DeFi(ディーファイ)とは ? 特徴や稼ぎ方をわかりやすく解説!

DeFi(ディーファイ)とは ? 特徴や稼ぎ方をわかりやすく解説!

2018年に誕生したDefi(分散型金融)が、2020年には市場を拡大し、現在も驚異的なスピードで成長し続けています。

暗号資産(仮想通貨)に関するニュースなどで、1度は「Defi」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

DeFiとは、基本的にイーサリアムのスマートチェーンをベースにした分散型のアプリケーションです。高い収益性を狙うことができるため、大きな注目を集めています。

そこで今回は、Defiのメリットやデメリット、Defiのサービスや稼ぐ方法などを解説したいと思います。

DeFiの基礎を理解し、Defiの世界に足を踏み入れてみましょう。

バイナンス公式サイト

Defi(ディーファイ)とは?

DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの略称で、分散型金融という意味です。分散型金融とは、中央集権的な管理者なしで、金融サービスを提供する仕組みのことを言います。

たとえば、誰かにお金を送金したり貸し借りする場合、銀行などの金融機関が間に入って、手続きや管理をしてくれます。

基本的には、自分も相手も銀行口座を持っている必要があります。日本では、銀行は信頼されていますが、海外では銀行が信頼できない国もありますし、世界人口の1/3は銀行口座を持っていません。

また、米ドルの交換レートが決まっている国があるなど、金融サービスが自由にならない地域も存在します。さらに、金融機関には、システムダウンやハッキングなどのリスクがあり、高額な送金手数料も必要となります。

DeFiでは、銀行などの金融機関の管理者がいないので、国の規制や銀行などの倒産リスクもありません。ただし、資産の管理は自分で行う必要があります。

※現在は、管理主体や団体がいるサービスでもDeFiに分類されることもあります。

Defiのメリット

ユーザーは、P2P方式の分散型アプリを通してエコシステムにアクセスすることが可能になるので、ユーザー自身が資産を管理できるようになります。

そのため、金融機関がいなくても取引をすることができます。これは、現在の金融システムを利用できない人にとって大きなメリットです。

P2P:peer-to-peer(ピア・トゥー・ピア)の略で、同格のもの同士のネットワークシステム

さらに、ブロックチェーンを利用するDeFiは、第三者を介さずに当事者間で直接取引を行うため、余計な仲介料がかからない分、コストを大幅に削減でき、低所得者も様々な金融サービスを利用することが可能となります。

Defiは、利用する際に審査などはなく、所得や住んでいる地域に関係なく、誰でも利用することが可能です

DeFiのデメリット

Defiには、管理者がいないため、トラブルが発生した場合にも補償制度はありません。誤操作などで送金を間違ったとしても、すべてユーザーの自己責任になります。

また、Defi技術に対する期待は高いのですが、誕生して間もないシステムのため、実績が多くありません。にもかかわらず、海外ではあまりの過熱ぶりから「Defiバブル」とも言われ、バブル崩壊を危険視する声もあります。

DeFiでは、必ずしも全てのプロジェクトが上手くいっているわけではありません。プロジェクトの中には、わずか数週間で暴落するトークンもあり、トークン価格が5分で4000ドルから1ドルまで暴落した事例もあります。

DeFiとイーサリアムの関連性

DeFiサービスを提供する多くのアプリケーションは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されています。

スマートコントラクトを実現するイーサリアムは、取引だけではなく、分散型アプリケーションを開発しやすいという特徴があります。

スマートコントラクトは、条件に合致した時に、自動的に取引を実行します。そのため、資産の移動や取引を行う際に、金融機関を挟む必要がなく、スピーディな金融資産取引が可能となります。

Defiは、このスマートコントラクトの仕組みを活かしています。イーサリアムを利用したDeFiサービスは、既に200を超えていて、今後もさらに同様のサービスが増えていくと予想されます。

DeFiの種類

DeFiにはどのようなサービスがあるのでしょうか。

Defiprime.comによると、イーサリアムベースでは200以上のプロジェクトがあるとされています。DeFiのカテゴリーは、融資や保険、通貨などに分類されています。その中で代表的なものをご紹介します。

  • DEX
  • レンディングプラットフォーム
  • イールドファーミング
  • 流動性マイニング
  • 分散型保険
  • 分散型デリバティブ
  • 分散型ペッグ通貨
  • マネー・レゴ

DEX

DEXとは、Decentralized Exchangeの略称で、スマートコントラクト機能を利用してつくられる管理者のいない分散型取引所です。

スマートコントラクトとは、契約条件の締結や履行がプログラムによって自動で実行される仕組みです。

DEXでは、イーサリアム上のスマートコントラクトによって、金融に関する手続きが自動化されているので、取引所を運営するための人件費を削減することが可能です。

人が介入しないので、ユーザーの資産を不正に流用される心配もありません。

また、運営状況はすべての参加者に明かされているので透明性が高く、ブロックチェーンによって、外部からのハッキング攻撃にも強いという特徴があります。

ただし、管理者がいないので、問い合わせ先がありません。操作を間違って、誤った送金先に暗号資産(仮想通貨)を送ってしまうと、暗号資産(仮想通貨)が戻ってこないリスクがあります。

現在、DEXとして運営されている代表的な暗号資産(仮想通貨)取引所が「Uniswap(ユニスワップ)」です。登録は、誰でも無料で行うことができます。

イーサリアムをベースに発行されているトークンを別のトークンに交換したり、他の相手との間で、トークンやイーサリアムを送受信したりする取引の手続きは、すべて自動化されています。

DEXでしか取引されていない暗号資産(仮想通貨)が、大手の暗号資産(仮想通貨)取引所に上場すると、値上がりが期待できるため、DEXでしか取引できない段階で保有していると、大きく儲けることができます。

ちなみに、従来の取引所は、CEX(Centralized Exchange)と呼ばれています。

レンディングプラットフォーム

レンディングプラットフォームは、暗号資産(仮想通貨)の融資や借金を申し込めるというシステムです。

スマートコントラクトで、これらの手続きを自動化させ、取引所や銀行などが手続きにかからわない仕組みです。

現在、Defiのレンディングプラットフォームにおいて、代表的な存在が「Compound(コンパウンド)」です。

Compoundでは、融資の仲介を行い、需給に応じたレートを両者に提示します。預けた資産は、データベースとして金銭価値を保存できるブロックチェーンの透明性のもと、コントラクト上で管理されます。 

返済期日になると、スマートコントラクトの力で、元本や利息の返済が無人で自動的に行われます。

Compoundのライバル的な存在として、「AAVE(アーヴェ)」というのもあります。

イールドファーミング

イールドとは、利回りのことです。イールドファーミングとは、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)をプラットフォームに預けることによって、流動性を提供する見返りに、利息を獲得できる(ファーミング:収穫)行為のことをいいます。

つまり、誰でも暗号資産(仮想通貨)を融資する銀行のような立場になれるということです。

レンディングプラットフォームでは、ユーザー間で直接、暗号資産(仮想通貨)の貸し借りを行うわけではありません。貸したい人は、ブロックチェーン上に暗号資産(仮想通貨)を預けます。

これを暗号資産(仮想通貨)の「ロック(保管)」といいます。ロックされた暗号資産(仮想通貨)の中から、借りたい人が自由に借りていきます。

そして、借り手が支払った利息を、貸し手が受け取ることができます。

つまり、誰もが銀行のように暗号資産(仮想通貨)を融資して利益を上げられる仕組みが、ブロックチェーンによって実現できています。

イールドファーミングは昔からありましたが、多くのDefiサービスが、資産の提供者に対し、新規発行のガバナンストークンをインセンティブとして付与する「流動性マイニング」を始めたことで、再注目されています。

流動性マイニングの登場によって、イールドファーミングは、数十~千%を超える異常な高さの年利(APR)を提供できるようになりました。

これが、Defiバブルの発端となっています。

流動性マイニング

流動性マイニングとは、Defiの仕組みに、自分が所有する暗号資産(仮想通貨)・トークンを提供し、スムーズな運営に貢献することによって、報酬を受取ることをいいます。

たとえば、DEXのユーザーが、流動性プールと呼ばれるブロックチェーンの場に、自分のトークンを預けて、他のユーザーの取引がスムーズに進みやすくするなど、DEXの運営に貢献すると、自動的に報酬が支払われます。

なぜなら、DEX上で、ある暗号資産(仮想通貨)を買いたい人がいても、在庫が切れていれば、取引ができなくなってしまうからです。

このため、自分の保有するトークンを流動性Poolに預けて、それを使って取引をしてもらうという仕組みが必要となります。

流動性Poolとは、DEXが預かっている暗号資産(仮想通貨)の在庫のようなイメージです。

これが、レンディングプラットフォームとしても活用すれば、貸した暗号資産(仮想通貨)の利息に加えて、流動性マイニングの報酬もダブルで受け取れる場合があり、利回りが良い投資方法として、非常に注目を集めています。

Compound(コンパウンド)でいうと、暗号資産を貸し出している人が、利息以外にCompoundのガバナンストークンである「COMP」を受け取ることが、流動性マイニングです。

分散型保険

Defiでは、スマートコントラクトの力で、保険の仕組みも非中央集権化・自動化させることができます。端的に言うと、暗号資産(仮想通貨)の世界では、保険会社が不要です。

その代表格が「NexusMutual(ネクサスミューチュアル)」です。

NexusMutualの保険が主にカバーするのは、ハッキングによる金銭的な損害です。加入者からの被害申請があったとき、保険金を支払うべきかどうかは、専用トークン「NXM」の所有者による投票行動によって決められます。

このような新しいサービスも出てきているので、今後の動向が注目されています。

分散型デリバティブ取引

デリバティブ取引とは、将来の売買の権利について取引をするものです。

たとえば、豊作になると過剰供給となり、値下がりしやすい作物があるとします。農家が前もって、「来年の4月に100円で売ります」という契約を購入者と事前に結んでおけば、作物の値下がりリスクから守ることができます。

これは、先物取引というデリバティブ取引です。

他にも、エアコンやビールなど、冷夏になると売り上げが下がる商品がありますが、天候デリバティブを組んでいると、異常気象が原因で売り上げが下がったときに、保証金を受け取る権利が与えられるので、経営者は救われます。

このようなデリバティブの権利そのものを、自由に売買することもできます。
このデリバティブ取引は、Defiによって暗号資産(仮想通貨)の世界でも、自動で行えるようになりました。

取引価格の変動が激しい暗号資産(仮想通貨)を、デリバティブ取引で売った場合、将来値下がりしても、リスクを抑えることができます。

分散型デリバティブ取引ができるDEXとして注目されているのが、「Synthetix(シンセティックス)」です。Synthetixでは、FXや日経平均などのインデックス、原油、ゴールドなど、多種多様な資産の値動きと連動する独自トークン「SNX」を発行しています。

デリバティブもその選択肢のひとつです。Synthetixは、アメリカのベンチャーキャピタルから12億円の資金提供を受けており、新しい経済の形として、話題になっています。

分散型ペッグ通貨

暗号資産(仮想通貨)は、値動きが激しいので、投機として人気があります。しかし、お金として使う場合には、値動きが激しい通貨はリスクが高く、暗号資産(仮想通貨)を使用したものやサービスの購入をためらう人がいます。

せっかくビットコイン決済で商品を買っても、その後すぐにビットコイン価格が急上昇したら損をした気分になってしまいますよね。

そこで、比較的変動の少ない米ドルや日本円など、国が発行する法定通貨の価格と、一致するように調整された暗号資産(仮想通貨)があります。これをペッグ通貨(ステーブルコイン)といいます。

このペッグ通貨を企業や国が関与せず、非中央集権・分散型で自動的にペッグ通貨(ステーブルコイン)をつくる動きが加速しています。

企業や国が関与しないステーブルコインを作ることができれば、暗号資産(仮想通貨)での買い物が、わかりやすく、安心できるものになります。

また、消費者は、金融機関やクレジット決済業者などが設定している、不透明で高額な手数料を支払う必要がなくなります。

関連記事:安定価格の暗号資産/仮想通貨【テザー(Tether/USDT)】は安全?

マネー・レゴ

Defi関連の分散型アプリは、オープンソースのプログラム(公開されていて、誰でも閲覧できる)で組まれています。

そのため、プログラミングに詳しい人なら、レゴブロックで家などを作る感覚で、すでにあるプログラムの部品をいくつか組み合わせて、新しい分散型アプリを開発して、公開することが可能です。

マネー・レゴが可能な、Defiで代表的なものが「Instadapp(インスタダップ)」です。設定次第で、さまざまなDefiサービスをInstadappのアプリ1つから利用できます。

Defiで利益を得る方法

Defiで利益を得る方法は大きく分けて2つあります。

  • DeFi銘柄に投資する
  • 資金をPoolする

DeFi銘柄に投資する

DeFiで基軸となっているイーサリアムや、取引所が配布を行っているガバナンストークンは、取引所で売買をされています。

DEXは以前から注目されていましたが、取り扱い銘柄が少なく、流動性が低いというデメリットがあり、取引量はあまり多くありませんでした。

しかし、ユーザーは、資金をPoolすることによって、取引手数料をガバナンストークンで受け取ることができるようになりました。

つまり、資金を預けておくだけで、トークンが自動的に分配されるようになったのです。

この仕組みによってDEX(分散型取引所)の資金量が増加し、流動性の問題や取り扱い銘柄が少ないという問題が解決されました。

また、DEXでの取引量が増えることによって、ガバナンストークンの価格も上昇し、為替差益を得ることできます。

主なDEXとして、Uniswap、Compound、PancakeSwapなどがあります。PancakeSwapのガバナンストークンであるCAKEは、2020年から100倍以上に価格が高騰しています。

資金をPoolする

DeFiへ資金をPool(預入れ)すると、金利をもらうことができます。

たとえば、PancakeSwapでは、資金をPoolすることによって、手数料をCAKEといわれるトークンで獲得することが可能です。

CAKEは、市場でも取引されているので、獲得したCAKEを売ることも可能ですし、再投資することによって複利的に資産運用することもできます。

メリットとしては、資金をPoolするだけなので、トレードをする必要がありません。
そのため、常にチャートをチェックする必要もなく、メンタル的にも時間的にも余裕ができます。

また、他の金融商品と比較すると、かなり高い金利を得ることができます。
たとえば、USDC/BUSDというステーブルコインの通貨ペアでもAPY(年利)が約20%です。

アルトコインの通貨ペアは、価格変動が激しいため、APYも高いですが、その分リスクも高くなります。そして、APYはかなり大きく変動することも覚えておきましょう。

SushiSwap

SushiSwapは、2020年8月末に登場したDEX(分散型取引所)です。内容はUniswapとほぼ同じで、UniswapにSushiSwapの指定する通貨をPoolすると「Sushi」という独自のトークンが付与されます。

Sushi(寿司)という名前の影響もあってか、多くの人がSushiトークン欲しさにUniswapにPoolをしました。

その後、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(BAINANCE)などが取扱いを開始し、わずか1週間で1000億円を超える資金が集まり、価格は6倍以上に急騰しました。ピーク時の時価総額は、なんと250億円です。

さらに、その1週間後、SushiSwapの設立者が自らのSushiトークンを売却し、おおよそ14億円もの利益を得たことが判明しました。現在は、最高値からは値を下げていますが、依然として人気のDEX独自トークンです。

DeFiは安全?

DeFiサービスを利用するためには、ある程度のリテラシーが必要であり、資産の消失や詐欺、スマートコントラクトコードのエラーやバグなど、さまざまなリスクがあります。

また、2020年8月13日には、「ヤム(YAM)」というトークンが、時価総額6,000ドル近くに上昇後、わずか35分で0ドルまで急落してトークンが崩壊しました。

他にも、失敗しているDefiアプリケーションはたくさんあります。

DeFi市場には急激に資金が流入していますが、まだまだ試行錯誤を重ねている段階といえます。

まとめ

DeFi(ディーファイ)は、分散型金融という意味で、中央集権的な管理者なしで、金融サービスを提供する仕組みです。

その中でも、レンディングの代表的な「Compound(コンパウンド)」などは、イールドファーミングと流動性マイニングという仕組みによって、金利やトークン収入が簡単に得られることから人気が高まっています。

しかし、実績が少ない、リスクが高い、操作方法が難しいなどのデメリットもあります。また、海外ではあまりの過熱ぶりから「Defiバブル」とも言われ、バブル崩壊を危険視する声もあります。

Defiサービスは、今後も進化が一層加速していくことが考えられますので、いろいろと調べたり考えてみると、意外な稼げる方法が見つかるかもしれませんよ。

DeFiに興味を持たれた方は、まずはバイナンススマートチェーンから必要なトークンを入手しましょう。

バイナンス(BAINANCE)は、取扱い通貨の種類が豊富で、バイナンスで初めてローンチとなる通貨もあり、「LaunchPad」からローンチと同時に入手することが可能です。

\メールアドレスだけで登録完了/
バイナンスの登録はこちら!

関連記事:バイナンス(BAINANCE)は日本人でも登録できる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました