マンション販売会社のチェックポイントとは?

マンションの販売会社には、「分譲会社」「販売会社」「仲介業者」の3つがあります。

各会社ごとに得意・不得意分野がありますが、良い販売業者を見極めるコツは「不得意分野についての質問に答えられるかどうか」です。

マンション販売会社の特徴や、チェックポイントを確認しておきましょう。

分譲会社

分譲会社は、マンションをつくって売る会社のことです。新築の場合は、分譲会社から直接物件を購入することもあります(住宅販売会社に委託されることもあります)。

分譲会社のチェックポイントは、「実績」と「管理」です。

マンションの良し悪しは、暮らしの快適さだけではなく、住人の命にかかわることもあります。

過去の経験で蓄積されたノウハウや最先端技術の導入、法改正への迅速な対応などによって物件の質は上がっていきますので、分譲会社が過去に扱ってきた物件や会社の歴史などをチェックしてみましょう。

また、「マンションは管理が命」とも言われています。基本的に、管理は分譲会社の業務ではありませんが、買い手にとってマンションは、一生に1度の大きな買い物です。

誠意ある会社であれば、建てて売って終わりではなく、その後の管理にまで意識を払っています。

購入を検討している物件があれば、入居後の管理方法や管理計画などを聞いてみてください。具体的に答えられるかどうかで、会社の誠実度がわかります。

販売会社

販売会社は、分譲会社などの売主から販売業務を受託して、販売代理を行います。モデルルールなどにいる営業スタッフは、分譲会社の子会社である販売会社の社員というケースがほとんどです。

製造にはかかわっていなくても、マンションの構造や仕様について、「なぜ、こうしたのか」という根拠が説明できるかを確認しましょう。

売ることに必死になっている業者は、「目玉物件ですよ!」「こんな格安な物件はなかなか見つかりません」「急がないとなくなります!」など、煽り文句が多いのでご注意ください。

また、他社の物件をやたらとけなす業者も要注意です。

仲介業者

中古マンションは、ほとんどが企業ではなく個人が売主となります。その売主と買主の橋渡しをするのが、仲介業者です。

仲介業者が、構造や仕様など、物件の概要を把握しているのは当然のことですが、もう一歩踏み込んで「売りに出た事情」まで把握していると、良い業者と言えます。

もしかしたら、隣人とのトラブルで売りに出されたのかもしれません。

不動産売買では、物件に関する重要事項説明義務があります。重要事項とは、「事実を告げないで取引の相手方が重大な不利益をこうむる事実」とされていますが、その範囲は明確ではありません。

近隣との騒音トラブルは「不利益をこうむる事実」に該当するかと思いますが、1人暮らしの年配の方が亡くなり、相続トラブルがあった場合、気にする人もいれば、気にしない人もいるかと思います。

「売りに出された事情」は、聞かなくても説明してくれるのが理想ですが、聞いても説明できない業者は、避けたほうがいいかもしれません。

また、マンションには修繕積立金などの支払い義務が生じます。もし、売主が修繕積立金を支払っていないと、未払い分を買主が負担しなければなりません。

未払い金がある場合、ほとんどの業者で説明がありますが、100%ではありません。

仲介業者は選べる

気になる物件を見つけたけど、「不親切な業者だった」「なんとなく不信感がある」「別の物件を案内してくれたA不動産の方が良かった」という場合には、別の仲介業者に相談してみましょう。

一般媒介契約(複数の不動産屋に売買等を依頼することが可能)であれば、信頼できる業者から購入したいものです。

専任媒介契約(売主は他の業者に重複して依頼できない)を結んでいる物件であっても、別の仲介業者が専任媒介契約を結んでいる仲介業者と交渉してくれる可能性があります。

また、仮にその物件の購入に至らなかったとしても、希望の条件に合う物件が見つかれば、すぐに連絡してくれます。

仲介業者は選ぶことができますので、「物件は気に入ったけど、業者さんとは合わないな」と思ったら、別の仲介業者を通じて購入することをおすすめします。

マンション販売会社の特徴【まとめ】

分譲会社(デベロッパー)マンションの計画・施行などの事業主。売買契約の際の売主ですが、買主とはやり取りしないこともある。
販売会社分譲会社などの売主から販売業務を受託し、販売代理を行う。モデルルームにいる営業スタッフは、販売会社の社員であることが多い。
仲介業者個人が売主である中古マンションの取扱いがメイン。まれに新築物件の取扱いもある。

マンションは、一生に1度の大きな買い物です。物件探しから決定・契約、場合によっては入居後に至るまで、長い付き合いになります。

会社や担当者によって、物件や対応に差がありますので「掘り出し物をいち早く教えてくれる」「物件に関する質問に丁寧に答えてくれる」「契約内容の交渉に応じてくれる」など、いい業者と付き合いたいものです。

特に中古物件の場合には、気になる物件を見つけたら、必ずしもそのマンションを取り扱っている業者から買わなければならないわけではないので、馴染みがある、信頼できる業者に相談してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました