いがない

バイナンスコイン(BNB)は、バイナンス(BAINANCE)が発行している独自のトークンなので、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では、取扱いがありません。

バイナンスコイン(BNB)の購入は、バイナンス(BAINANCE)がオススメです。

バイナンスコイン(BNB)の購入・管理方法

バイナンスコイン(BNB)を購入するためには、バイナンス(BAINANCE)で口座を開設します。海外の取引所ですが、日本語にも対応しているので、国内の取引所と同じように使えます。

最近では、バイナンス(BAINANCE)の公式サイトを偽った詐欺サイトもありますので、必ずバイナンス(BAINANCE)公式サイトを利用して下さい。

バイナンス公式サイトはこちら

口座開設

バイナンスは、1日2BTCまでの出金であれば、メールアドレスとパスワードを設定するだけで、簡単に口座を開設することができるので、すぐに取引を始められます。

バイナンス公式サイトをクリックして、メールアドレスとパスワードを入力します。

パズルを完成させると認証が完了します。

入力したメールアドレスに、バイナンスから認証メールが届き、6桁の数字が記載されています。

この6桁の数字をバイナンス公式サイトのアカウント確認に入力すると、登録完了です。

引き出し限度額を100BTCまで引き上げるためには、本人認証が必要になりますので、免許証またはパスポートを用意して、ID認証を行います。

バイナンスコイン(BNB)の購入

バイナンスコイン(BNB)を購入するには、P2Pトレードと代行業者支払いが選べます。

P2Pトレード

代行業者支払い

代行業者支払いでは、クレジットカード(VISAとMastercard)を利用することができます。もちろん、クレジットカードのポイントも貯まります。

バイナンスコイン(BNB)のトレーディング

ビットコインなど、他の暗号資産(仮想通貨)を保有している場合、バイナンスコイン(BNB)とトレードすることができます。トレードできる通貨は150種類以上あります。

バイナンスコインの保管

購入したバイナンスコイン(BNB)は、コールドウォレットで、安全に保管することをオススメします。資産管理は自己責任です。

ハッキングなどの被害にあって後悔しないためにも、コールドウォレットを使いましょう。

Ledger Nano公式サイトはこちら

バイナンスコインのメリット/デメリットと購入管理方法まとめ

バイナンスコインのメリット/デメリットと購入管理方法まとめ

バイナンス(BAINANCE)は、世界で1,000万人以上が利用していて、24時間取引高ランキングは常に上位の、世界で最も人気の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

バイナンス(BAINANCE)が成長することによって、バイナンスコイン(BNB)の価値も大きく上がることが予想されます。

バイナンスコイン(BNB)は、取引手数料が割引になったり、両替機能があるなど、実用性が高いうえに、将来性も期待できるオススメの暗号資産(仮想通貨)です。

あなたもぜひ、バイナンスコイン(BNB)を購入してみませんか。

バイナンスの登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました