XM(XMTrading)のレバレッジは最大888倍!ハイレバレッジは危険なの?

XM(XMTrading)のレバレッジは最大888倍!ハイレバレッジは危険なの?

XM(XMTrading)の最大レバレッジは、888倍です。

「888倍だと何がいいの?」「レバレッジが大きいとハイリスクでしょ?」と思われている方もいます。

レバレッジは、FXに欠かせない重要な要素です。
正しい知識や考え方を身に付けていれば、ハイレバレッジに設定することで、リスクを軽減することができます。

それでも、ハイレバレッジは危険という情報も見かけるし、レバレッジについて理解できていなければ、納得することはできませんよね。

レバレッジの仕組みやXMのレバレッジ規制、ハイレバレッジをおすすめする理由などを詳しく解説しますので、XMの最大レバレッジ888倍をうまく活用して、資金効率の良いトレードを実践しましょう。

XM公式サイト

レバレッジの仕組み

レバレッジとは、「テコの原理」という意味で、小さな力で大きなものを動かす事を意味する言葉です。少額の証拠金で、大きな資金運用ができる仕組みを「レバレッジ効果」といいます。

FXでは、投資資金を「証拠金」という形でFX業者に預け、証拠金の範囲内で取引をします。
証拠金にレバレッジをかけると、より多くの通貨量を取引することが可能になります。

たとえば、1ドル=100円の時に、1万ドルを購入するには、「1万ドル×100円=100万円」の資金が必要です。この時にレバレッジを使って、手元資金を「証拠金」として預けることで、手元資金の何倍もの取引が可能となります。

そのため、レバレッジが100倍なら、1万円の証拠金で100万円分の取引をすることが可能となります。
レバレッジは大きければ大きいほど、より少ない資金で取引ができるのです。

国内FX業者とXM(XMTrading)のレバレッジの違い

少ない証拠金で、大きな利益を生み出す可能性を秘めたFX取引ですが、その為には、高いレバレッジ効果が必要となります。

日本では、金融庁のレバレッジ規制により、個人口座は最大レバレッジが25倍に制限されています。このようなレバレッジ規制は、世界各国の金融庁で行われるようになり、以前ほど大きな利益が見込める投資では無くなってきました。

しかし、オフショア地域(主に新興国や発展途上国)と呼ばれる一部の国では、レバレッジ規制が行われていないので、XMなど海外のFX業者は、オフショア地域に営業拠点を移設することで、ハイレバレッジ取引が可能となっています。

レバレッジ25倍と888倍の比較

国内FX業者最大レバレッジ25倍と、XMの最大レバレッジ888倍を比較してみましょう(ドル円レート100円の場合)。

 国内FXXM(XMTrading)
最大レバレッジ25倍888倍
1万円で持てるポジション25万888万
1円の値動きの損益±2500円±8.8万円
10万通貨の必要証拠金約4万円約1.2万円

レバレッジが大きいと、同じ資金でも、得られる利益金額には相当の違いがあることがわかります。元々FX取引は、少ない資金で大きな利益を得るチャンスがあることが魅力で、一般の投資家に広がった投資です。

レバレッジの大きさの違い

よく、「ハイレバレッジは危険」「初心者は小さいレバレッジで取引しましょう」などと言われるので、レバレッジが大きいと、損失額が大きくなると思っている方もいるようです。

しかし、「レバレッジが大きい=損失額が大きくなる」のではありません。

たとえば、10万円の証拠金で1万通貨(1ドル=100円)の取引をして、10Pipsの損切りをした場合、レバレッジの大きさに関係なく、損失は1,000円です。

損益は、ロット数(取引通貨量)と値幅(pips)、通貨換算レートから計算されるので、レバレッジの大きさは損益に影響ありません。

では、レバレッジが大きいと何が違うのでしょうか?

レバレッジの大きさの違いは、取引できる通貨量ロスカットまでどれくらいの値幅を耐えられるか、ということです。

同じ資金でも、レバレッジが大きければ、取引できる通貨量は増えますが、大きなレバレッジで同じ通貨量を取引すると、レバレッジが大きい方がロスカットされにくいというメリットがあります。

レバレッジが低い=リスクが低いわけじゃないよ!

レバレッジの大きさは、取引できる通貨量
(必要証拠金や証拠金維持率)に関係するんだね。

XMのレバレッジ規制

XMの最大レバレッジは888倍ですが、口座や銘柄、有効証拠金などによって、レバレッジに一定の制限がかかります。

これは、過度なレバレッジ取引による、証拠金の急激な減少を低減させるための措置で、レバレッジの最大値は、世界情勢や為替指標、経済指数などからXMが独自に算定し決定しています。

  • 口座によって最大レバレッジが異なる
  • 特定通貨ペアのレバレッジ
  • 経済指標発表時のレバレッジ
  • 有効証拠金が一定額を超えた場合

口座によって最大レバレッジが異なる

XMではトレードスタイルに応じて、3つの口座タイプから選択することができます。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • Zero口座

設定できる最大レバレッジは「マイクロ口座」と「スタンダード口座」が888倍、「Zero口座」は500倍です。

XM Zero口座:スプレッド特化型の口座で、狭いスプレッドで取引できますが、XMの入金ボーナスなどはありません。スキャルピングに向いている口座です。

関連記事:XM(XMTrading)の口座タイプは3種類!どれがおすすめ?

特定通貨ペアのレバレッジ

「マイクロ口座」「スタンダード口座」を利用していても、特定の通貨ペアに関しては、最大レバレッジが異なりますので、ロスカットされないように確認しておきましょう。

最大レバレッジ444倍の通貨ペア

  • CHFJPY(スイスフラン/日本円)
  • CHFSGD(スイスフラン/シンガポールドル)
  • AUDCHF(豪ドル/スイスフラン)
  • CADCHF(カナダドル/スイスフラン)
  • USDCHF(米ドル/スイスフラン)
  • EURCHF(ユーロ/スイスフラン)
  • GBPCHF(ポンド/スイスフラン)
  • NZDCHF(NZドル/スイスフラン)

最大レバレッジ100倍の通貨ペア

  • USDTRY(米ドル/トルコリラ)
  • EURTRY(ユーロ/トルコリラ)

最大レバレッジ50倍の通貨ペア

  • EURDKK(ユーロ/デンマーククローネ)
  • EURHKD(ユーロ/香港ドル)
  • GBPDKK(ポンド/デンマーククローネ)
  • USDDKK(米ドル/デンマーククローネ)
  • USDHKD(米ドル/香港ドル)
  • USDCNH(米ドル/中国人民元)
  • EURRUB(ユーロ/ロシアルーブル)
  • USDRUB(米ドル/ロシアルーブル)

経済指標発表時のレバレッジ

どこのFX業者業者でも、経済指標発表時など、相場の急変動が予想される大きな経済ニュースが発表される際に、レバレッジが制限されることがあります。

EU離脱に関するイギリス国民投票(ブレグジット)やアメリカ大統領選挙などでは、最大レバレッジが50倍に制限されました。

レバレッジ制限される場合には、事前にXMの公式サイトやメールで通知が届きます。

このような状態でポジションを保有していると、取り返しのつかないことになりかねませんので、早めに決済することをおすすめします。

相場が落ち着くと、レバレッジ規制は自動的に解除されます。

有効証拠金が一定額を超えた場合

XMでは、有効証拠金に応じてレバレッジ制限があります。最大レバレッジの888倍でトレードできるのは、口座残高200万円までです。

このレバレッジ制限は口座単位ではなく、アカウント単位となります。XMでは、1アカウントで最大8つの口座をつくることができますが、すべての口座の有効証拠金の合計でレバレッジ制限されます。

また、レバレッジ制限の対象となる有効証拠金には、出金できないボーナス(クレジット)や含み損益(現在保有中のポジション)も含まれます。
※口座タイプに関係なく制限されます。

有効証拠金の合計額最大レバレッジ
~2万ドルまで(約200万円)888倍
2万ドル~10万ドル(約200万円~約1,000万円)200倍
10万ドル以上~(約1,000万円以上)100倍

レバレッジ制限がかかると、メールで通知が届きます。
ただ、制限後に通知が届くので、制限にかかりそうな場合は、こまめに確認して下さい。

特に、保有しているポジションがある場合には、レバレッジが引き下げられると、急に証拠金維持率が低くなる可能性があります。

最悪の場合には、強制ロスカットになります。
(一定時間の猶予はあるので、その間に決済or追加入金or有効証拠金を2万ドル以下にして下さい)。

レバレッジ規制を解除する方法

レバレッジ制限にかかっても制限範囲内で取引をすることは可能ですが、制限を解除したい場合は、有効証拠金を2万ドル(約200万円)以下にします。

有効証拠金は、「マイページ」の「マイアカウントの概要」で確認できます。

有効証拠金を2万ドル以下に減らしたら、XMのサポートに口座IDを伝え、レバレッジ制限解除の依頼をします。

連絡方法は、「メール(平日24時間)」か「ライブチャット(平日9時~17時)」です。
対応は、日本人スタッフが行ってくれるので日本語です。

XM公式サイト

XMのレバレッジ設定888倍がおすすめの理由

XM(XMTrading)では、口座開設時に1倍~888倍まで16種類のレバレッジ倍率(Zero口座では15種類)の中から、レバレッジを設定することができます。

  • 1:888(最大レバレッジ888倍)
  • 1:500(最大レバレッジ500倍)
  • 1:400(最大レバレッジ400倍)
  • 1:300(最大レバレッジ300倍)
  • 1:200(最大レバレッジ200倍)
  • 1:100(最大レバレッジ100倍)
  • 1:66(最大レバレッジ66倍)
  • 1:50(最大レバレッジ50倍)
  • 1:25(最大レバレッジ25倍)
  • 1:20(最大レバレッジ20倍)
  • 1:15(最大レバレッジ15倍)
  • 1:10(最大レバレッジ10倍)
  • 1:5(最大レバレッジ5倍)
  • 1:3(最大レバレッジ3倍)
  • 1:2(最大レバレッジ2倍)
  • 1:1(最大レバレッジ1倍)

どのレバレッジ倍率を選べば良いんだろう?
とりあえず100倍くらいでいいのかな?

レバレッジ倍率が選択できるといわれても、迷ってしまいますよね。

おすすめは、レバレッジ888倍です。

レバレッジ888倍が何故おすすめなのか、理由について詳しく解説したいと思います。
ちなみに、レバレッジ倍率の設定は、後から変更をすることも可能です。

  • 少ない証拠金で取引できる
  • 実行レバレッジの幅が広がる
  • ロスカットされるリスクが低くなる

少ない証拠金で取引できる

レバレッジは、大きければ大きいほど、少ない証拠金で大きなポジションを持つことができます。

たとえば、1万通貨のポジションに必要な証拠金は、国内FXの最大レバレッジ25倍の「約28分の1」です。

レバレッジ倍率25倍50倍100倍200倍400倍500倍888倍
ドル円/100円40,000円20,000円10,000円5,000円2,500円2,000円約1,126円

少額の資金でトレードしたいという場合にも、レバレッジが大きければ、効率の良いトレードをすることが可能です。

実効レバレッジの幅が広がる

XMの最大レバレッジの888倍で設定したからといって、必ずしもレバレッジ888倍のポジションを持つ必要はありません。

レバレッジには、口座レバレッジと実行レバレッジがあります。

口座レバレッジ:利用口座で設定している最大レバレッジ
実行レバレッジ:保有しているポジションに対して、どれくらいのレバレッジがかかっているか(運用レバレッジ)

実行レバレッジは、「ポジション保有額÷有効証拠金」で計算することができます。

たとえば、証拠金5万円で1万通貨(1ドル=100円)の取引をする場合は、
(10,000×100)÷50,000=20 で、実効レバレッジは20倍です。

口座レバレッジが888倍でも、ポジション保有量をコントロールすることで、実行レバレッジは小さくなります。

取引をする時は、「損切りをした場合に、どれくらいの損失が発生するのか」を考えてポジション保有量を決めると、適切な実効レバレッジを守ることができます。

自動計算ツールが簡単便利

「実効レバレッジ」や「必要証拠金」の計算するのは正直、面倒くさいですよね。
FX証拠金シミュレーターを使うと、簡単に計算をすることができます。

FX証拠金シュミレーター

取引パラメータ(黄色の部分)に純資産額や通貨ペアなど、必要事項を入力して「計算開始」をクリックすると、必要証拠金や証拠金維持率などを自動で計算してくれるので便利です。

オプションの「利確/損切り値」を設定しておくと、どれくらいの利益/損失になるのかも瞬時にわかります。

自分で計算する場合は、下記の計算方法を参考にしてください。

必要証拠金:取引通貨量÷レバレッジ×口座の通貨換算レート
有効証拠金:証拠金+含み損益
証拠金維持率:有効証拠金÷必要証拠金×100

ロスカットされるリスクが低くなる

同じ口座残高で同じポジションを保有すると、レバレッジが大きい方が必要証拠金が少なくなります。
すると、必然的に証拠金維持率が上がるので、ロスカットされるリスクは低くなります。

口座残高とポジション保有量を考えながらトレードをすれば、レバレッジが大きい方が安心してトレードすることができます。

ただし、レバレッジが大きいからといって、保有ポジションを増やすと、損益が大きくなってロスカットされやすくなるので、注意しましょう。

XMのゼロカットシステム(追証なし)

XMでは、相場が反対方向に動いた際に、証拠金の減少を知らせる「マージンコール」と、取引口座の有効証拠金が必要証拠金の一定額を超えると、ロスカット(強制決済)が行われます。

マージンコール:証拠金維持率が50%を割り込んだ場合
ロスカット:証拠金維持率が20%を割り込んだ場合

ただし、XMにはゼロカットシステムという制度があり、ロスカットによって口座残高がマイナスになった場合でも、マイナス分を支払う必要はありません。

トレーダーの損失は、口座に入っている金額のみです。
借金になる心配もないので、安心して取引をすることができます。

関連記事:レバレッジ取引には欠かせない!ゼロカットシステムとは

XMのレバレッジ設定の確認方法

レバレッジ設定の確認は、MT4/MT5 or 会員ページで確認することができます。

MT4/MT5で確認

MT4/MT5を起動し、「表示」の中にある「ナビゲーター」をクリックします。ナビゲーターの「口座」にある口座番号にカーソルを合わせると、レバレッジを見ることができます。

レバレッジ設定の確認

XM会員ページで確認で確認

XM公式サイト

XMのマイページにアクセスし、「マイアカウントの概要」のアカウントをクリックするとレバレッジ設定の確認をすることができます。

レバレッジ設定の確認

レバレッジ倍率設定の変更方法

レバレッジ倍率の変更は、会員ページからしか変更できません。

XMの会員ページにアクセスし、「マイアカウントの概要」でレバレッジを変えたいアカウントをクリックしてください。

レバレッジにある「鉛筆マーク」をクリックします。

レバレッジ設定の変更方法

希望のレバレッジを選択して「リクエスト送信」をクリックすると、変更完了です。

まとめ

レバレッジについて、理解していただけましたか?

同じロット数、同じpips数であれば、損益はレバレッジとは関係がありません。
レバレッジが大きい方が、負けた時の損失が大きくなる訳ではないのです。

ハイレバレッジは危険だと思っている方もいますが、

  • 少ない資金で取引できる
  • 証拠金に対して大きなロット数で取引ができる
  • 証拠金維持率を上げてリスクを軽減できる

などのメリットがありますが、レバレッジを低くするメリットはありません。

ハイレバレッジは怖いという方も、ポジション量を調整して、実効レバレッジを下げれば良いだけです。XMを利用するのであれば、レバレッジ888倍に設定して、小額で大きな利益をあげるトレードスタイルがおすすめです。

ただし、負けたときに熱くなって、掛け金を上げて取り返したくなるような方は、ハイレバレッジが設定できない国内のFX業者を利用することがリスクの軽減につながります。

証拠金に対して適切なロット数を守ることができれば、ハイレバレッジはトレーダーにとって、不利になることはありません。

ハイレバレッジをうまく活用して、資金効率の良いトレードを実践しましょう。

新規口座開設ボーナスがもらえるよ!
XM(XMTrading)の詳細はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました