DD方式とNDD方式とは?FX業者の選び方

DD方式とNDD方式とは?FX業者の選び方

FX業者には、スプレッド、キャッシュバック、通貨ペア数、サポート体制、約定率、取引の透明性など、さまざまな特徴があります。

あなたはFX業者を選ぶ際に、どういう基準で選んでいますか?

FX業者は大きく分けると、DD方とNDD方式の2つがあり、一般的には「DD方式は国内FX業者に多く、NDD方式は海外FX業者に多い」と言われています。

DD方式は、FXトレードに業者が介入して、さまざまな操作を行う注文方式です。NDD方式は、FXトレードにFX業者が介在しない仕組みで、注文金額に不要な操作を加えたり、注文のタイミングを意図的に変えることがない注文方式です。

これだけ聞くと、DD方式が良くないように思うかもしれませんが、双方にメリット・デメリットがあります。どちらがいいのかは、トレードスタイルや考え方によっても異なりますので、それぞれの特徴や選び方などについて、詳しく解説します。

ぜひ、FX業者選びの参考にしていただければと思います。

DD方式とは?

DD方式

DD方式は、「Dealing Desk」の略で、FX業者と顧客との間で直接取引をする方式のことです。相対取引、店頭取引、B-BOOK方式とも言います。 

Dealing(ディーリング)とは、証券会社や銀行などが、自社の資金で株式、為替、債券等の売買をして運用することを言います。

通常、FX業者は、顧客の注文をインターバンク市場へ流すための仲介をしますが、DD方式のFX業者では、顧客の注文はインターバンクへは流さずに、FX業者内で処理されます。いわゆる呑み行為です。

また、DD方式の場合、基本的には顧客とFX業者の相対取引となるので、顧客は「FX業者の言い値」で売買をしていることになります。

数社のチャートを同時に表示すると表示すると、価格が微妙に異なることがありますが、為替レートはFX業者ごとに裁量で決定しているからです。スプレッドも、業者ごとに異なります。

DD方式のメリット

DD方式のFX業者は、顧客の注文をインターバンクへ流さずに、顧客同士の注文を相殺させることができます。

たとえば、Aさんが100円で買い注文を出したときに、同じタイミングでBさんが100円で売り注文を出している場合、FX業者はAさんとBさんの注文を相殺すると、インターバンクへ注文を流すことによってかかる手数料を省くことができます。

このような、顧客同士の注文を相殺する仕組みを「マリー取引」と言います。
(顧客の全ての注文を、マリー取引で相殺しているわけではありません)

マリー取引をすることによって、コストが抑えられ、スプレッドを狭く、原則固定にすることが可能になります。

マリー取引によってスプレッドが狭くなるから、
顧客に還元されているってことだね。

DD方式のデメリット

DD方式のデメリットは、不透明性です。
顧客の注文がどのように処理されているのかは、FX業者にしかわかりません。

DD方式では、FX業者の言い値で為替レートが決定されているので、顧客にとって不利な為替レートを提示することもできます。そのため、以前は「ストップ狩り」を行う悪徳業者も存在しました。 

ストップ狩り:FX業者が意図的に為替レートを瞬間的にずらして顧客が出している注文を約定させること

そして、DD方式で1番問題視されているのが、顧客とFX業者とで利益相反が起こることです。

顧客の損失はFX業者の利益となり、顧客の利益はFX業者の損失となるので、DD方式のFX業者では、故意にトレーダーが負けるような仕組みをつくっていると噂されます。

勝ちそうな注文を拒否(約定拒否)、約定タイミングをずらす(スリッページ)、損切までレートを動かす(レート操作)など、FX業者にとって有利な取引となるようにコントロールされる可能性も考えられるのです。

ただし、悪い噂が広まれば、会社としての信用を失いますので、ライセンスを取得しているFX業者であれば、そこまでひどい業者は少ないと思いますが、顧客が気がつかない程度にコントロールされる可能性はあります。

DD方式の場合、いくらでも不正ができてしまうので、信頼できるFX業者を選ぶことが大切です。

NDD方式とは?

NDD方式

NDD方式とは「No Dealing Desk」の略で、ディーリングデスクを置かずに、顧客の注文をそのままインターバンクへ流す方式のことです。A-BOOK方式とも呼ばれます。

基本的には、顧客の注文をそのままインターバンクへと流すだけなので、FX業者は取引に関与しません。FX業者は、そこに手数料やスプレッドを上乗せして利益を出しています。

NDD方式のメリット

NDD方式では、DD方式に比べて取引における透明性が高いと言えます。

顧客の損益に関係なく、注文数が多ければ多いほどFX業者の利益も増えるので、顧客が利益を出して、より多くの売買をしてくれた方が、FX業者の利益も増えることになります。

そして、NDD方式では、FX業者と利益相反にならないので、顧客に不利になるレート操作やスリッページ、約定拒否などをする必要がありません。

FX業者と顧客は、どちらも「勝ちたい・勝ってほしい」という同じ方向を向いているため、顧客が不利になるような不正をされるリスクが低いのが、NDD方式の大きなメリットです。

NDD方式のデメリット

NDD方式のFX業者は、手数料やスプレッドからしか利益を得られません(薄利多売)。そのため、DD方式と比較をすると、どうしてもスプレッドが広くなってしまいます。

DD方式のFX業者では、ドル円のスプレッドが0.1銭などの最狭スプレッドがありますが、NDD方式のFX業者では実現不可能です。

NDD方式にはSTP方式とECN方式がある

NDD方式

NDD方式をさらに細かく分類すると、STP方式とECN方式があります。

STP方式は「Straight Through Processing」の略で、顧客からの注文をインターバンク市場に流す際に、インターバンク市場のスプレッドに自社の利益を上乗せして提示します。

自社のシステムを使って、顧客の注文を自動的に流しているため、FX業者が顧客の注文に手を加えたりすることはありませんが、DD方式のFX業者よりもスプレッドが広くなりがちです。

ECN方式は「Electronic Communications Network」の略で、電子取引所の中で取引を行うことを指します。ECN方式では、自社の利益分を上乗せしないのでスプレッドは狭いですが、売買時に別途手数料が発生します。

DD方式 / NDD方式(STP方式・ECN方式)の比較

DD方式 / NDD方式(STP方式・ECN方式)の3つの特徴を比較してみました。
それぞれに、メリット・デメリットがあります。

DD方式 / NDD方式(STP方式・ECN方式)の特徴

 DD方式NDD方式
STP方式ECN方式
約定スピード遅い速い速い
スプレッド狭い広い狭い
手数料ないないある
取引の透明性低い高い高い

DD方式は、スプレッドが狭い/取引が不透明
NDD方式は、スプレッドが広い/取引が透明
総合的に判断すると、どれがいいのかな?

DD方式とNDD方式はどっちが勝ちやすい?

FXにはDD方式とNDD方式がありますが、どっちがメリットが大きいのでしょうか?

結論から言うと、DD方式とNDD方式では、勝敗には大きな差はありません。

DD方式は、顧客が損をすればするほど儲かる仕組みなので「DD方式=悪徳業者」というイメージがあるかもしれません。

収益が出そうな取引はインターバンクへと流しますが、顧客が損をしそうな取引であればインターバンクへと発注しないで、呑みます。

しかし、呑んだ予想が当たっていた場合には、顧客に対してきちんと収益が支払われます。これが支払われなければ大問題ですが、そんなことがあれば、すぐに悪い噂が広まって営業できなくなってしまします。

利益がきちんと支払われて、スプレッドが狭いと考えると、DD方式も良いように思いませんか?

実際に、DD方式のFX業者で利益を上げているトレーダーはたくさんいます。もちろん、正確な情報はFX業者にしかわかりませんので、悪徳業者がいる可能性はあります。

そのため、信頼できる業者選びをすることが重要です。「NDD方式では負けない」なんてことはありません。

呑んでも、呑まなくても、勝つときは勝つ、負けるときは負けるのです。ただし、あまりにも約定拒否やスリッページが多い場合には、利用するFX業者を変えて下さい。

トレードスタイルに合わせて選ぶ

DD方式とNDD方式は、双方にメリット・デメリットがあるので、トレードスタイルに合わせて選択するのがおすすめです。

スキャルピングなら、スプレッドが狭いDD方式が良いように思いますが、DD方式のFX業者では、スキャルピングが禁止されていることもあります。NDD方式は、スプレッドが広いというデメリットがあるので、NDD方式のECN方式が最適です。

海外のFX業者XM(XMTrading)の「Zero口座」はECN方式で、約定率99.98%なので、スキャルピングトレードにおすすめです。

デイトレードの場合は、1日の取引回数によって、約定率やスプレッドを比較検討してください。おすすめは、国内のFX業者ならJFX(MATRIX TRADER)、海外のFX業者ならXM(XMTrading)の「スタンダード口座」です。

スイングトレードや長期トレードをするなら、DD方式、NDD方式に関わらず、スワップポイントの高いFX業者を選択しましょう。

他にも、東京時間は、NDD方式のスプレッドは比較的広いことが多いので、DD方式のFX業者を利用し、ニューヨーク時間は流動性が高く、スプレッドが狭くなるので、NDD方式などと使い分けるのも良いと思います。

偽NDD方式のFX業者がある

ミュンヘン, ネオン電球, レタリング, 照明, ネオンサイン, フェイク

FX業者の中には、NDD方式と謳っていながら、実はDD方式を採用しているというFX業者もあります。

疑いはじめたらきりがなく、偽NDD方式の業者を見破ることは難しいので、情報をもとに判断するしかありません。

しかし、「サーバーが遅い」「約定拒否が多い」などの場合には、DD方式である可能性があります。

NDD方式はスピード重視のため、高速なサーバーを使用していますが、DD方式の場合には、サーバーへの投資を積極的に行っていません。

また、損失が出ることを避けたいDD方式のFX業者では、頻繁に約定拒否されることがあります。
トレードにはFX業者の存在が欠かせませんので、上手く付き合っていきましょう。

DD方式とNDD方式の違い【まとめ】

NDD方式とDD方式の最も大きな違いは、取引の透明性とスプレッド(取引コスト)です。

取引は不透明だけど、スプレッドが狭いDD方式
取引の透明性が高いけれど、スプレッドが広いNDD方式

DD方式の多くは国内のFX業者であり、海外のFX業者にはほとんど見られません。取引の透明性は低いけれど、ここまで手数料が安いのは日本だけです。

どちらのFX業者がいいのかは、トレードスタイルや考え方によって変わるので、自分が1番使いやすくて信頼できるFX業者を選んでください。

ただ、公正な取引と安定した約定を重視するなら、NDD方式の方が納得できると思います。NDD方式のFX業者は、顧客が利益を出して、より多くの売買をしてくれた方が、FX業者の利益も増えることになります。

そのため、顧客が儲けられるように、無料セミナーを開催したり、情報発信を行うなど、最適な取引環境を整えてくれます。特に、XM(XMTrading)で開催されているウェビナーはおすすめです。

約定力や約定スピードは安定していて、透明性も高く信頼できるので、1度NDD方式の快適な取引環境に慣れてしまうと、DD方式の業者には戻れなくなります。

あなたがNDD方式に魅力を感じるのであれば、ぜひXM(XMTrading)を利用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました