ビットコイン(bitcoin)の仕組みとは【仕組みの概要】

ビットコイン(bitcoin)の仕組みとは【仕組みの概要】

ビットコイン(bitcoin)の仕組みは、非常に細かくて複雑です。そのため、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

まずは、ビットコインの仕組みをご紹介するので、全体像を把握していただければと思います。

ビットコインの実態とは

ビットコインには、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳があります。

ビットコインの実態とは、端的に言えば、この台帳に記載された記録なのです。これは難しい話ではなく、身近な例を挙げれば銀行も同じなのです。

ブロックチェーンと呼ばれる台帳に、どこにどれだけのビットコインがあるのかが記録されます(厳密には、ビットコインの移動履歴が記録されます)。

また、この台帳に記録されたもののみが、実際に存在するビットコインです。逆に言えば、台帳に記録されていないビットコインというものは存在しません。台帳の記録=ビットコインなのです。

ブロックチェーン(台帳)はどこにある?

ブロックチェーンは、特定の場所に保管されている訳ではありません。ブロックチェーンは公開されていて、ビットコインのネットワークに参加する、世界中のコンピューターがコピーを保有しています。

これはP2P(ピア・ツー・ピア)という技術で、どのコンピューターも管理者とはならず、並列に接続されているところが特徴です。

並列の関係ではない場合、サーバー(中央管理者)に問題が生じると、途端にサービス全体が利用できなくなってしまいます。P2Pでは、サーバーがないため、サービス全体が停止することがありません。

また、一部のコンピューターが故障したり、破壊されても、世界中にあるコンピューター全てが使用できなくならない限り、ビットコインが消えることはありません。

世界中の全てのコンピューターから、ブロックチェーンを消すことは不可能なのです。

ブロックチェーンにはどんな情報があるの?

ブロックチェーンには、取引情報(トランザクション)が記録されています。

残高ではなく、移動の履歴を記録しているのです。ビットコインは、2009年の運用開始~現在まで、すべてのビットコインの移動が、ブロックチェーンに記録されています。

そのため、現在どのアドレスにどれだけのビットコインがあるのかが分かる仕組みになっています。

なお、ブロックチェーンは公開されていますが、ブロックチェーンに記載されているのは、送金元・送金先のビットコインアドレスと送金額などに限られていますので、氏名などの個人情報が公開されることはありません。

ブロックチェーンのチェーン構造

ブロックチェーンは、ブロックと呼ばれる単位に細分化されています。

ブロックは、取引台帳の1ページ分になります。このブロックが数珠つなぎ(チェーン状)の構造をブロックチェーンと呼びます。新たなブロックが追記され、ブロックチェーンはどんどん長くなっていきます。

ブロックチェーンは公開されているので、誰でも見ることができます。以下のサイトでブロックチェーンの内容を検索・表示することができますので、実際に見てみるとイメージがつかめると思います。

Blockchain.com – The Most Trusted Crypto Company

ブロックチェーンはどうやって更新されるの?

ブロックチェーンは、取引が発生するたびに更新されます。ATMで自分の口座に入金すると、その情報が銀行の台帳に反映されるのと同様です。

例えば、田中さんが、1BTCを井上さんに送金するとします。

田中さん Aアドレス:1BTC保有

          ↓送金

井上さん Bアドレス:0BTC保有

田中さんは、自分の持っているウォレットで、Bアドレスへの送金操作をします。すると、送金依頼情報が、バケツリレー方式でビットコインのネットワークに伝わっていきます。

この時点では、送金依頼をしたというだけで、送金は完了していません。

また、送金時には、トランザクション手数料という費用を任意に支払うことができます。これは、ビットコインシステムに支払うチップのようなものです。

ビットコインのデメリットとして、着金が遅いことがありますが、トランザクション手数料を高めに設定すると、着金が早くなるのが一般的です。

しかし、ウォレットが自動で適切な額を設定することが多いので、あまり意識することはありません。

送金依頼は、世界中で次々と発生しています。全ての送金依頼が同じ要領で、ビットコインのネットワークに伝わります。

そしてここで、マイナーと呼ばれる人が登場します。

マイナーとは、送金依頼情報を受け取って、ブロックチェーンに追記する人です。しかし、ビットコインには中央管理者がいませんので、特定のマイナーが、台帳に追記する訳ではありません。

その仕組みとは、

ある方法で、台帳を更新するマイナーが世界中の中から1人選ばれます。具体的には、解くのには時間がかかり、答え合わせは一瞬でできる問題が出題され、それを世界で一番最初に正解したマイナーがブロックチェーンを更新することができます。

選ばれたマイナーは、送金依頼情報を更新します。追記できるのは1回だけです。ブロックチェーンに追記したマイナーは、報酬としてビットコインを受け取ります。これが、マイナーのインセンティブです。

追記されたブロックチェーンは、ビットコインのネットワーク全体に送信され、ネットワーク上の全てのブロックチェーンのデータが更新されます。そしてこのサイクルが10分毎に繰り返されています。

マイナーが、田中さんの送金依頼を、ブロックチェーンに書き込むと、送金完了(着金)です。ブロックチェーンに送金依頼の内容が書き込まれると、初めてビットコインが送金されます。ビットコインの送金が10分以上かかるのはこのためです。

 少々ややこしいですが、理解していただけましたでしょうか。ビットコインの仕組みを知らなくても取引することはできますが、大まかな仕組みを理解しておきましょう。

おすすめの暗号資産/仮想通貨取引所

暗号資産(仮想通貨)取引所には、それぞれ特徴があります。暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際には、サービスの使いやすさや取扱通貨の豊富さ、手数料、セキュリティなど、総合的に判断することが重要です。

コインチェック(Coincheck)

コインチェックは、2012年に創業された、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する取引所です。

取り扱い銘柄は、16種類と国内最多で、国内ではコインチェックでしか取り扱っていない通貨もあります。

さらに、スマホアプリの利便性が高く、ダウンロード数は国内第1位。初心者でもパソコンが無くても本格的な取引ができます。また、マネックスグループの運営なので、セキュリティ面でも安心です。

取扱い通貨数、アプリの使いやすさ、手数料の安さ、セキュリティなど、総合的に見てもコインチェックはオススメの暗号資産(仮想通貨)取引所です。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所を利用するなら、コインチェックは外せません。

コインチェックの特徴

  • 取扱い通貨:国内最多の16種類 // BTC / BCH / ETH / ETC / LTC / LSK / XRP / XEM / FCT / QTUM / XLM / MONA / BAT / IOST / ENJ / OMG
  • 取扱手数料:取引所 / 無料 、 販売所 / スプレッド
  • 最小発注数:最低購入額500円 / ビットコインでの最低購入額0.001BTC
  • セキュリティ:コールドウォレット / マルチシグ / 2段階認証 / SSL
  • スマホ対応:初心者にもわかりやすくて使いやすい

コインチェック公式サイトはこちら

バイナンス(BAINANCE)

バイナンスは、2017年7月に設立された比較的新しい、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

バイナンスの利用者数は、世界で1,000万人以上、24時間取引高ランキングは常に上位の、世界では知らないトレーダーがいないほど、有名な取引所です。

一時期は、日本語サービスが停止されていましたが、2020年に日本語での対応が復活したので、言葉が不安という方でも安心して利用できます。

また、1日2BTCまでの出金であれば、メールアドレスとパスワードを設定するだけで、簡単に口座を開設できるので、すぐに取引を始められます。

バイナンス(BAINANCE)の特徴

  • 取扱い通貨:260種類以上、取引通貨ペアは500種類以上
  • 取扱手数料:一律0.1%
  • 最小発注数:0.001BTC
  • セキュリティ:コールドウォレット / マルチシグ / 2段階認証 / SSL
  • レバレッジ:最大125倍
バイナンスの登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました