【最短でお金を貯めるコツ】3大固定費の見直しが重要!

お金を貯めるためには、小さな節約から始める方が多いと思いますが、毎月かかる3大固定費「住宅費、保険料、自動車費」を見直すことが1番の近道になります。

住宅費

居住費

一般的に、家賃は手取り収入の3割が適正といわれていますが、1人暮らしをしている間は、この金額をできるだけ低く抑えるように心掛けることが大切です。

ただ、家賃を安く抑えるために、通勤時間が2倍以上かかってしまったり、出かけるために車が必要になってしまっては、本末転倒です。

住宅に求める優先順位は、職業や勤める会社によっても大きく変わります。

会社から、手厚い居住手当てが出るのなら、職場から近い駅近物件、手当てがないのなら、比較的利便性の良い場所に中古住宅を購入するなど、状況に合わせて考える必要があります。

また、一般的に、アパートなどに入居した際、契約した家賃を下げられることは、あまり知られていないようです。

更新は価格交渉のチャンス

同じ階の同じ間取りの部屋が、長期間低い家賃で募集されていたり、備え付けの設備が使えない状態で長期間放置されているような場合は、価格交渉のチャンスになります。

家賃の他にも、更新料などは削減することが可能です。

通常、更新料は2年に1度、契約を更新するときに、家賃の1ヶ月分を支払います。契約の段階で、更新料自体をなくしてもらう、または、1万円程度の事務手数料に変更してもらうなど、交渉の余地はあります。

交渉が難航した場合には、毎月の家賃を1,000円値上げする代わりに、更新料をなくしてもらうのも1つの方法です。

月の家賃が1,000円値上がりしても、2年間で24,000円です。大家さんとしても、2年に1度必要な事務手数料よりは高い収入を得ることができます。

そして、家賃交渉において最も大切なことは、自分に弱みをつくらないことです。

日ごろから家賃の支払いに遅れない、騒音やゴミ出しなど、ご近所トラブルを起こさないなど、社会人として常識があり、大家さんから見て良い入居者でいることが大切です。

さらに、不動産業界の慣習を少し知っているだけで、交渉がスムーズに成立しやすくなります。

知っているか知らないか、交渉するかしないかの違いで、10年後には大きな差が生まれます。

保険料

保険料の見直し

社会人になると、生命保険の加入を勧められることがあると思います。「社会人になったら保険に加入するのが常識だ」なんていわれて、何もわからないまま契約してしまうこともあるようです。

そもそも生命保険とは、遺族が困らないためのものなので、独身であれば、葬式代+αがあれば十分です。

安くもない保険料を毎月払い続けることは、自分の資産を増やすスピードを遅らせることになります。

逆に、子供が生まれたばかりで、十分な資産を持っていない家庭は、子供が1人前に育つまでの必要な金額を受け取れるようにしておかないと、残された家族に大変な苦労を背負わせることになってしまいます。

生命保険の加入や、どんな保証を選ぶかについては、その人の資産背景と家族構成によって大きく異なります。

独身であれば、1億円の死亡保険をかけて、毎月2万円を超える保険料を支払うよりも、生命保険料を抑えて、浮いたお金を貯蓄して複利で増やす。

家族を養っている場合には、掛け捨ての生命保険に加入して、余剰金を貯蓄にまわす。

大切なことは、現在自分がどんな保険に入る必要があるのかをしっかりと認識することです。

そのうえで、死亡保険をかけすぎていないか、保険料を支払うことで、月々の生活費を圧迫していないかなどを認識し、自分でお金をコントロールすることを心掛けることが大切です。

自動車費

車

節約のことを考えると、車が必要なのか分からなくなってくることもあります。車を所有するメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリットデメリット
  • 移動がラク
  • 大きな荷物が運べる
  • 行動範囲が広がる
  • 維持費などのお金がかかる
  • メンテナンスが必要

交通機関の発達している地域であれば、公共交通機関とタクシーを利用した方が安いこともありますが、生活に車が欠かせない地域もあります。

車を利用すると、維持費が必要になります。突然の出費があったり、定期的にまとまった金額が必要になり、思わぬタイミングで家計に負担がかかることもあります。

少しでも維持費を抑えるためには、維持費を安くできるコスモMyカーリース を活用するのがオススメです。

節約できる維持費

車を所有していると、ガソリン代や駐車場などの車を走行させるための費用と、保険料や税金、メンテナンス費用などの維持費がかかります。

車を走行させるための費用

維持費は車種によっても異なり、 ハイブリッド車や、燃費の良い車を選ぶことで、ガソリン代の節約にもつながります。

ただし、ハイブリッド車は、ガソリン車と比較すると車両価格が35万円程度高くなります(車種によって異なります)。年間5,000㎞前後しか乗らない人は、10年くらい乗らなければ、ガソリン代の節約効果は期待できません。

軽自動車は、ガソリン代だけでなく、高速料金や税金も安く設定されているので、維持費を抑えたい場合は、軽自動車がおすすめです。

さらに、コスモ石油のカーリース コスモMyカーリース なら、ガソリンが最大10円/ℓ引とお得です。

メンテナンス費用

任意保険は、ドライバー自身が保険会社や補償内容を選ぶことができるので、まずは必要な補償内容やプランを見直してみましょう。

そして、契約期間は、長期間に設定するほど1ヵ月当たりの保険料は安くなりますので、まとめて支払うだけでも保険料を抑えることができます。

また、法定点検や車検、修理や消耗品の交換などのメンテナンス費用もかかります。車検は、新車登録から3年目、それ以降は2年ごとに行われ、軽自動車で4万~8万円程度、一般車では5万〜10万円程度の費用がかかります。

点検や車検以外にも、オイルやバッテリー、タイヤ交換などが必要となります。これらは交換時期もさまざまなので、突然の出費になることもあります。

カーリースなら簡単に節約できる

維持費は、義務になっているものや、予測できない出費が多いことから、節約するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。

そこでオススメなのが、コスモMyカーリース です。カーリースは、頭金0円・月々定額で好きな車に新車で乗れるサービスです。車検やメンテナンス費用もコミコミ月々定額なので、急な出費も抑えられます。

カーリースのメリット

  1. 月々の支払いが安くなる
  2. 燃費のいい新車でガソリン代が安くなる
  3. 急な出費がなくなる
1.月々の支払いが安くなる

カーリースはあらかじめ期間を決めて契約を結び、契約満了後に車を返却するシステムです。契約時には、その返却時の価値である残価を車両価格から引いて月額料金を計算するので、月々の料金が安くなります。

契約終了時には、「乗換え」「再リース」「買い取り」「返却」の4つの中から選択できます。

2.燃費のいい新車でガソリン代が安くなる

新車は、燃費がいいので、維持費の削減につながります。さらにコスモMyカーリースなら、ガソリンが最大10円/ℓ引とお得です。

3.急な出費がなくなる

リースの月額料金には、車両代金の他に税金なども含まれています。そのため、月々の支払いをまとめられるだけでなく、これらの費用の支払いに備える必要がありません。

また、車検や法定点検の費用なども、定額制にすることができます。

【コスモ石油公式】コスモMyカーリース

まとめ

固定費を見直すのは面倒で、つい後回しにしてしまいがちですが、こまめな節約をするよりも効果的です。本当に必要かどうかを定期的に見直して、固定費を削減しましょう。

固定費を見直した後は、固定費の総額を安易に増やさないことです。ローンの支払いが終わると、また別のローンを組んでしまって、いつまでたってもローンの支払いが終わらないという方がいます。

大きなローンほど、長い間家計を圧迫します。毎月の支払額も大切ですが、総額を意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました