イーサリアムのガス代はいくら?ガス代は手数料のこと?

イーサリアム上に開発されるDAppsで遊んだり、Defiや送金したことのある方は、ガス(Gas)という言葉を聞いたことがあるかと思います。

イーサリアムのガス代とは、手数料のことで、マイナーが取引を承認するときに消費するエネルギーに値します。

Gasは金額を自由に設定することができるなど、Coincheckなどの一般的な取引所(CEX)に支払う手数料とは異なります。

今回は、イーサリアムのガス代について詳しく解説したいと思います。

イーサリアム のガス代はいくら?

イーサリアムのガス代とは、手数料です。

イーサリアムのスマートコントラクトの実行や、トランザクションに対して、どれだけの計算ステップが必要かを測る指標になります。システム(イーサリアム)を動かす燃料であるため、ガス代と呼ばれています。

また、暗号資産(仮想通貨)の送金や、トランザクション承認に必要なデータ計算処理をするマイナーに支払う手数料の単位としても使われています。

ガス代の単位はGweiで、1Gweiは0.000000001 etherです。

Gas Price(ガス料金)

GasPriceは、1Gasあたりの料金(仕事量)の単価です。1 Gasの価格は、Gasの需要と供給に応じて変動します。

単位は、etherの最小単位であるweiが利用されます。

1 wei = 0.000000000000000001 ether

Gas Priceは、ユーザーが自由に設定することができ、マイナーはGas Priceが高いものから取引認証を実行します。

そのため、Gas Priceを高く設定するほど早く実行され、Gas Priceが少なければ、いつまで経っても取引が実行されない可能性があります。

料金は数ドル~数百ドルまで様々ですが、イーサリアムブロックチェーン上の動きが活発になるにつれて、GasPriceが高騰しています。

etherの単位
wei = 0.000000000000000001 ether
kwei = 0.000000000000001ether
mwei = 0.000000000001ether
gwei = 0.000000001ether
szabo = 0.000001ether
finney = 0.001ether
ether = 1ether
kether = 1000ether
mether = 1000000ether
gether = 1000000000ether
tether = 1000000000000ether

適切価格

イーサリアムを利用する際には、適切なGas代を設定することが重要です。

ウォレットによっては、初期のGas価格が相場より高く設定されている場合もあります。適切なGas価格は、ETH Gas Stationでチェックすることができます。

イーサリアムネットワークの混雑状況に応じて、リアルタイムで適切なGas価格がわかるので、払いすぎやGas不足で送金できないといった失敗がなくなります。

https://ethgasstation.info/

Gas Fee (ガス手数料)

Gas Fee (ガス手数料)は、トランザクションやプログラムを実行するために必要な手数料のことで、作業をしてくれるマイナーにGas Feeが支払われます。

Gas Fee=Gas Price(1Gasの単価)×仕事量(Gas)

Gas Limit(start Gas)

Gas Limit(start Gas)とは、トランザクションの実行に必要なGasの最大量のことです。

トランザクション実行時にGasが足りない場合、ガス欠となって取引ができなくなることがあります。そうならないように、あらかじめ多めにGasを支払います。

消費されずに余ったGasは、remaining Gasとして、後で返還されます。

たとえば、My Ether Wallet(イーサリアム対応ウォレット)でEtherを送金するときは、手数料(Gas Fee)が必要になります。

この手数料は、注文内容の実行にかかるGasの最大量(Gas limit)×自分で設定するGasの単価(Gas Price)で決まります。

送信者が支払う手数料=Gas limit×Gas Price
マイナーが受取る手数料=(Gas limit – remaining Gas)×Gas Price

Gas代の高騰

マイナーは、Gas代を高く設定しているトランザクションを優先するため、Gas代が高騰しています。2021年1月には、Gas代が18ドル近くまで上昇し、平均最高記録を更新しました。

Gas代が高くなってしまうと、気軽に取引を行えなくなるというデメリットがあります。
(現在は、10ドル前後で落ち着いています)

ガス代の活用

イーサリアムは過去にDos攻撃のような不正アクセス被害を受けていますが、Gasを活用することによって、サイバー攻撃対策にもなります。

Dos攻撃はネットワークやサーバーに過剰な負荷をかけたり、セキュリティの甘さを突いたりしてサービスを健全に行えなくする妨害行為です。

イーサリアムでは、すべてのトランザクションに対して手数料が必要になります。そのため、Dos攻撃を仕掛ける際にも手数料を支払わなければなりませんので、Dos攻撃の対策にもつながります。

また、イーサリアムは、「Frontier/フロンティア」「Homestead/ホームステッド」「Metropolis/メトロポリス」「Serenityセレニティ」と4段階のアップデートを行い、システムを改変しています。

アップデートが行われるたびに、Gas priceの平均価格も変更されています。

イーサリアム (Ethereum/ETH) とは

イーサリアムは本来、暗号資産(仮想通貨)そのものを指す言葉ではありません。

分散型のアプリケーション(DApps/decentralized applications)やスマートコントラクト(Smart Contract)を動かすためのプラットフォームの名称です。

大きな特徴としては、スマートコントラクトであることと、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を導入に取り組んでいることです。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、契約条件の締結や履行を自動で実行するシステムです。

ビットコインは、通貨の取引情報がブロックチェーン上に登録されています。イーサリアムは、ブロックチェーンに、暗号資産(仮想通貨)の基本取引情報と、アプリケーションプログラムを記録/実行することができます。

このスマートコントラクトを利用すると、企業間の重要な書面の契約やサービスの売買なども可能となります。

そして、このプラットフォーム上で使用される通貨が、暗号資産(仮想通貨)取引所などで流通しているイーサ(ETH)となります。

本来は、プラットフォーム=イーサリアム通貨=イーサだけど、どちらも「イーサリアム」と呼ばれているんだね。

イーサリアム2.0へのアップデート(PoW から PoS)

イーサリアム(ETH)は、2020年の12月1日に「イーサリアム2.0」へのアップデートが実装されました。

現在流通しているイーサリアムとイーサリアム2.0は、共通したETHという規格を扱いますが、原則ETH1.0とETH2.0の互換性はありません。

大きな違いは、コンセンサスアルゴリズムの変更です。

イーサリアムのマイニングには、PoW(Proof of Work/プルーフ・オブ・ワーク)という方法が採用されています。

PoWとは、不特定多数の人の中から、ブロックチェーンに書き込むための計算や検証を1番早く完了させた人が、報酬を受取ることができるシステムです。

PoWは、計算能力の高いパソコンを使う人に有利となり、電気代が非常にかかります。

イーサリアムを考案したヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)は、莫大な電力を必要とするPoWを問題視して、アップデートによってPoS(Proof of Stake/プルーフ・オブ・ステーク)と言われるアルゴリズムへ変更されました。

PoSは、マイナーが保有している通貨の量や保有期間によって、マイニングの報酬を決定する方法です。PoSが導入されることによって、権力集中を防ぐことができます。

さらにシャーディングの実装によって、取引の承認に関する不可を大幅に軽減することが可能になりました。

このアップデートはフェーズ0といわれ、フェーズ2.0まで完了するので、最低でも1年以上の時間がかかると見られています。

アップデートに関する情報は価格に大きく影響するから、新しい情報は常にチェックしておこう!

発行上限と半減期

ビットコインなど、多くの暗号資産(仮想通貨)には、発行上限が設けられていて、マイニングにも半減期が設けられているため、マイニングできる暗号資産(仮想通貨)の量は徐々に制限されています。

しかし、イーサリアムには発行上限はありません。発行上限がないので、半減期もありません。

※今後、上限が設定される可能性はあります。

イーサリアムのガス代【まとめ】

イーサリアムとは、カナダのヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)によって開発されたプラットフォームのことで、プラットフォーム内で使用する暗号資産(仮想通貨)をイーサといいます。

イーサリアムのGasは手数料のことで、ネットワークの安定した運営のために必要なものです。金額はユーザーが自由に設定することができ、マイナーはGas Priceが高いものから取引認証を実行します。

Gas Priceが少なければ、取引が実行されない可能性がありますので、適切価格を設定することが大切です。さまざまな状況が価格に影響しますので、多くの情報を収集していきましょう。

  • イーサリアムのガス代は手数料のこと
  • Gasは自由に設定することが可能で、高く設定するほど送金が速くなる
  • 近年はGas代が高騰している

コメント

タイトルとURLをコピーしました