マイホーム購入の諸経費はいくらかかる?

マイホーム購入の諸経費はいくらかかる?

マイホームを購入する際、物件の購入代金の他にさまざまな諸費用がかかります。実際に諸費用とはどんな内容で、いくらくらいかかるのでしょうか?

事前に、どの程度かかるのかを把握しておくことはとても重要です。この費用を考慮せずに物件の予算を決めてしまうと、予算オーバーしてしまうこともありますので注意しましょう。

マイホーム購入の諸経費はいくらかかる?

諸費用は物件別にみると、新築マンションで物件価格の約4~5%、一戸建ての場合で約7~8%、中古なら6~9%程度必要になります。

最近では、住宅ローン保証料を金利上乗せにして、一括で支払わないタイプの住宅ローンや、フラット35のようにもともと保証料の設定のないものがあります。

また、売主が直接販売している場合などは、戸建てであっても新築マンション同様に、仲介手数料はかかりません。ローンの組み方、購入先によっては、戸建ての場合でも、物件価格の5%程度の諸費用で納まる場合もあります。

この他にも引っ越し費用や新しい家具・家電、インテリア代もかかることを頭に入れておきましょう。

仲介手数料

主に建売住宅や中古物件を購入するとき、仲介業者が間に入った場合に支払う手数料です。宅建業法で上限が定められています。

(物件価格×仲介手数料3%+手数料6万円)+消費税=仲介手数料

マイホーム購入にかかる諸費用

マイホーム購入にかかる諸費用一覧

<物件購入にかかる諸費用>

 諸費用の種類内容
契約費用印紙税売買契約書の印紙代
登記費用登録免許税土地・建物の登記費用
司法書士報酬

登記を依頼するための手数料

税金など不動産取得税不動産取得にかかる税金
消費税建物にかかる税金
固定資産税1年の途中で引き渡しがある場合
修繕積立金修繕積立金の一部(マンション)
仲介の時仲介手数料物件の仲介にかかる費用

<ローンにかかる諸費用>

 諸費用の種類内容
契約費用印紙税金銭消費貸借契約書の印紙代
登記費用登録免許税抵当権設定の費用
司法書士報酬登記を依頼する手数料
手数料など融資(事務)手数料金融機関に支払う手数料
ローン保証料ローンを保証する保証会社に支払う(フラット35は不要)
物件調査手数料

融資基準の適合検査料

(フラット35、中古物件など)

マイホーム購入時の3つの税金

土地や住宅取得にともなう税金

①印紙税

 不動産の売買契約や住宅ローン契約を結ぶときに、印紙税が必要となります。契約書に印紙を貼る方法で税金を納めますが、税額は契約書の記載金額によって決まります。

②登録免許税

マイホーム購入後「私の所有物です」という登記が必要で、その際にかかるのが、登録免許税です。また、受託ローンを組む際には、抵当権の設定登記を行いますが、ここでも登録免許税がかかります。

③不動産取得税

マイホーム購入後、物件のある都道府県に支払います。登記をしてから3ヵ月~半年後くらいに納税の通知が届きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました