ステーブルコイン・匿名コインとは?Tether/Monero/DASH/ZCash等

ステーブルコイン・匿名コインとは?Tether/Monero/DASH/ZCash等

近年、暗号資産(仮想通貨)の価格上昇が続いているので、今まで以上に暗号資産(仮想通貨)に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

でも、「暗号資産(仮想通貨)は、価格の変動が激しすぎて危ないよ」という方もいらっしゃいます。そんな方でもして利用できる暗号資産(仮想通貨)が、ステーブルコインです。

ステーブルコインは、法定通貨に連動しているので、大きな価格変動が起こりにくい暗号資産(仮想通貨)です。

また、暗号資産(仮想通貨)には、匿名コインという個人情報が守られた通貨もありますので、合わせてご紹介します。

ステーブルコインとは?

法定通貨とは、円やドルなどのことを言いますが、その価値は短期間での変動は少なく、長期的には物価の変動に合わせて価値が変動します。

ペッグ通貨とは、他の通貨と価値を連動する(ペッグ)ことで、一定の価値を保つ通貨です。

暗号資産(仮想通貨)では、ペッグするコインのことをステーブルコインと呼びます。

ステーブルコインとは、法定通貨と比べた場合や、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)と比べても、価格変動による損失リスクを排除して、低コストでスピーディーな取引ができます。

テザー(Tether/USDT)

代表的なステーブルコインとして、米ドルに裏付けされた「テザー(Tether/USDT)」があります。

テザーは、米ドルのペッグ通貨で、米ドルに価値が連動していて、1USDT≒1USDで取引できるように、価格が安定しています。

この価格が安定しているのは、プルーフ・オブ・リザーブ(Proof of Reserve)を採用しているからです。

プルーフ・オブ・リザーブ

プルーフ・オブ・リザーブは、テザーの運営母体のTether Limited 社が保有する銀行口座に、法定通貨(ドル)を入出金すると、その額に応じたテザーが増減されるという仕組みです。

この、プルーフ・オブ・リザーブによって発行されたテザーと、入金された法定通貨の総額は、常に等しくなります。

テザーは、価格変動を抑えられた状態で、価値保存が可能です。そして、低コストでスピーディーに送金できる、といったメリットがあります。

ただし、ビットコインなどの非中央集権とは異なり、テザーには中央管理者が存在します。

そのため、中央管理者であるTether Limited社 が破綻した場合のリスク、中央管理者が不正を行うリスク、ハッキングされるリスクなどがあります。

日本円を担保にしたステーブルコイン

実は、日本円に連動している通貨もあります。LCNEMが、世界初の日本円を担保にした暗号資産(仮想通貨)を発行しています。

これは、前払式の支払手段で決済するため、プリペイドカードなどのように、法定通貨でポイントをあらかじめ購入します。

また、暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインなどを運営するGMOインターネットグループが、日本円のコイン「GYEN」を発行しました。

日本では、ステーブルコインの法規制が明確化されていないので、はじめは海外居住者を対象に発行されます。

世界中の取引所にステーブルコインが上場されていますが、一定の市場規模がある日本で取扱いがないのは、なんとも言えない状況です。

世界各国のステーブルコイン

テザー(Tether/USDT)は、米ドルに連動したペッグ通貨(ステーブルコイン)ですが、USDC、TUSD、BUSDなどの通貨もあります。

他にも、ユーロに連動した通貨「EURT」や、中国人民元に連動した「CNHT」など、さまざまな種類の通貨があります。

匿名コインとは?

匿名コインとは、プライバシーに配慮した暗号資産(仮想通貨)のことで、海外ではプライバシーコインとも呼ばれています。

通常、ブロックチェーンには、送金元・送金先のアドレスと送金額などが公開されていますが、氏名などの個人情報が公開されることはありません。

しかし、ビットコインなどのトランザクション(取引履歴)を追っていくと、どのアドレスが誰のもので、どれだけの資産があるのか、ある程度わかります。

つまり、財布の中身、銀行口座の送金額や残高まですべて公開されている状態です。このような情報を知られたくないという人がほとんどだと思います。そのため、匿名コインが支持を集めています。

以前は、コインチェックにも匿名コインが上場されていましたが、金融庁からの指導によって廃止されました。

匿名コインの種類

匿名コインには、いろいろな種類がありますが、代表的なMonero(モネロ)、DASH(ダッシュ)、ZCash(ジーキャッシュ)をご紹介します。

Monero(モネロ)

モネロは、2014年に公開された暗号資産(仮想通貨)で、通貨単位はXMRです。モネロは、匿名性の高い電子署名技術(リング署名)を利用して、通貨の匿名性を高めています。

リング署名を使って送金する際は、複数人のグループの中で1回だけ有効な、ワンタイムアドレスが発行されます。

さらに、そのアドレスが暗号化した状態で署名が行われて、送金されます。

そのため、グループの中の誰かが送金したことはわかりますが、その中の誰が送金したのかはわかりません。

DASH(ダッシュ)

ダッシュは、2014年に公開された暗号資産(仮想通貨)で、決済速度が1.3秒と、とても速いです。通貨単位もDASHです。

送金されるときに、いったんブロックチェーン上にプールされて、分割されます。そして、新たな組み合わせとなって送金先に送られます。

送られたダッシュは、複数のダッシュを組み合わせたものなので、誰から送金されたのか、わかりにくくなります。

ZCash(ジーキャッシュ)

ジーキャッシュは、2016年に公開された暗号資産(仮想通貨)で、通貨単位はZECです。

ジーキャッシュは、ゼロ知識証明という技術を用いて、通貨の匿名性を保っています。簡単に言うと、知識ゼロでも取引が正しいことを証明する技術です。

取引に使われるアドレスやこれまでの取引履歴、取引数量まですべて匿名にすることが可能で、モネロやダッシュよりも匿名性が高いと言われています。

匿名コインは良いもの?悪いもの?

お金の利用履歴が、すべて公開されているというのは、あまり気持ちのいいものではありません。匿名コインでプライバシーが守られるのなら、そのほうがいいと思う方も多いと思います。

しかし、残念ながら、こうした匿名性が悪用される可能性も否定できません。

「お金の流れや資産は公開されてしまうけれど、犯罪に使われにくい暗号資産(仮想通貨)」と「お金の流れや資産は公開されないけれど、犯罪に比較的使われやすい暗号資産(仮想通貨)」。

どちらがいいかと言われたら、犯罪に使われにくい通貨の方が良いのではないでしょうか。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

取扱通貨の種類が豊富(国内最多の16種類):コインチェック公式サイト

取引手数料・即時入金手数料・送金手数料がすべて無料:BITPOINT公式サイト

手数料が安い世界最大級の取引所:バイナンス公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました