キャンペーンが豊富なビットポイントのメリット・デメリットを徹底解説!

BITPOINT(ビットポイント)でトロン(TRX)がもらえるキャンペーン!口座開設は今がチャンス!

BITPOINT(ビットポイント)では、2021年3月17日に日本で初めてトロン(TRX)の取扱いが開始されて、話題になりました。

その際には、ログインするだけでトロン(TRX)がもらえるなど、お得なキャンペーンが開催されていましたが、BITPOINT(ビットポイント)は、豊富なキャンペーンでも有名です。

でも「BITPOINT(ビットポイント)って使いやすいの?」「セキュリティは大丈夫?」など、不安に思っている方もいるようです。

そこで今回は、BITPOINT(ビットポイント)のメリット・デメリットについて徹底解説します。

総合的に判断しても、お得で使いやすい、初心者から上級者まで、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所です。興味のある方も、興味のない方も、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

BITPOINT公式サイト

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)は、2016年3月に設立された「株式ビットポイントジャパン」が運営する国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

もちろん、暗号資産(仮想通貨)交換業者に登録されているので、安心して利用することができます。

※登録するためには、「利用者の金銭・暗号資産(仮想通貨)を分別管理」「資本金が1,000万円以上かつ純資産がマイナスでない」などの厳しい登録条件があります。

会社名株式ビットポイントジャパン
取扱通貨BTC、BCH、ETH、LTC、XRP、BAT、TRX
最低購入額500円
取引手数料無料
公式サイトBITPOINT(ビットポイント)

取引通貨は、3月17日に日本で初めて取扱いが開始されたトロン(TRX)を含めた7種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)

このうち、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)は取引量が国内1位です。

BITPOINT公式サイト

BITPOINT(ビットポイント)のメリット

  • 手数料が無料
  • すべての通貨が「取引所」で購入できる
  • 万全なセキュリティ対策
  • レンディングサービス
  • スマホアプリが使いやすい

手数料が無料

BITPOINT(ビットポイント)では、入金手数料・出金手数料・取引手数料など、現物取引にかかる手数料が、すべて無料で利用できます。

そのほか、即時入金手数料、送金手数料、口座管理料などもすべて無料です。

24時間365日いつでも入金できるクイック入金が無料なのは嬉しいね!
とりあえず口座を開設しておこう!

BITPOINT公式サイト

すべての通貨が「取引所」で購入できる

暗号資産(仮想通貨)取引所には、「取引所」と「販売所」があります。

取引所
 ・自分でレートを指定する(手数料が安い)
 ・販売所よりも操作が複雑
販売所
 ・販売所がレートを決定(手数料が高い)
 ・操作は取引所よりも簡単

販売所での取引は、買いたい暗号資産(仮想通貨)の数量を指定し、販売所が決めたレートで購入します。

一方、取引所の取引では、買いたい暗号資産(仮想通貨)の数量とレートを自分で決めて注文し、取引に応じてくれる人を待ちますので、必ず取引が成立するとは限りません。

暗号資産(仮想通貨)を売買する際には、Bid(売)とAsk(買)の2つの価格があり、その差額をスプレッドと言います。

基本的に販売所よりも、取引所の方がスプレッドが狭いですが、BITPOINT(ビットポイント)では、すべての通貨が「取引所で購入」できるので、手数料が安くてお得です。

なお、スプレッドは通貨や売買するタイミングによって異なります。

万全なセキュリティ対策

ハッキングなどの事件が相次いで起こると、暗号資産(仮想通貨)の資産管理について、取引所のセキュリティ対策が不安に思う方も多いと思います。

BITPOINT(ビットポイント)では、強固なセキュリティシステムが構築され、「情報セキュリティ格付」のAランクを取得しています。

  • 2段階認証
  • マルチシグに対応
  • コールドウォレットでの保管
  • EV-SSL暗号を使用
  • 日証金信託銀行からの資産保障

日証金信託銀行から資産が保証されているから
万一、取引所がハッキングにあってもお金は返金されるよ。

レンディングサービス

BITPOINT(ビットポイント)には、購入した暗号資産(仮想通貨)を、運営に貸し出すことで貸借料を受け取ることができる「レンディングサービス」があります。

銀行の定期預金のような感じで、保有している通貨を、一定期間BITPOINT(ビットポイント)に貸出し、契約期間満了後に、通貨と利用料が返ってくるというシステムです。

レンディングサービスを行っている国内の暗号資産(仮想通貨)取引所はいくつかありますが、ほとんどが1%~5%の利率です。

BITPOINT(ビットポイント)では、通貨や募集時期によって異なりますが、最大利率は20%です。

すぐに売却する予定のない通貨は、レンディングサービスを利用するだけで、手間をかけずに確実に暗号資産(仮想通貨)を増やすことができます。

ただし、貸出期間中は、価格の高騰・暴落があっても決済することはできません。また、申し込みにも期間が設けられていて、申込数が多い場合には先着順になるので、情報はこまめにチェックしましょう。

スマホアプリが使いやすい

BITPOINT(ビットポイント)は、パソコンだけではなく、スマホでも取引をすることが可能です。iOS、Androidのどちらも対応しています。

外出中に、急激な価格変動が起こった場合にも、スマホアプリですぐに対応できるので便利です。

BITPOINT(ビットポイント)のスマホアプリは使いやすいと多くのユーザーに好評ですが、私は正直「慣れれば、どこでも使いやすさは同じでしょ」と思っていました。

実際に使ってみると、初心者でも簡単に操作でき、好評な理由がよくわかりました。ぜひ、BITPOINT(ビットポイント)のスマホアプリの使いやすさを実感していただきたいです。

BITPOINT(ビットポイント)のデメリット

  • 取扱い通貨が少ない
  • 証拠金維持率100%でロスカット
  • スプレッドが広い

取扱い通貨が少ない

現在、BITPOINT(ビットポイント)で取引できる暗号資産(仮想通貨)は、7種類です。

国内の大手と言われる暗号資産(仮想通貨)取引所では、10種類前後の通貨が取引できるので、少なく感じるかもしれません。

しかし、暗号資産(仮想通貨)人気ランキング上位通貨とベーシックアテンショントークン(BAT)、3月17日に日本で初めて取扱いが開始されたトロン(TRX)なので、取引しやすいと思います。

  • 1位 ビットコイン(BTC)
  • 2位 イーサリアム(ETH)
  • 3位 リップル(XRP)
  • 4位 ビットコインキャッシュ(BCH)
  • 5位 ライトコイン(LTC)

さらに多くの通貨が取引したいという場合は、取扱い通貨が国内最多の16種類あるコインチェックや、取扱い通貨260種類以上、世界最大級の取引所 バイナンス(BAINANCE)がおすすめです。

証拠金維持率100%でロスカット

BITPOINT(ビットポイント)では、証拠金維持率100%を下回るとロスカットされます。他の取引所と比較すると、ロスカット基準が厳しいように思います。

急な価格変動などが合った場合、レバレッジの高い取引をしていると、「証拠金維持率100%の基準でロスカットされたけど、80%なら助かっていた」ということもあります。

しかし、ロスカット基準が厳しいと、ロスカット後に残る資金は多くなるので、「損失を最小限に抑えることができる」とも言えます。

スプレッドが広い

BITPOINT(ビットポイント)は、他の取引所と比較すると、スプレッドが広いように感じます。

通貨や取引する日時によっても異なりますが、少し値動きが激しくなると、急激にスプレッドが広がってしまうことがあります。

入金手数料・出金手数料・取引手数料などの手数料が、すべて無料なので、多少のスプレッドの広さは仕方ないのかなぁと思いますが、手数料やスプレッドなどを総合的に判断すると、他の取引所よりもコストは安くなります。

BITPOINT(ビットポイント)まとめ

BITPOINT(ビットポイント)のメリット・デメリットについてご紹介しました。

BITPOINT(ビットポイント)の最大の魅力は、手数料が無料なことです。他の取引所と比較すると、スプレッドが広いという点を考慮しても、トータルコストはBITPOINT(ビットポイント)が断然お得です。

暗号資産(仮想通貨)取引に関するコストを重視する方は、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設は必須です。

また、セキュリティ対策も万全で、スマホアプリも使いやすいので、初心者から上級者まで、すべての方におすすめしたい取引所です。

お得なキャンペーンも開催されているので、ぜひ1度「BITPOINT公式サイト」をチェックしてみて下さい。

\お得なキャンペーン開催中/

コメント

タイトルとURLをコピーしました