FXは国内業者と海外業者のどっちがいいの?両社の違いを徹底解説!

FX業者には、国内FX業者と海外FX業者があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、「どっちがいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、国内FX業者と海外FX業者の違いについて、わかりやすいように比較してみました。

これからFX取引を始めようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

国内FX業者と海外FX業者の違いを比較

国内FX業者と海外FX業者の違いを比較しました。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

レバレッジ

国内のFX業者は、2011年8月に金融庁の規制によって、個人口座のレバレッジは最大25倍までと制限されています。

海外のFX業者には、レバレッジ規制がありません。日本で人気のXM(XMTrading)では、最大レバレッジは888倍なので、少ない資金で大きいリターンを狙うことができます。

同じ資金でも、取引可能な金額が大きく異なります。

  • 国内FX(レバレッジ25倍):1万円 × 25倍 = 25万円分の取引が可能
  • 海外FX(レバレッジ888倍):1万円 × 888倍 = 888万円分の取引が可能

少額からでも大きく稼ぎたい方は、海外のFX業者がおすすめです。

海外FX業者を利用する最大の魅力は、ハイレバレッジ取引ができることだね。

ハイレバレッジ取引は、「リスクもリターンも大きくて危険」と言われることがあります。

しかし、海外FX業者で取引をする場合は、必ずしもハイレバレッジで取引しなければならないというわけではありません。最大レバレッジ888倍の口座でも、取引量(ロット)を小さくすれば、レバレッジ1倍でも10倍でも取引をすることが可能です。

レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金は少なく、取引量を小さくすると、国内FX業者よりもリスクを抑えたトレードをすることができます。

スプレッド

国内FX業者では、海外FX業者に比べてスプレッド(買値と売値の差)が圧倒的に狭く設定されていますので、スプレッド重視で選ぶなら間違いなく国内FX業者です。

たとえば、国内FX業者のMATRIX TRADERでは、USDJPY(米ドル円)の最小スプレッドは0.2pipsですが、海外FX業者のXM(XMTrading)のUSDJPY(米ドル円)の平均スプレッドは1.6pipsです。

ただし、海外FX業者には、スプレッド特化型の口座もあります。

XM(XMTrading)のZero口座では、最小スプレッドが0pipsで、取引手数料(1ロット10USD)が必要になります。取引手数料は、確定申告で経費として計上できるので節税にもなります。

スプレッドにこれだけの差がある理由は、取引方法の違いです。取引方法はDD方式とNDD方式の2種類があり、国内FX業者はDD方式が多く、海外のFX業者ではNDD方式が多く採用されています。

取引の透明性(DD方式 or NDD方式)

国内のFXは、DD方式(ディーリングデスク方式)という取引方式が一般的です。

通常、FX業者は、ユーザーの注文をインターバンク市場へ流すための仲介をしますが、DD方式のFX業者では、注文をインターバンクへは流さずに、FX業者内で処理されます(呑み行為)。

そのため、ユーザーとFX業者との間で利益相反が起こります。ユーザーの損失はFX業者の利益、ユーザーの利益はFX業者の損失となるので、DD方式のFX業者では、故意にトレーダーが負けるような仕組みをつくっていると噂されます。

勝ちそうな注文を拒否(約定拒否)、約定タイミングをずらす(スリッページ)、損切までレートを動かす(レート操作)など、FX業者にとって有利になるようにコントロールされる可能性も考えられます。

もちろん、悪い噂が広まると、会社としての信用を失いますので、そこまでひどい業者は少ないと思いますが、信頼できるFX業者を選ぶことが大切です。

一方、海外FX業者のほとんどは、NDD方式(ノンディーリングデスク)というディーラーを介さない取引形態を採用しています。

NDD方式では、トレーダーの勝敗に関係なく、取引数が多ければ多いほどFX業者の利益も増えるので、ユーザーが利益を出して、取引を多くしてくれた方が、FX業者の利益も増えることになります。

FX業者とユーザーは、どちらも「勝ちたい・勝ってほしい」という同じ方向を向いているため、ユーザーにとって不利になるようなレート操作やスリッページ、約定拒否などの不正をされるリスクが低いと言えます。

DD方式:取引は不透明だけど、スプレッドが狭い
NDD方式:取引の透明性が高いけれど、スプレッドが広い

追証(おいしょう)とゼロカットシステム

一定の水準以上の損失が発生して、証拠金維持率がロスカット水準に到達すると、保有ポジションを強制的に決済(ロスカット)されます。

ロスカットルールは、国内業者・海外業者を問わず導入されています。ロスカット水準は、国内FX業者が50〜100%、海外のFX業者は20%~50%くらいが多く、業者によって異なります。

ロスカット水準が低ければ低いほど、損失の確定も遅くなり、負けにくくなります。その代わり、ロスカットされた場合の損失額は大きくなります。

経済指標発表時や要人発言などで相場が大きく変動すると、ロスカットが間に合わずに、口座がマイナス残高になることがあります。

口座残高がマイナスになると、マイナス分を追証(おいしょう)として、業者に支払わなければなりません。追証には上限がありませんので、支払えなければ自己破産する可能性もあります。

しかし、海外のFX業者にはゼロカットシステムという制度があります。ゼロカットシステムは、証拠金以上の損失が発生してしまった場合でも、その損失分を業者が負担してくれるシステムです。

つまり、どれだけ口座がマイナスになっても、借金になることはありません。

ただし、海外のFX業者でゼロカットシステム採用と謳っていても、ゼロカットされなかったことがありますので、業者選びは重要です。

また、国内のFX業者は、金融商品取引法によって、ユーザーの損失補填が禁止されているので、ゼロカットシステムを採用する業者はありません。

取引ツール

世界で最も使われているFXの取引プラットフォームは、「MetaQuotes Software Corp」が開発したMetaTrader(MT4/MT5)です。

2005年に発売されたMetaTrader 4(MT4)は、使いやすさのみならず、エキスパートアドバイザーと呼ばれる自動取引も簡単に利用できることもあり、個人投資家を中心に高い人気があります。

MetaTrader 5(MT5)はMT4の後継版で、MT4との共通点も多いですが、改善されている部分も多くあります。

ほとんどの海外FX業者がMT4/MT5を採用しているので、複数の業者を利用したり、業者を乗り換えた場合でも、操作方法で戸惑うことはありません。

一方、国内のFX業者ではMT4/MT5が使えるところは少なく、FX業者が独自に開発したオリジナルトレードツールを使っていることが多いです。

ボーナス・キャンペーン

ボーナスやキャンペーンは、国内でも海外でも多くのFX業者で導入されていますが、豪華な特典が多いのは海外FX業者です。

たとえば、国内FX業者の場合「OO万円以上入金でボーナス取得」「OO通貨以上の取引」など、条件が設けられていることが多いですが、海外のFX業者の場合は「口座開設するだけでボーナスがもらえる」「入金額に対して100%の取引ボーナスがもらえる」など、お得なキャンペーンが多くあります。

そのため、資金が少ないトレーダーでも、ボーナスをうまく活用して資金を倍増させることが可能です。

※ボーナスキャンペーンを一切実施していない海外業者もあります。

取引銘柄

取引銘柄は、国内FX業者よりも海外FX業者のほうが、多くの銘柄を取引できます。

業者によって異なりますが、国内FX業者の多くは、20~30種類程度の銘柄を取引することができます。海外のFX業者では、マイナーな通貨ペアやCFD銘柄など、50~80種類と取扱銘柄が豊富です。

ドル円などのメジャー通貨でしか取引しないという方は、どの業者でも取扱いがありますが、さまざまな通貨ペアやCFD商品を取引したい方は、海外FX業者がおすすめです。

ちなみに、XM(XMTrading)は、日経平均やGOLD、原油など、CFD銘柄だけで41種類あります。これだけCFD取引銘柄が豊富なFX業者は他にありません。

安全性

日本の金融庁に登録されている国内FX業者は、厳正な審査を受けているため、安全性が高いと言えます。

登録するためには「信託保全の義務化」や「自己資本規制比率120%以上」など、さまざまなルールが設けられています。

信託保全:ユーザーから預かった資金を、銀行等の第三者へ信託することで保全する方法。FX業者が破綻した場合でも、ユーザー資金は差し押さえられることなく返還されます。

海外のFX業者は、日本の金融庁に登録されていない業者がほとんどです。

もちろん、厳しい審査を通過すれば登録することは可能ですが、国内で登録をするとハイレバレッジ取引やゼロカットシステムなどのサービスを提供することができなくなってしまいます。

そのため、あえて登録していない業者がほとんどです。

海外FX業者の中には、金融ライセンス無登録・信託保全無しなど、安全性が低い業者も多くありますが、他国の金融ライセンスを取得しているFX業者もあります。

たとえば、XM(XMTrading)では、セーシェル金融庁のライセンスのもとに営業をしています。

XMTradingの運営母体であるTrading Point Holdings Ltdは、英国金融行動監視機構(FCA)やキプロス証券取引委員会(CySEC)など、取得するのが難しい機関の金融ライセンスを取得しているので、国内FX業者よりも安全性が高いと言えます。

全体的に見ると、国内FX業者の方が安全性は高いと思いますが、海外のFX業者で取引をする場合には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

入出金手続き

入出金手続きに関しては、国内FX業者のほうがスムーズで簡単、お得です。

国内FX業者の場合、提携のインターネットバンキング口座があれば、リアルタイムで取引口座に入金できますし、手数料が無料なことも多いので、余計なコストがかかりません。

海外FX業者も、ほとんどの業者が銀行送金やクレジットカード、「bitwallet」「STICPAY」などのオンラインウォレットで入金できるようになり、以前よりもスピーディでスムーズになりました。

しかし、国内FX業者と比較すると、出金に時間がかかったり手数料が高額になることがあります。

税金

国内FX業者で取引をして得た利益は、「申告分離課税」となり、税率は一律20.315%(所得税15% + 住民税5% + 復興特別所得税0.315%)です。

利益額が50万円でも1億円でも、税率は20.315%で変わりません。

しかし、海外のFX業者で得た利益は「累進課税」となっているため、所得金額に応じて税率が5%~45%の間で変動します。

さらに、所得税が10%(道府県民税4% + 市町村民税6%)上乗せされるので、納税額は年間利益の15%~55%になります。

そのため、1年間の利益が430万円を超えるまでは、海外FX業者のほうが税金が安くなりますが、それ以上の利益があると、国内FX業者を利用した方が納税額は安くなります(給与所得額や経費として差引く金額によっても異なります)。

また、海外FX業者の場合は、損失繰越ができないというデメリットもあります。

海外FXの税率

年間利益税率控除額
195万以下15%0円
195万~330万20%97,500円
330万~695万30%427,500円
695万~900万33%636,000円
900万~1800万43%1,536,000円
1800万~4000万50%2,796,000円
4000万以上55%4,796,000円

海外FXは、稼げば稼ぐほど税率が重くなるんだね

国内FXと海外FXの比較【まとめ】

 国内FX業者海外FX業者
レバレッジ最大25倍まで100倍以上が基本
スプレッド狭いやや広い
取引の透明性DD方式(取引は不透明)NDD方式(透明性が高い)
追証とゼロカット追証あり(借金になる)口座残高以上の損失はない
取引ツール独自のプラットフォームMT4/MT5
ボーナス・キャンペーン条件ありお得なキャンペーンが多い
取引銘柄20~30銘柄マイナー通貨やCFD銘柄など豊富
安全性高い(信託保全があり)業者の見極めが重要
入出金手続き手数料が安く即時反映手数料が高い
税金一律20.315%の申告分離課税15%~55%の累進課税

国内FX業者と海外FX業者には、どちらにもメリット・デメリットがあります。
何を重視するのか、どちらが自分に合っているのかを考えましょう。

海外FX業者は大丈夫?

「海外のFX業者はなんとなく不安」という方も多いようです。
よくある質問をご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

海外FX業者を利用すると違法?

日本で無登録の海外FX業者を利用しても、違法ではありませんし、罰則なども一切ありません

海外FX業者に対しては、金融庁が警告をしていますが、「日本のルールに従っていない」という意味で「海外FX業者が危険、利用してはいけない」ということではありません。

「海外FX業者は危ない、怪しい」などと言われることもありますが、日本で人気のXM(XMTrading)では、セーシェルでライセンスを取得しているため、安全性は高いと言えます。

ただし、運営会社の実態が不透明な海外FX業者もありますので注意してください。突然の倒産や取引操作、出金拒否などの危険性があります。

警告を受けている海外FX業者を利用すること自体は問題ありませんが、何かあった場合には、すべて自己責任になるということは覚えておきましょう。

英語がわからないから不安

「海外のFX業者を使いたくても英語がわからない」という方がいますが、多くの海外FX業者が日本語に対応しています。

XM(XMTrading)には、日本人スタッフがいるので「不自然な日本語で理解できない」ということもなく、国内FX業者とほぼ変わりません。

海外でよく利用されている取引ツールの「MT4/MT5」も日本語に対応しています。

私は、XM(XMTrading)をメインに取引しているけど
伝わらない・理解できないなど、言語で困ったことは1度もないよ。

海外FXの利益は申告しなくてもバレない?

結論から言うと、海外FX業者であっても脱税はできません。高確率で発覚します。

まず、海外の銀行から日本の銀行に100万円を超える着金があった場合、日本の銀行は「国外送金等調書」を税務署に提出して、誰にいくら着金があったかを提出しなければなりません。

それなら「出金額が100万円以内ならバレない?」と考えてしまいがちですが、出金額が少額であっても、定期的に出金していれば税務署から疑われて調査されます。日本の税務署は、海外の銀行などに情報公開を求めることができます。

また、海外FX業者は日本の金融庁に登録はしていませんが、情報開示の要請があった場合には、取引データを提出しています。

脱税が発覚すると、追徴税(本来納める税金と実際に納めた税金の差額)に加え、付帯税(脱税のペナルティ)が課せられます。本来納めるべき税金よりも、高額な金額を支払うことになってしまいます。

「いつバレるかドキドキしながら生活して、バレたら高額の税金の支払い」では、かなり効率が悪いです。節税対策をしっかりと行って、きちんと納税しましょう。

まとめ

国内FX業者と海外FX業者には、それぞれメリット・デメリットがありますが、個人的には海外のFX業者のほうがおすすめです。

国内FX業者よりも透明性が高く、追証なしのゼロカットシステム、さらに豊富なボーナスキャンペーンもあります。

しかし、年間利益が数千万円あるのであれば、税金重視で国内FX業者を利用した方が良いようにも思います。

そのため、初心者や少資金のうちはハイレバレッジ取引可能な海外FX業者を利用して、大きく稼いで資金に余裕ができたら、国内FX業者と海外FX業者を使い分けるのがおすすめです。

ただし、国内であっても海外であっても1番重要なのは業者選びです。特に、運営会社の実態が不透明でよくわからない海外FX業者には注意してください。

海外FXを始めるなら、信頼性・安全性No.1のXM(XMTrading)がおすすめです。XM(XMTrading)では、口座開設するだけで3,000円がもらえる「未入金ボーナス」がありますので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

XM(XMTrading)の詳細はこちら!

国内FX業者は、金融庁に登録されている業者であれば、どこでも安心して利用できると思いますが、おすすめはMATRIX TRADER(JFX)です。

MATRIX TRADER(JFX)は、スプレッドが狭く、MT4チャートを使うことができます(取引は不可)。また、取引方法はNDD方式なので、透明性が高くスキャルピングも可能です。

ほとんどの業者でデモトレードができますし、口座開設は無料なので、合わなければいつでも簡単にやめられます。まずは行動しましょう!

MATRIX TRADER(JFX)の詳細はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました