理想のマイホームはどのタイプ?物件の種類の特徴を要チェック!

一言で家といっても、物件にはさまざまな種類があります。

暮らしのスタイルや予算に応じて、どんな物件がいいのか、それぞれの物件が持つ特徴を検証してみましょう。

建売住宅

不動産会社などが土地を仕入れ、そこに自社の建物を建築し、土地付きの建物として販売するのが建売住宅です。

1軒あたりの土地の広さを狭くすることで、価格も手ごろに設定され、住宅ローンなどの融資面でも、物件価格のほぼ100%まで利用することができるなど、購入条件が有利な面があります。

設備面では、比較的流行のものを取り入れることが多く、そのまま使用できる物件がほとんどです。

デメッリトとしては、建築価格を下げるために、量産品を使用することが多く、似たような雰囲気の建物になってしまいます。

また、都心部などで、敷地にある程度の広さを求める場合、かなり高額な物件になってしまいますので、価格面での魅力が薄れてしまいます。

中古住宅

中古住宅の魅了は、なんといっても価格が安いことです。同じ予算、同じ地域で新築分譲住宅と中古住宅を比べれば、当然ですが、中古住宅のほうが、敷地が広く大きな建物が購入できます。

また、実際に人が暮らしていた建物なので、暮らしやすいように改造されていたりします。

また、地域限定で物件を探す場合には、新築住宅よりも、中古住宅のほうが物件数が多いケースもありますので、地域を絞って家探しをする場合は、新築にこだわらず、中古物件も視野に入れると見つかりやすくなります。

中古物件のデメリットは、築年数の経過に伴う建物の老朽化です。前の所有者の使い方によっては、築年数が浅くても、痛みの激しい住宅もありますので、建物の状況をチェックしましょう。

権利関係や敷地の境界線が不明瞭な場合もありますので、十分な注意が必要です。

土地を買って家を建てる

土地を買って、ハウスメーカーで家を建てる場合、個性あふれる家を建てられますが、相当に割高になります。

また、支払い時期が数回に及び、住宅ローンの手続きが頻雑になります。どこまでの支払いを自己資金で賄えるのかにもよりますが、住宅ローンを利用する場合は、融資金を分割して、その都度、融資を実行してもらわなければなりません。

さらに、土地を先行して決済しなければならないので、土地代金として融資された分のローン返済が、入居前にもかかわらず、はじまってしまいます。

賃貸住宅に住んでいる場合には、家賃と土地代分のローン返済の二重負担になりますので、家計への負担が大きくなります。

マンション

比較的駅に近く、交通や生活に便利なところに建てられることが多く、価格も手ごろに設定されています。室内に階段がないので、一戸建てと同じ床面積でも、広さを有効に使えます。

マンションは、バリアフリー化が進んでいますので、高齢者や要介護者にとって暮らしやすい建物といえます。

デメリットとしては、玄関ドアや窓、ベランダなどには所有権がないので、勝手に取り替えることはできません。入居者用の駐車場も、多くの場合は、使用料が必要になります。

また、管理費や修繕積立金も必要になりますので、これらの維持費を考慮したうえで、住宅ローンの返済を考えなければいけません。

物件種類別メリット・デメリット

メリットデメリット
新築建売住宅・一等地でも価格が安い
・最新の設備が充実
・住宅ローンが利用しやすい
・画一的な作りで個性がない
・狭い敷地に建築するため、比較的日当たりが悪い
中古住宅・価格が安く、広い物件でも買いやすい
・物件数が比較的多い
・修繕の必要がある場合がある
・敷地境界線が明確でないことがある
・住宅ローンに制限がある
土地・建物別購入・個性を活かせる
・好きなメーカーで建てられる
・資金繰りが頻雑
・総額として割高になりやすい
新築マンション・利便性に優れている
・一戸建てよりも価格が安い
・共用設備が充実している
・管理費等の維持費が必要
・駐車場料金が別途必要
・原則、庭がない
中古マンション・専有面積の割に価格が安い
・マンションの管理体制が確認できる
・リフォームで新築並みの内装にできる
・管理費等の維持費が必要
・駐車場料金が別途必要
・原則、庭がない
・住宅ローンの制限がある

物件は早い者勝ち!

欲しい物件が決まったら、いよいよ購入の申し込みをしましょう。一般的に、一戸建て住宅や中古マンションの場合は、新築マンションと違って「申込証拠金」というものがありません。

購入申込書(買付証明書)に記名、押印し、契約に関する希望条件を記載するだけです。この申し込みをすることによって、その物件の交渉権を得ることになります。

販売中の物件は、週末になると多くのお客様が見学に行きます。1つの物件を多くの人が気に入ってくれた場合、一番条件のいい人に売りたくなりますよね。

しかし、それでは真剣に考えて早く申し込みをした人に失礼です。そこで、購入申込書を提出した順番で、交渉することができるようになっています。

たとえば、2組の購入希望者がいて、最初の申し込み者は値引きを希望し、2組目の申し込み者は定価での購入を希望しているとします。

この場合、最初に申し込みをした人に「別のお客様から定価での購入希望がありますが、予算は上げられませんか?」と話をします。ここで定価での購入ができないとなると、2組目の人と売主が交渉することになります。

高額な買い物になりますが、早い者勝ちなのです。購入を決めたら、早めに購入申込書を提出しましょう。

また、購入申込があった時点で、物件は売り止めになります。申し込みをした人との交渉結果が出るまでは、他のお客様はどうすることもできません。

申し込みを取り下げるとどうなる?

交渉が折り合わず、申し込みを取り下げても、ペナルティなどはありません。違約金などは一切かかりませんし、不動産会社に調査にかかった費用を払うこともありません。

だからといって、軽い気持ちで購入申込するのはやめましょう。

購入申込書に記載する内容

  1. 購入名義人の名前
  2. 住所
  3. 希望購入価格
  4. 希望する契約日時
  5. 住宅ローンの利用の有無と予定している借入金額
  6. 残代金の支払時期と引き渡し希望日
  7. その他、購入にあたって希望する内容(オプションのサービスなどあれば明記)
  8. 申し込む物件の概要

コメント

タイトルとURLをコピーしました