XM(XMTrading)の取引時間と通貨ペア

XMの取引時間は、基本的に月曜日の早朝から土曜日の早朝までですが、時期によってサマータイムが導入されたり、祝日や年末年始などには時間の変更や休場があります。

いつもと同じように取引していたら、「突然相場が大きく動いて大きな損失を出してしまった」なんてことのないように、取引時間についても把握しておきたいですよね。

今回は、XM(XMTrading)の取引時間、休場や時間変更する時期、市場の活発な時間帯や避けたほうがいい時間などをご紹介します。

取引時間の変動について知っていると、リスク回避にも繋がりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

XM公式サイト

外国為替市場

外国為替市場は、土・日曜日を除いて24時間、ウェリントン市場に始まり、シドニー、東京、香港・シンガポール、ロンドン、ニューヨーク、と市場が移動します。

「外国為替市場」といっても、特定の場所があるわけではなく、その時間帯に取引が活発に行われている市場のことで、はっきりとした時間の分かれ目はありません。

世界中どこかの市場で、常に為替取引が行われていますが、「ロンドン、ニューヨーク、東京」3大市場と言います。

市場の特徴

各外国為替市場では、開場時間や参加者によって、さまざまな特色があります。どの時間帯でも取引に参加することは可能ですが、それぞそれの特徴にあわせて、時間ごとに戦略を変えるトレーダーもいます。

東京(日本)

仲値が決まる午前10時近くになると、市場の動きが活発になっていきます。その1時間後くらいからは、シンガポールや香港も加わり、取引も賑わいます。輸出入などの、国内実需筋が動きやすい時間帯です。

仲値:旅行時の両替所や銀行などが、その日の市場の相場展開を見ながら、その日の仲値を設定し、これに手数料を加えたものを取引用に提示する

また、午前10時頃は、「仲値」を狙った投機的な動きが出ることもあります。

ロンドン(英国)

ロンドン時間は、東京とニューヨークの間の時間帯であることから、世界最大のマーケットとなっています。

東京時間では、相場の動きがあまりなかったのに、ロンドン時間に入ったとたん、突然大きく動くことはよくあります。

また、ヨーロッパ圏も同様に動き始めるので、ポンドやユーロなどのクロス取引も活気づきます。

ニューヨーク(米国)

ニューヨークは、ロンドンの次に多い取引高です。経済指標は、日本時間の午後10:30(夏時間は午後9:30に発表されるので、日本やロンドンの参加者も注目しています。

日本時間の午前7時(夏時間は午前6時)は、決済する日が変更になるので、取引は少なくなります。

XM(XMTrading)の夏時間(サマータイム)導入時期

XMの取引時間には、夏時間(サマータイム)冬時間(通常時間)の2つの時間帯があり、夏時間と冬時間が入れ替わることで、月曜日の取引開始時間と土曜日の取引終了時間が異なります。

サマータイム:日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に、時計の針を1時間進め、太陽の出ている時間帯を有効に利用する時間制度。

XMの夏時間(サマータイム)は、イギリスのサマータイムに合わせて導入され、「3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まで」です。

2021年は、3月28日よりXMのMT4・MT5の表示時間がGMT+3に切り替わりますので、3月28日以降は、チャートの表示時間に「+6時間」すると、日本時間になります。

 期間取引可能時間チャートの表示
夏時間3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まで月曜日06:05~土曜日05:50月曜日23:05〜土曜日22:50
冬時間10月の最終日曜日午前1時 ~3月の最終日曜日午前1時まで月曜日07:05~土曜日06:50月曜日00:05〜土曜日23:50

休場中は、取引をすることができませんが、持っているポジションの決済もできなくなります。

ただし、チャート上での表示には変化がありません。また、経済指標の発表日時も、夏時間と冬時間で1時間の時差が発生するので注意しましょう。

サマータイムの注意点

  • 夏時間と冬時間で1時間ズレが生じる
  • 経済指標の発表日時も夏時間は冬時間よりも1時間早くなる
  • チャートの表示時間は変わらない

ちなみに、サマータイムの導入時期は、国によって異なります。
サマータイム開始日は1日23時間、終了日は1日25時間です。

アメリカ、カナダ、メキシコ(一部除く)

開始日:3月の第2日曜日午前2時
終了日:11月第1日曜日午前2時

ヨーロッパ各国(一部除く)

開始日:3月最終日曜日午前1時
終了日:10月最終日曜日午前1時

オーストラリア(州によってサマータイム導入)

開始日:10月最終日曜日午前2時
終了日:翌年3月最終日曜日午前3時

ニュージーランド(一部除く)

開始日:9月最終日曜日午前2時
終了日:翌年4月第1日曜日午前3時

XM公式サイト

MT4/MT5のチャート表示

MT4/MT5を使っていて、「表示時間が日本時間と違うから分かりにくい」と思ったことはありませんか?

MT4/MT5のチャート時間は「ニューヨーク時間」で表示されているので、GMT+2(夏時間の場合はGMT+3)となります。

GMTとは、Greenwich Mean Time の略で、グリニッジ標準時のことです。

NY時間は、イギリスより2時間or3時間の時差があるということです。日本はGMT+9で、イギリスとは9時間の時差があります。

そのため、(GMT+9)-(GMT+2or GMT+3)で計算すると、夏時間(サマータイム)は6時間、冬時間は7時間の時差が発生することがわかります。

夏時間(サマータイム)
→MT4/MT5の表示時間+6時間
冬時間(通常時間)
→MT4/MT5の表示時間に+7時間

計算はわからなくても問題ないし、
夏は+6時間、冬は+7時間だけ覚えておこう!

計算するのが面倒だという場合は、インディケーターを使うと、簡単に日本時間をMT4/MT5に表示させることが可能です。

MT4の表示時間を日本時間に変更する方法

MT4/MT5の表示時間を日本時間に変更するためには、インジケーターを導入します。

日本時間を表示させるインジケーターはいくつかありますが、FXトレーダーのfaiさんがリリースしている「JPN_Time_SubZero」の導入方法をご紹介します(無料)。

まずは、JPN Time SubZeroをクリックして、ダウンロードして下さい。
※ダウンロードは、自己責任でお願いします。

日本時間の表示インジケーター

ダウンロードしたら、MT4を起動して「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

データフォルダが開いたら、「MQL4」→「Indicators」の順にフォルダを開き、ダウンロードした「JPN_Time_Sub」をドラッグ&ドロップで移動させます。

その後、1度MT4を閉じて、再起動してください。

再度、MT4を表示させると「挿入」or「ナビゲーター」にある「インジケータ」の中に「JPN_Time_SubZero」が追加されています。

時間を設定する

ドラッグ&ドロップすると設定画面が開くので、

  • Time_differenceを「夏時間なら6」「冬時間なら7」に設定
  • 「DAY」「HOUR」「Zero H」をすべて「true」に変更
MT4で日本時間の表示をする

これで、日本時間の設定完了です。

「JPN_Time_SubZero」の詳細設定
  • TimeInterval:指定したローソク足の本数毎に時間表示
  • UseLocalPCTime:使用PCの時刻表示を自動で反映
  • Time_Difference:GMT±の時差設定
  • MINUTE:分の表示・非表示
  • SECOND:秒の表示・非表示
  • ARROW:時刻の上の矢印の表示・非表示
  • NewLine:2行表示させるかどうか
  • GridColor:グリッドの色
  • FontSize:表示する文字サイズ
  • TextColor:表示する文字色
  • UseColorGrid:特定時刻のグリッド色の変更
  • Use12Hour:trueは12時間表示、falseは24時間表示

MT5の表示時間を日本時間に変更する方法

MT5でも、インディケーターを使えば、簡単にチャートに日本時間を表示させることができます。

MT5用のインジケーターも複数ありますが、おすすめは「FXmt日本時間、MT5版」というインディケーターです。

こちらは設定不要なので、導入するだけで稼働します(無料)。ただし、インディケーターをダウンロードする際に、メールアドレスと名前の登録が必要です。

※スマホのMT4/MT5は、日本時間表示に変更することはできません。

XM公式サイト

XM(XMTrading)の通貨ペアの取引時間

XMの通貨ペアの取引可能時間は、通貨ペアにRUB(ロシアルーブル)が含まれているかどうかで異なります。

 RUBを含まない通貨ペアRUBを含む通貨ペア
夏時間月曜日06:05~土曜日05:50月曜日15:05~金曜日23:55
冬時間月曜日07:05~土曜日06:50月曜日16:05~土曜日24:55

MT4/MT5の表示時間は、RUBを含まない通貨ペアが月曜日00:05~金曜日23:50、RUBを含む通貨ペアが月曜日09:05~金曜日17:55です。

取引で注意が必要な時間帯

相場は、基本的に平日は24時間動いているので、自分の生活スタイルに合わせて取引できるのが、FXの魅力の1つです。

しかし、時間帯によって、それぞれ特徴がありますので、何も知らずに同じように取引していると、大きな損失になってしまう可能性もあります。

時間帯の特徴を把握して、少しでもリスクを減らしていきましょう。

  • クリスマスや年末年始、祝祭日の取引時間
  • 経済指標発表時
  • オセアニア時間(平日午前7時~午前8時)
  • 土日のポジション持ち越し

クリスマスや年末年始、祝祭日の取引時間

クリスマスや年末年始、祝祭日には取引時間が変わることがあります。時間の変更がなくても、流動性が低下するので、スプレッドも広がりやすくなったり、相場が大きく動くなど、いつもと違う動きをすることもあります。

日本だけではなく、世界の祝日にも目を向けましょう。

2020年~2021年のクリスマス・年末年始

クリスマスと年末年始については、休場になるので、取引することはできません。また、この期間は日本語サポートも休業になります。

詳しい日程については、毎年XMからメールでお知らせが届きます。

2020年~2021年取引時間サポート窓口
2020年12月24日(木)25日の1:50閉場日本語サポートは休業
英語サポートは15:00~3:00
2020年12月25日(金)休場休場
2020年12月28日(月)~12月30日(水)通常時間通常時間
2020年12月31日(木)1日の1:50閉場15:00~3:00
2021年1月1日(金)~1月3日(日)休場休場
2020年1月4日(月)通常時間通常時間

相場の動きがいつもと違うから
12月はまったくトレードしないトレーダーさんもいるよ

世界各国の祝祭日で取引時間が変わる

祝日に関しては、土曜日早朝から月曜日早朝の休場時間でなければ、普通に取引を行うことができます。ただし、XMでは、アメリカやヨーロッパなどの祝祭日で、取引時間が変わることがあります。

たとえば、イースター(4月)や春節(1月~2月)は、銘柄によって休場になります。

取引時間の変更は、メールや公式サイトで確認することができます。

ゴールデンウィークなど日本の祝日の取引

日本の祝日は、ゴールデンウィークやお盆などの大型連休期間中でも相場は動いているので、XMに限らず、どこのFX業者でも取引は可能です。

ただし、日本の祝日の場合、日本語チャットは利用できない場合がありますので、何かあればメールで問い合わせをして下さい。

また、銀行などが休みになると、入出金できない可能性があります。特に大型連休前は、証拠金などに不安がある場合は、早めに準備しておきましょう。

経済指標発表や要人発言

アメリカの雇用統計や政策金利などの経済指標発表や要人発言の時は、相場が大きく動きやすく、リスクが高くなります。

ただのギャンブルになってしまわないように、しっかりと戦略を立ててトレードしましょう。

私は、大きな経済指標発表の5~10分前には
必ず保有ポジションを決済しているよ。指標発表は要チェック!

オセアニア時間(午前7時~午前8時)

オセアニア時間は、日本時間の午前4時~午後3時ですが、その中でも午前7時~午前8時は、取引には向いていません。

「ニューヨーク、ロンドン、東京」の3大市場がすべて閉場しているので、取引量も少なく、スプレッドが広くなりやすいうえ、些細なことで大きく値動きすることもあります。
特に、月曜日の朝は要注意です。

土日のポジション持ち越し

土曜日の早朝から月曜日の早朝までは、取引はもちろん、保有ポジションを決済することもできません。

そのため、たとえば30Pipsの位置に損切りを設定していて、土日に大きな経済ニュースの影響で̠-50Pips動いた場合、月曜日の早朝に相場が動き出したときのレートである-50Pipsで決済されてしまいます。

休場中は、何が起こっても対応できないので、ポジションの持ち越しには十分ご注意ください。

XM公式サイト

市場が活発な時間帯と通貨ペア

通貨ペア

為替市場は、ニューヨーク市場やロンドン市場が最も多くの参加者が集まります。

ニューヨーク市場ロンドン市場
夏時間:21時~5時開場
冬時間:22時~6時開場
夏時間:16時~24時開場
冬時間:17時~1時開場

2つの市場が開場している時間が、1日に3時間(夏時間:21:00~0:00、冬時間:22:00~1:00)だけ重なります。この時間帯が、最も取引の活発な時間で「ゴールデンタイム」と呼ばれています。

市場に参加しているプレイヤーが多いので、「通常よりも狭いスプレッドで約定する」「取引の流動性が高く、約定スピードが早くなる」などのメリットがあります。

日中は仕事があるという方も、参加しやすい時間帯なことは嬉しいですね。

ただ、参加者が多いことから、値動きが激しくなりやすいので、初心者は少し時間をずらして始めたほうが、落ち着いて取引できるかもしれません。

はじめは16時~22時(ロンドン時間からNY時間が始まるまでの時間帯)
が取引しやすいかもね。

また、通貨ペアは、ドル円やユーロドル、ポンドドル、ポンド円などのメジャーな通貨ペアを選ぶと、取引量も多くテクニカル分析が機能しやすいので、おすすめです。

休場中にもチャートが動く?

XMでは、取引開始時間(月曜日の早朝)にチャートが動くことがありますが、準備運動だと思って下さい。

チャートが動いても、取引ができることはありません。

【まとめ】XM(XMTrading)の取引時間

XM(XMTrading)のFX取引時間についてご紹介しました。

市場の特徴を理解して、夏時間(サマータイム)「3月の最終日曜日午前1時 ~10月の最終日曜日午前1時まで」を覚えておくだけでも、リスクの軽減につながります。

FXは24時間取引できますが、どの時間でも同じように取引していいのではありません。

東京時間はトレードしない人もいれば、レンジ相場になりやすい東京時間で、小さな利幅の取引を繰り返す人もいます。

あなたの生活スタイルやトレードスタイルに合わせて、最適な時間帯に取引を行い、利益を最大に増やしていきましょう。

取引時間もリスク管理の1つだね。

XM(XMTrading)の詳細はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました