沖縄のお墓が大きい理由【昔は風葬・洗骨していた】

あなたは、沖縄のお墓を見たことがありますか?沖縄ではじめてお墓を見た人は、その大きさに驚かれます。沖縄のお墓は、本土の一般的なお墓と比べてとても大きいのです。

その理由は、本土とは違う沖縄の風習にあります。
今回は、沖縄のお墓の特徴についてご紹介します。

風葬・洗骨

埋葬というと、本土ではほとんどの地域で火葬ですが、沖縄では昔、風葬をしていました。風葬とは、死体を埋葬せずに風化させる方法です。

棺のままお墓の中に入れ、数年後に遺骨を取り出して泡盛などで、骨を清めます。これを洗骨(せんこつ)といいます。

この洗骨をはじめに行うのは、長男のお嫁さんです。昔は、洗骨を行うことによって、正式に家族と認められていたそうです。

洗骨したら骨壺に納めますが、火葬と違い、1つ1つの骨が大きいので、一般的な骨壺よりも大きいのです。

お墓が大きい理由の1つは、風化させたり、大きな骨壺を納めるために、ある程度の広さが必要だったんです。

門中墓

門中(もんちゅう)とは、父系の直系血族で繋がる一族のことをいいます。門中制度のなかで、お墓を共用する習慣だったため、お墓を大きくする必要がありました。

宴会をする

沖縄では、納骨をした後や、お墓参りの際には、お墓の前で宴会をします。

ご先祖様に感謝の気持ちを込めて、親族一同が集まり、ご馳走を食べたり、三線を弾いたりしながら、親族の近況を報告します。

そのため、お墓の前にはスペースが設けられています。なかには屋根付きのものもあります。

沖縄の代表的なお墓

沖縄の代表的なお墓は、大きく3つのタイプに分類されます。

  • 亀甲墓
  • 破風墓
  • 掘り抜き墓

亀甲墓

亀甲墓

亀甲墓は、亀の甲羅のような形をしたお墓です。沖縄では最もポピュラーな形で、さまざまな場所で見かけるかと思います。

沖縄は、中国の影響が大きくありますが、中国では、人生を終えると母親の胎内に戻るという考え方があります。

そのため、亀甲墓は、母親の胎内(子宮)を現していて、その中に骨を納めることで、人が体内に戻っていくという思想を反映しています。

破風墓

破風墓

お墓の屋根が三角形で、家のような外観のお墓が破風墓です。

破風とは、屋根の形を現していて、日本の神社やお城などに見られる三角形の部分のことをいいます。琉球王朝時代には、王室だけが建立することができましたが、廃藩置県後に解禁され、庶民の間にも広がっていきました。

沖縄本島の糸満市には、沖縄県最大規模、約5,400㎡の破風墓があります。

ちなみに、日本最西端の与那国島には、1億円のお墓があります。お墓の入り口には、凱旋門があり、お墓はピラミッド型です。

お墓の中には、リビングやベッドもあり、ご先祖様が不自由なく生活ができるように作られたそうです。

与那国島出身のお金持ちの方が建てられたそうですが、現在は、墓守する人もおらず、内部は荒れているそうですが、島の観光地の1つになっています。

掘り抜き墓

掘り抜き墓

掘り抜き墓は、最近では少なくなってきていますが、自然の洞窟を利用したり、砂岩に横穴を掘ってつくられたお墓です。洞窟を利用しているため、戦時中には防空壕としても活用されていました。

お墓はコンクリート?

コンクリート墓

沖縄のお墓の特徴として、コンクリートのお墓があります。これは、沖縄の島々で、豊富に採取されていた琉球石灰岩を用いて建立されていたからです。さらに、沖縄のお墓は、山の奥や、狭い道の先に建っているいることもあります。

すると、石材を運ぶことは困難ですが、コンクリートだとホースを使って流し込むことができますし、コスト面でも、石材に比べて安く建てられます。沖縄のお墓は大きいので、墓石も高いのです。

しかし、コンクリートよりも、石材のほうが耐用年数が長いため、近年では、石材が主流となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました