マンションの価格の法則!お得な部屋は何号室?

マンションの価格の法則!お得な部屋は何号室?

マンション購入を考えるとき、気になる一番のポイントは価格ですよね。マンションの価格は、広さ以外にも条件によって変わりますので、価格設定のメカニズムを知っておきましょう。

価格を決める際には、マンションや棟ごとに、ほぼ真ん中の中央にある住戸(基準住戸)を決めます。この基準住戸を基にして、4つの条件を加味しながら各住戸の価格を決められます。

価格を決める4つのポイント

階数

眺望のよい高層階になるにつれて価格は高くなります。また、同じ階でも視界が遮られてしまう住戸は価格が低くなります。

高層階 メリット ・眺望がよく、開放的
・周囲に高い建物がなく、採光がいい
デメリット ・エレベーターが少ないと待ち時間が長い
・災害時などエレベーターが使えないと大変
低層階 メリット ・マンションの出入りがしやすく、価格が安い
・災害時に避難しやすい
デメリット ・周りに建物があると採光が得にくい
・眺望は期待できない

方角

一番価格が高いのは日当たりがいい南向きの住戸で、東・西向き、北向きの順で安くなります。

メリット・日が当たる時間が長い
・洗濯物がよく乾く
デメリット・家具やカーテンなどが日焼けする
メリット・家具が日焼けしにくい
・北の窓からの景色は日に当たって綺麗に見える
デメリット・冬場は寒い

部屋の位置

左右を挟まれた中住戸より角住戸は希少性が高く価格が高めです。

角住戸メリット・リビングは二方向または三方向に窓があり、通風や採光がいい
デメリット・窓が多いほど間取りの選択肢が少なくなる
中住戸メリット・断熱性が高く、冷暖房の効率がいい
デメリット・通風や採光がよくない

その他の条件

玄関前の人通りや騒音など、環境面が価格に反映されます。

エレベーターの近くメリット荷物が多い時にも楽
デメリット人の気配が気になることがある

共用施設も要チェック

最近は、フィットネスクラブやキッズルーム、ゲスト専用の宿泊ルームなど、豪華な共用設備の整ったマンションもありますが、設備が充実すればそれだけ管理費も高くなります。

キッズルームがあれば、子供がいなくてもキッズルーム込みの管理費を払わなくてはなりません。共用施設が自分のライフスタイルにあっているのかも、よく考える必要があります。

マンション価格は、人気の条件を満たす住戸ほど高くなります。しかし、何にこだわるかは人それぞれです。当初の希望とは多少違っても、満足できる物件があるはずです。自分たちのライフスタイルを考え、どの条件を優先させるのか、柔軟に検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました